自動車事故

平光俊仁会社は信濃陸送「過去には過労死あった」新東名小鳥遊やひろさん死亡事故

hiramitsutoshihito_kaisha

愛知県岡崎市の新東名高速でワゴン車に中型トラックが追突する事故があり、ワゴン車に乗っていたビジュアル系バンドのメンバー・小鳥遊(たかなし)やひろさん、本名・西山智之(にしやまともゆき)さんが死亡しました。警察はトラック運転手の平光俊仁(ひらみつとしひと)容疑者(49)を、過失運転致死の疑いで逮捕しました。

平光としひと容疑者の会社や勤務先について、早速調査しお伝えします。

平光俊仁会社「信濃陸送では過去に過労死も」

12月7日の午後10時過ぎ、愛知県岡崎市樫山町の新東名高速道路の上り線で、渋滞の最後尾にいたワンボックスカーに中型トラックが追突しました。

ワンボックスカーにはビジュアル系バンド「nurié(ヌリエ)」のメンバー4人が乗っており、この事故でベースの小鳥遊やひろさん(本名・西山智之さん)が死亡しました。nuriéのメンバーはこの日、翌日8日に東京で行われるライブに向かう途中だったということです。

警察は8日、トラックを運転していた岐阜県岐阜市・平光俊仁容疑者を過失運転致死の疑いで逮捕しました。

  • 名前:平光俊仁(ひらみつとしひと)
  • 年齢:49歳
  • 住所:岐阜県岐阜市
  • 職業:トラック運転手
  • 容疑:過失運転致死

 

 7日、愛知県岡崎市の新東名高速で音楽バンドのメンバーが死亡した多重事故で、事故を起こしたトラック運転手が勤める運送会社に、家宅捜索が入りました。

家宅捜索が行われたのは岐阜県羽島市の信濃陸送岐阜営業所で、9日午後1時過ぎに愛知県警の捜査員らが事務所に入りました。

東海テレビ

平光俊仁容疑者の勤務先会社名は「信濃陸送岐阜営業所」と判明しました。

住所: 〒501-6312 岐阜県羽島市上中町1003−2

社名 信濃陸送株式会社
所在地 〒387-0001 長野県千曲市大字雨宮663-5
設立 昭和30年12月7日
資本金 36,000,000円

信濃陸送株式会社は長野県に本社のある会社で、今年で設立66年の歴史ある会社です。

平光俊仁容疑者は事故発生当時、ドライブレコーダーの映像などからふらつきながら運転していたことが確認されていて、警察は信濃陸送に勤務状況や過労がなかったかなどについて調べる方針です。

信濃陸送について詳しく調べてみると、過去にはトラックの運転手が過労死で労災認定されていたことが明らかになりました。

運送会社「信濃陸送」(長野県千曲市)に勤務していた男性運転手(当時43)が今年1月に急性大動脈解離で死亡したのは長時間労働が原因だとして、長野労働基準監督署が労災認定したことが31日、分かった。

日本経済新聞

信濃陸送でトラック運転手として働いていた男性の死亡前1か月の時間外労働は約114時間に上ったということです。

男性は長野市内の営業所に勤務していて、コンビニの商品を配送するトラックの運転手でした。7~8店舗を回りながら長野市と約40キロ離れた上田市の間を1日に2往復していて、休憩時間も十分に取れなかったため7カ月で体重が7キロほど減ってしまったといいます。

男性は2017年1月6日に配送途中のコンビニの駐車場で倒れているのを来客が発見し、病院に搬送されましたが死亡しました。死亡前6か月の勤務時間を調べると、時間外労働は最長で月約135時間でした。

過去にこのようなことがあった会社のため、今回事故を起こした平光俊仁容疑者も長時間の時間外労働を強いられていた可能性は充分にあります。

さらに、会社の評判や口コミを投稿するサイトで信濃陸送株式会社を調べると、以下のような口コミも見つかりました。

勤務時間・休日休暇・前もって申告をしてないと休める気は全くしない。体調不良でも予定行程が組まれてしまっていると変わりがいない為無理にでも走らなければいけないはめになる。

