鬼束ちひろ逮捕

鬼束ちひろ救急車蹴って逮捕 事件まとめ

歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が東京都渋谷区恵比寿西の路上で救急車を蹴り、後部ドアを壊した器物損害容疑で現行犯逮捕されました。救急車は当時一緒にパチンコをしていた知人女性が突然倒れたために鬼束容疑者が呼んだものでした。

鬼束ちひろ容疑者が事件発生当時訪れていたパチンコ店を特定し、当時の詳しい状況を突き止めました。さらに、鬼束容疑者の薬物使用疑惑についてまとめました。

鬼束ちひろ行きつけのパチンコ店

事件発生直前、鬼束ちひろ容疑者は20代の知人女性とパチンコをしていました。その時、突然知人女性がけいれんを起こして倒れ、救急車を呼ぶ騒動となりました。

【関連記事】

鬼束ちひろが訪れたパチンコ店は「オーパスワン恵比寿店」救急車を蹴った現場も特定

鬼束ちひろが通行人に言われた嫌味

鬼束ちひろ容疑者は「通行人に嫌味を言われパニックになって救急車を蹴った」と供述しています。当時通行人に言われた言葉ややりとりの詳細を突き止めました。

【関連記事】

鬼束ちひろが通行人に言われた嫌味「ギャンブル中毒者は助けるな」

鬼束ちひろ薬物使用はデマ

「救急車を蹴る」という非常識な行動に鬼束ちひろ容疑者の薬物使用が疑われています。鬼束容疑者の過去の言動について調べると、薬物使用はデマであることが分かりました。

【関連記事】

鬼束ちひろ薬物使用はデマ「昔から精神病持ちで陰気な性格」