ニュース・事件

赤坂大輔学歴「京華高校から武蔵大学」3度目の逮捕

akasakadaisuke_gakureki

日本維新の会、港区議会議員の赤坂大輔(あかさかだいすけ)容疑者が、千葉県市川市内の公園で10代の女子中学生に卑わいな発言をしたとして逮捕されました。赤坂容疑者は2016年にタクシー運転手暴行容疑で逮捕、2020年には公然わいせつ容疑で逮捕されていて、今回で3度目の逮捕となります。

赤坂だいすけ容疑者の学歴や経歴、家族等プロフィールを調査しました。

赤坂大輔学歴「京華高校から武蔵大学」

名前:赤坂大輔(あかさかだいすけ)
年齢:50歳
住所:東京都港区北青山1丁目
職業:港区の区議会議員
容疑:千葉県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)

まず赤坂大輔容疑者の学歴について調べます。すると、赤坂容疑者は京華高等学校、武蔵大学経済学部経営学科を卒業していたことが分かりました。


https://akasaka-daisuke.com/profile/

京華(けいか)中学高等学校は、東京都文京区白山にある中高一貫教育を提供する私立の男子校です。赤坂大輔容疑者の出身中学は公表されていませんが、中学からこの学校に通っていた可能性が高いでしょう。

京華中学・高等学校
住所:〒112-8612 東京都文京区白山5丁目6−6

京華高校の偏差値は53~65で、東京都内の高校では638校中70位となっています。

学校の口コミは全体的に県平均より下の項目が多く、それほどいい印象ではありませんでした。男子校のため、女性好きの赤坂大輔容疑者としてはもの足りない学生生活だったのではないでしょうか。


https://www.musashi.ac.jp/access/access.html

京華高校を卒業後、赤坂大輔容疑者は武蔵大学経済学部経営学科に進学しました。

  • 経営学科

知識を実際の経営に生かす方法を学ぶ

経済の中心を担う企業の活動を学ぶことで、幅広い能力を身につけ、ビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。

武蔵大学
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1丁目26−1

武蔵大学の偏差値は64~70で、赤坂大輔容疑者が進学した経済学部は65~70となっています。赤坂容疑者の学歴は非常に優秀であることが分かりました。

武蔵大学を卒業後、赤坂容疑者は日本経済広告社や学習研究社などの大手企業に就職しています。


赤坂大輔経歴「港区議会議員現在4期目」

  • 2007年:港区議会議員初当選
  • 2011年:港区議会議員再選
  • 2015年:港区議会議員再選
  • 2019年:港区議会議員再選 現在4期目
  • 2009年~2012年、2019年~:行財政等対策特別委員長
  • 2013年~2015年:議会運営委員長
  • 2014年:予算委員長

赤坂大輔容疑者は、議会運営委員長や予算委員長や行財政特別委員長等をいずれも区政史上最年少で就任しました。

その他、政治家として以下の活動をしてきました。

  • 区民文教委員
  • まちづくり子育て委員
  • 日本維新の会 衆議院東京都第1区選挙区支部長
  • 日本維新の会 東京都総支部 総務会長
  • Kissポート(港区スポーツふれあい文化健康財団)評議員、港区都市計画審議会理事、港区消防団運営委員

また、野球やテニス、ビリヤードなどのスポーツが趣味であり得意な赤坂容疑者は、子供たちを指導する活動にも積極的に携わっています。

  • JTA(日本テニス協会)公認テニス指導員・普及員
     財団法人日本体育協会公認スポーツ指導員
     港区地域教室「みんなのテニス」主宰、
     赤坂、青山地区教室「赤坂テニスクラブ」主宰
     港区子供テニス教室「ちびっ子テニス」主宰
     元青山ベルコモンズテニススクールコーチ
  • 野球コーチ(都内中学高等学校)



赤坂大輔家族「妻と子供2人」


週刊女性PRIME

家族は、奥さんと男の子が2人いて、息子さんの野球の練習にも付き合ういいオヤジ。少年野球やテニスの指導も熱心で、いい評判も」(区議会関係者)

赤坂大輔容疑者は結婚していて、男の子の子供が2人います。以前自身のフェイスブックには、2人の息子と寝そべる写真を投稿していました。この写真が何年に撮られたものかは分かりませんが、当時の子供たちは小学生のように見えます。