勤務時間・休日休暇・残業とかの概念を持っていたら長距離ドライバーとして仕事は出来ませんが工程が詰まると残業だらけにはなりますが手当ては全くつきません。

教育・研修・書類作成や細かい説明は無いに等しいので他のドライバーに聞いたり時間見つけて事務所に聞いたりで覚えるのに苦労する。

雇用の安定性:忙しくなると仕事を詰め詰めにされ寝る時間も無くなる。

これらの口コミを見ると、如何にずさんな管理体制の会社であるか分かります。ドライバーがこのように声を上げているにも関わらず、もはやそれが当たり前とでもいうように改善の姿勢も見せずついに起きてしまった今回の事故。

大切な一人の命が亡くなってしまったことを会社はどう受け止めるのでしょうか。いずれにしても今後どう言い訳をしようが小鳥遊やひろさんの命はもう二度と戻ることはありません。もっと早くにドライバーの労働状況を改善していれば事故は起こらなかったはずですよね。本当に許せません。



被害者は小鳥遊やひろさん(本名:西山智之さん)

トラックに追突されたワゴン車に乗っていたのは、ビジュアル系バンドnuriéのメンバー4人で、翌日には都内のライブハウス・東高円寺二万電圧でワンマンライブが開催される予定でした。

この事故で亡くなったのはベース担当の小鳥遊やひろさんで、他のメンバー3人は軽傷でした。

 

  • 名前:小鳥遊やひろさん(本名:西山智之さん)
  • 年齢:31歳
  • 住所:大阪府大阪市
  • 職業:nurieのベーシスト
  • 死因:出血性ショック

 

【nurié(ヌリエ)】

ボーカルの大角龍太朗が行っていたソロプロジェクトのサポートメンバーと共に結成し、2019年7月に始動。今年5月には1st FULL ALBUM『拝啓、二千二十年へ』を販売開始。
事故が起きた翌日に行われるはずだったワンマンライブのチケットはソールドアウトしていた。

事故直前、高速道路を走る様子を動画に撮り自身のSNSに投稿していた小鳥遊やひろさん。明日に行われるはずだったライブでファンに会えることをとても楽しみにしていた様子が伝わってきます。

自己の悲惨さを物語る、無残な姿のワンボックスカー。このワンボックスカーにはメンバーの大切な楽器や音楽機材が乗せられ、いつもメンバーと共に全国各地を移動していた相棒ともいうべき存在でした。

音楽を心から愛し、ファンを心から愛し、nuriéのメンバーとして心からバンド活動を楽しんでいた小鳥遊やひろさん。一体なぜこんな目に合わなければならなかったのか…。まだまだベースを弾きたかっただろうに、音楽をやりたかっただろうに…。本当に悔しくて仕方ありません。

ファンを一番に気遣うメンバーの優しいツイートに涙が止まりません…。決して「大丈夫」ではないはずなのに、気丈にふるまい言葉を届けようとする姿は何よりもファンを大切に思っている証拠です。

改めて小鳥遊やひろさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


新東名小鳥遊やひろさん(西山智之さん)死亡事故概要

 7日夜、岡崎市の新東名高速で起きた事故では、配送中のトラックが渋滞の最後尾に停まっていたワンボックスカーに追突し、大阪市に住むビジュアル系バンドのメンバー西山智之さん(31)が死亡しました。

警察は8日、トラックを運転していた平光俊仁容疑者(49)を、過失運転致死の疑いで逮捕していました。

東海テレビ

<事故の概要>

  • 日時は2021年12月7日午後10時すぎ
  • 場所は愛知県岡崎市樫山町の新東名高速道路上り
  • 中型トラックが渋滞の最後尾に止まっていたワゴン車に突っ込み、そのはずみで、ワゴン車の前にいた大型トラックと道路作業車も巻き込まれ、計4台が絡む事故になった
  • この事故でワゴン車に乗っていたビジュアル系バンド「nurié」のメンバーで大阪市に住む西山智之さん(31)が死亡し、他3人のメンバーと中型トラックの運転手は軽傷だった
  • 警察は中型トラックの運転手が前方不注意だったとみて、平光俊仁容疑者(49)を過失運転致死の容疑で逮捕した
  • 愛知県警は9日午後に岐阜県羽島市にある平光容疑者(49)の勤務先である信濃陸送岐阜営業所を家宅捜査し、押収した資料などから勤務形態に問題がなかったか調べる方針だという