ニュース・事件

広島5歳児死亡は小河内保育園「誰かが連れ出して川に放り込んだ」

ogawachihoikuen

広島県広島市西区の太田川放水路で5歳の保育園男児が見つかり、死亡が確認されました。

男児が通っていた保育園について特定するとともに、男の子はなぜ円の外に出てしまったのか、その原因を探ります。

広島5歳児死亡は小河内保育園

 広島県警によると、16日午後2時40分ごろ、広島市西区小河内町2の太田川放水路で、同区在住の保育園に通う男児(5)が岸に横たわっているのが見つかった。

毎日新聞

通っていた保育園から姿が見えなくなった5歳の男の子は、 広島市西区小河内町2丁目の太田放水路で倒れているのを発見され、間もなく亡くなりました。

男児が見つかった場所の映像を見ると、複数の明かり等から奥に橋があるのが分かります。

地図で見ると、おそらく赤枠で囲ったあたりと推測できます。

 同署によると、男児はこの日午前、登園。午後0時半ごろ、保育園職員から「男児の姿が見えなくなった」と110番があり、県警などが付近を捜していた。

毎日新聞

さらに、倒れていた5歳園児が見つかった場所は保育園の”付近”でした。

現場付近に確認できる保育園はただ一つ、「小河内保育園(おがわちほいくえん)」です。

今日、この現場付近を車で通ったのですが帰るときに川沿いの車道が警察に封鎖されて
いて、初めて下の道を通ったのですが、保育園に警察がいるなぁと思っていました。
子供と泥棒でも保育園に入ったのかなと言っていたのですが、
こんな悲しい事があったのですね。

保育園の場所から川まで比較的近いなぁと思いました。
車が多い車道を越えたらすぐ川なので、5歳の子供さんなら行ける距離だと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
二度とこのような事が起こりませんように。

ヤフーニュースに寄せられたコメントを見ると、この日、現場を目撃したという人の証言を見つけることが出来ました。

  • 川沿いの車道が警察に封鎖されていた
  • 保育園に警察がいた
  • 保育園の場所から川まで近い
  • 保育園からは車道を越えたらすぐ川

このような証言からも、太田川放水路で亡くなった5歳男児の通っていた保育園は「小河内保育園(おがわちほいくえん)」で間違いありません。




広島5歳児死亡 「誰かが連れ出して川に放り込んだ」

「小河内保育園」はストリートビューに見える正門が出入口となっていて、他に園児が園の外に出られるような場所は見当たりません。しかも門は重い鉄製で、たった5歳の子供が1人で開けるとは到底考えられません。

そのため、園の保育士のミスで門が空きっぱなしになっていて、男の子はそこから一人で外に出てしまったのではという説も浮上しましたが、最新のニュースでは「保育園の門などはきちんと施錠されていた」と報道されていました。

事件と事故の両面で捜査という事は、もし事件だったら誰かがこっそり園内から連れ出して川へ放り込んだということ?
事故だとしても門に施錠しているのに小さい園児が簡単に抜け出せるものなの?
園児を見失ってどの位経過して通報したのかも知りたいし、園側の安全管理も問題がなかったのかも知りたい。

事件と事故の両面で捜査中との報道から、誰かが連れ出して川に放り込んだのか?との怖すぎる憶測まで飛び出してきました。

当時保育園の出入り口はきちんと施錠されていた→じゃあ園児はどうやって外に出たのか→誰かが脱走に手を貸した

このように考えるのは自然な事です。そしてもし本当にそうであるならば、一刻も早い犯人の確保を願います。


5歳男児が川で死亡 事件概要

 広島県警によると、16日午後、広島市西区の川で5歳男児が意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。保育園に登園した後、行方が分からなくなっていた。目立った外傷はなく、県警が事件と事故の両面で調べている。

共同通信社

<事件概要>

  • 日時は2022年4月16日午後2時40分ごろ
  • 場所は広島市西区の太田川放水路の中
  • 5歳男の子の保育園児が横たわっている状態で保育園の職員に発見され、搬送先の病院で死亡が確認された
  • 男児はこの日午前中に登園し、午後0時半ごろに保育園職員から「男児の姿が見えなくなった」と110番があった
  • 発見当時は干潮で、川の水は引いていた
  • 男児に目立った外傷は確認されていない
  • 保育園の門などは施錠されており、男の子がどのようにして園の外に出たのかは不明
  • 警察は、事件と事故の両面で捜査をしている



5歳男児死亡事件の保育園や死因について

亡くなった5歳の男の子が通っていた保育園についてはいまだ報じられていません。また、いったいどういう経緯で川の中で亡くなっていたのかについても謎のままです。

これらの点についてはまた真相が報道され次第追記していきます。

追記:5歳男児は植え込みから一人で外へ

16日、男の子は保育園近くの川で見つかり、その後死亡が確認されましたが、警察が、付近の防犯カメラやドライブレコーダーを調べたところ、当時河原のあたりを1人で歩く男の子の姿が映っていたことが、分かりました。

保育園には、出入口は3箇所あり、通常施錠されていますが、ここから男の子が外に出た様子は確認されていないということです。

RCCテレビ

保育園には出入口が全部で3箇所ありました。事故があった当日は通常通り施錠されており、男の子が出入口から外へ出た様子は確認されなかったということです。

画像のように、保育園には木の植え込みの隙間で小さい子供なら通り抜け出来てしまうような箇所がありました。おそらく男の子はここから園の外に一人で出てしまったということです。

もしこれが真実ならこれは誰でも容易に想像できたことであり、明らかな幼稚園の過失です。

また、保育園の名称については報じられないものの、園の映像が一部公開されました。

比べてみても分かるように、やはり保育園は「小河内保育園(おがわちほいくえん)」で間違いありませんでした。

RELATED POST