奥さんの年齢や職業については公表していません。

このような一見いい父親というような方が逮捕され、一番傷つくのは家族です。特にまだ学生であろう息子さんたちは学校でいじめにあうきっかけにもなりかねません。

なぜ赤坂容疑者はそういったことが考えられずに軽率な行為をしてしまったのか…本当に理解に苦しみます。


赤坂大輔タクシー運転手への暴行容疑で逮捕の過去

東京都港区の区議会議員、赤坂大輔容疑者(44)=同区南青山2丁目=が29日、タクシー運転手に殴るなどの暴行を加えたとして、傷害容疑で逮捕された。赤坂容疑者は「運転手の言葉に腹が立った」などと話し、容疑を認めている。

 クリスチャントゥデイ (christiantoday.co.jp)


※当時の赤坂大輔容疑者

<事件概要>

  • 日時は2016年7月14日午前2時ごろ
  • 場所は東京都港区赤坂3丁目の路上
  • 当時酒に酔っていた赤坂大輔容疑者(当時44歳)は、50代男性のタクシー運転手の頭や首を殴るなどして暴行を加え、全治3週間のけがを負わせた。
  • タクシー運転手は赤坂容疑者の顔つきなどから氏名や職業を自ら調べ、警察に被害届を提出。
  • その後支払いに使ったICカードの情報から赤坂容疑者が浮上し、逮捕に至った。
  • 赤坂容疑者は「言う通りに走ってくれなかったので殴った」と容疑を認めた。

 

事件後赤坂大輔容疑者のホームページには「ご報告」としてこの事件の真実とする内容が掲載されました。

それによると、先に手を出してきたのは相手のタクシー運転手で、タクシー運転手もそのことを認めたといいます。赤坂大輔容疑者はその後不起訴となりこの事件は終結しました。

また「言う通りに走ってくれなかったので殴ったと容疑を認めている」というマスコミの報道は事実ではないと主張。真実は、「タクシー運転手に幾度も小突かれたので殴打した」とのことです。当時、タクシー運転手と言い合いになった赤坂容疑者のところには路上キャッチの面々も乱入してきて集団乱闘となり、転倒させられた赤坂容疑者は左手首を骨折していたことも明らかにしていました。


赤坂大輔わいせつ容疑で逮捕の過去

 神奈川県警は6日、東京都港区議の赤坂大輔容疑者(48)=日本維新の会所属=を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

朝日新聞

<事件概要>

  • 日時は2020年8月6日
  • 場所は神奈川県川崎市宮前区にあるカラオケ店の駐車場
  • 赤坂大輔容疑者(当時48歳)は、女子高生3人組に「見てくれないか」などと言い下半身を露出した疑い。
  • 直前に赤坂容疑者が「いいバイトしない?」などと声をかけてきたため、不審に思った女子高生の1人が近くの交番に行き、駆け付けた警察官に逮捕された。
  • 赤坂容疑者は「右手で性器を隠して、左手でズボンを下ろしていたので見せていません」などと説明し容疑を否認していた。
  • その後、略式起訴され、川崎簡裁が罰金15万円の略式命令を出した。

 

事件後、この件に関してもまた赤坂大輔容疑者のホームページには「お詫び」としてこの事件の真実とする内容が掲載されました。

赤坂容疑者は「誠に申し訳ございません。このような事を引き起こしたのは全てにおいて私の不徳の致すところとしか申しようがなく、お詫び申し上げます。」と謝罪しました。

報道では前後の状況が分かりにくい状況でしたが、事実は「友人らと神奈川県内でパーティーを行い、その帰りに空いていた駐車場に雪崩込み、大人数による裸同然での飲酒踊り等の乱痴気騒ぎを行い、見咎めた幾人かの通行人と喧嘩状態で揉め、通報を受けて駆け付けた警官が、我々と揉めた通行人や、他の方々(マスコミ報じる私服の女子高生?等々)に事情を聴取。私を含めた数人がいくつかの罪状で逮捕された」とのことでした。

なお、「右手で隠していたので見せていない」という発言は一切していなかったそうです。事件当時赤坂容疑者は酒に酔っていて、最高にハイな状態で女性と踊りつつ裸同然で戯れていた状態だったといいます。

再び酒に酔って事件を起こしてしまった赤坂容疑者。区議会議員という立場の人間がこれでは何の信用にもなりませんし、前回のタクシー運転手暴行事件をもってお酒は一切絶つべきだったのではないでしょうか。


赤坂大輔中学生に卑わいな言葉をかけ逮捕

女子中学生に対し卑わいな言動をしたとして、千葉県警行徳署は26日、東京都港区北青山、同区議、赤坂大輔容疑者(50)を県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。

産経新聞

<事件概要>

  • 日時は2022年5月4日午後5時10分ごろ
  • 場所は千葉県市川市内の公園
  • 赤坂大輔容疑者(50)は、公園内で遊んでいた女子中学生2人に性的羞恥心を抱かせるような卑わいな言動をしたとしている。
  • 赤坂容疑者と2人に面識はなく、2人と遊んでいた友人が110番通報した。
  • 警察が防犯カメラの映像などを調べ、赤坂容疑者が浮上し逮捕に至った。
  • 赤坂容疑者は「声を掛けたが、詳しく覚えていない」と容疑を一部否認している。

 

区議会議員という立場で3度目の逮捕…これは正直ないでしょう。赤坂容疑者は事件当時の様子を「詳しく覚えていない」と話したことから、また酒に酔っていたのは明らかだと考えられます。

「女性議員で驚いている人はいないですよ。女にモテるという話題を出すことは日常茶飯事。とにかく酒と女が大好きで、酒グセも女グセも悪かったようです。常々“オレは酒で成功するか、失敗するかのどちらかだ”と豪語していました」(区議会関係者)

以前、知人女性にもしつこく絡んで「あいつマジ気持ち悪い」って言われてました。

”酒と女”が大好きだという赤坂大輔容疑者。以前の二度の逮捕歴と、政治家という身分をわきまえてこの二つが断ち切れないというのはもう人間としてどうなのかと思ってしまいます。大事な家族のことでさえ何も考えてないですよね。奥さんと子供たちが本当に気の毒です。

【赤坂大輔区議また逮捕】
おととし6月に下半身を露出して逮捕された

赤坂大輔(元維新)港区議

また女子中学生に
『ちょっかい出して逮捕』

実は6年前もタクシーで暴行事件を起こしている

『どうして議員なの?』

どんな選挙なの?

どうして、おととし辞めさせてないの?

不思議な感覚

本当になぜこのような人物が議員の職を続けていられるのか…。今回で3度目の逮捕。いい加減もう元の立場には戻れないでしょう。


追記:赤坂大輔の顔画像(送検時)公開

送検時の赤坂大輔容疑者の顔画像が公開されました。白髪交じりのぼさぼさの髪型に眼鏡、虚ろな表情…ホームページに掲載されている写真とはまるで別人のようです。

「大変な人を選んじゃったかな」
「港区のイメージが悪くなってしまったり、ちょっと残念だなっていう思いはあります」
(港区民)

このようになぜか港区民に責任を感じさせる異色の事態となっています。

このときいったい赤坂大輔容疑者は何を考えていたのでしょうか。「なんでこんなことで私が捕まらなければならないんだ」強気にそう思っていたのかもしれません。

そしてやはり否応にも妻と子供たちの事は考えるでしょう。このだらしない父親の姿が堂々と報道されて家族が今どのような気持ちでいるのか…。

赤坂大輔容疑者は子供たちのスポーツの指導をしていることもあって、家は近所でも知られているでしょう。近所の目を想像すると、家族は今家を一歩出るのも不安なはずです。

子供たちは小学生や中学生くらいなら、この夏休みどう過ごすでしょうか。子供たちは関係ない、という温かい人たちに支えていただければいいですが、夏休み明け、学校に登校した時に心ない言葉を投げかけてくる人たちもいるはずです。

本当に子供たちもことを想うとつらいです。せっかく2年前のつらさが収まってきたところでまた…。お父さんのせいで、お父さんのせいで、と泣きじゃくっている子供たちの姿を想像すると胸が張り裂けそうです。

なぜおととし区議会議員を辞職しなかったのか、当時酒に酔っていたならなぜ酒を断ち切れなかったのか。それは一番大事な家族よりも、そっちのほうが大事だったと言われても仕方のないことです。

RELATED POST