安倍元首相銃撃事件

片田珠美は統一教会関係者!「”歪んだ特権意識”で教団擁護」NHK

katadatamami_touitsukyoukai

15日放送のNHKニュースウォッチ9に登場し、安倍晋三元総理大臣を殺害した山上徹也容疑者についてコメントをした精神科医の片田珠美(かがだたまみ)さんが話題になっています。

片田珠美さんについて調べていると、片田さんと統一教会の関係性、さらに統一教会とNHKとの関係性についても明らかになってきました。

【関連記事】

【画像】山上徹也の押収銃”ブランダーバス”がやばい「ゲームか映画の画像かと…」

安倍晋三元首相銃撃事件はフェイクテロ「血糊発射ボタンが機能せず」

統一協会(現家庭連合)の悪質洗脳法が判明「借金までさせる」山上徹也母親入信

安倍元首相奈良演説の聴衆は統一教会動員の”サクラ”だった「犯人は複数か」

統一教会二世の告発「ノンフィクションです」Twitter炎上

片田珠美は統一教会関係者!「”歪んだ特権意識”で教団擁護」

NW9で片田珠美とNHKは山上徹也容疑者の人格攻撃プラス、問題は全て山上容疑者にあるという方向に視聴者を誘導している

「歪んだ特権意識」というワードを使い、統一教会の多額の寄付金問題への怒りの矛先を片田珠美の分析という煙幕を張って有耶無耶にしようとしているのだ

「苦しい幼少期、少年時代を過ごした人というのは、『自分には責任のないことでひどい目にあった』と受け止めやすい。そうすると、『自分は不公平に不利益を被ったのだから、人生に損害賠償請求をしてもいいんだ』と考えやすいのです。『普通の人には許されないことでも自分にだけは許される』と考えるようになります。”ゆがんだ特権意識”と言わざるを得ないと思います。(片田珠美医師)

片田珠美さんは山上容疑者について、「ゆがんだ特権意識」の持ち主ですべては本人の生い立ちのせいだと批判し、統一教会については一切触れませんでした。

NHKニュース9で山上について
「周りに責任転嫁する歪んだ特権意識」
と意味不明な分析をしてた片田珠美という精神科医

こいつの経歴を調べると
統一教会の世界日報 や 実践倫理宏正会(山上の父親が自殺する原因となった宗教団体) の過去の記事が出てくるんですよねー(笑)

これって偶然かなー?w

こちらのツイートによると、どうやら片田珠美さんは統一教会や実践倫理宏正会と関係性があるようです。それを証明する過去の記事がこちらです。

著者『一億総ガキ社会 「成熟拒否』という病』で、精神科医の片田珠美さんは「打たれ弱い子どもや若者たちがますます増加している」とし、「彼らの多くは、現実の自分を受け入れられないでいる。『こうありたい』という自己愛的なイメージ上の自分と、現実の自分とのギャップが大きすぎる」と。

世界日報(せかいにっぽう)は、日本の世界日報社により発行される1975年創刊の保守系新聞。日刊紙は関東地方の一部、及び沖縄県の一部を配布地域としており、他に日本全国向けの週刊紙、Sunday世界日報がある。発行母体は韓国の新興宗教である世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)

Wikipedia

片田珠美さんは過去に、統一教会が発行する世界日報の記事に登場していました。

”許せない自分”を許すために 精神科医 片田珠美さん

誰かとのいざこざがあったり、傷つけられたりした時、「許せない」という思いが残ってしまうことがあります。許すことができれば楽になるのはわかっているのに、どうしても「許せない」。そんな感情との向き合い方について、考えてみましょう。

さらに「実践倫理宏正会」が発行する会報・倫風の記事にも、過去に片田珠美さんが掲載されていた事実がありました。「実践倫理宏正会」は山上徹也容疑者の母親が統一教会の前に入信していた団体で、山上徹也容疑者の父親の自殺のきっかけともいわれています。

このように、片田珠美さんは安倍元総理を殺害した山上徹也容疑者について、「苦しい幼少期を過ごしたゆがんだ特権意識」と評しながら、その「苦しい幼少期」の原因となった実践倫理宏正会や統一教会には一切触れなかった理由が、実はどちらの団体とも関係があったからだと分かりました。

それでは片田珠美さんが教団とつながりのある人間だと知っていて、なぜNHKはわざわざ片田さんにコメントを求めたのでしょうか…。NHKと統一教会との関係性についても疑問の声が多くあがっています。


NHKは統一教会側「有名記者が会議に招待されていた」

多田:例えば会議でゴルバチョフ呼んだりNHKの有名な記者を呼んだりして会議を開くから莫大なお金がかかる。今回のイベントも…
紀藤:安倍首相のビデオも (略

→脱会した多田氏の話を紀藤氏はなぜ途中で遮った?そのまま言わせとけば面白かったのに。&NHKの有名な記者って誰?

詐欺・悪質商法の手口、マインドコントロールやカルト事情などに精通、過去には旧統一教会の信者として活動していた経験があるというジャーナリストの多田文明氏は、モーニングショー出演時に「お金を集めるためには統一協会主催の会議にゴルバチョフを呼んだりNHKの有名な記者を呼んだりする」と発言していました。

そしてその多田氏の発言を、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)による被害者救済に取り組む「全国霊感商法対策弁護士連絡会」のメンバーである紀藤正樹弁護士がすかさず遮っていることが分かります。「NHK」というワードが出たことが相当ヤバかったのだと想像できますね。

100分de名書に統一教会関連の本があるってどうなってんだ?
いよいよ陰謀論では済まされないよ

またNHKEテレで放送中の番組「100分de名書」ではセットに統一教会教祖・文鮮明(ムン・ソンミョン)氏の自叙伝が陳列されていたことが明らかになりました。

MCの背後のセットに陳列されていたのは文鮮明氏の自叙伝『平和を愛する世界人として』で、現在は撤去されているといいます。

月替わりで”名著”を紹介するという番組で文鮮明氏の自叙伝が飾られていたということで
、この本が「名著である」とNHKが印象付けているかのようにも捉えられます。

この事実に対しNHK側は「美術担当者が専門業者を通して比較的安価な古本を大量に調達しセットとしました。特定の意図で選んだわけではありません。」と回答していました。

NHKと統一教会はズブズブよ

統一教会自民党NHK全部繋がってたのかよ

統一教会関係者と思われる片田珠美精神科医をひいきして番組に招いていたり、ジャーナリスト・多田文明氏のうっかり発言、「100分de名書」セットの件などを総合してみても、NHKは統一教会側というのは少なからず事実であるのかもしれません。

桜田淳子や山崎浩子が参加した統一教会主催の合同結婚式を報じるNHK午後7時のニュース。1992/8/25

過去に統一協会主催の合同結婚式を報じるNHKの動画も見つかりました。「信者の人たちは早く自分の誤りに気付いてほしい」という合同結婚式に対する批判的な意見に対し教会側が、「合同結婚式は本人の自由な意思に基づいた神聖な儀式だ」とコメントしていると強い口調で報じるNHKは、統一教会を擁護しているかのようにも聞こえます。


片田珠美は”歪んだ特権”発言を常習

歪んだ特権意識しか言わない片田珠美先生




このように片田珠美さんは、カルロス・ゴーン氏にも小室圭さんにも、菅野志桜里氏にも木下博勝医師にも、「ゆがんだ特権」に似た言葉を用いてそれぞれ人物批判していました。なんでも「ゆがんだ特権意識」で済ましてしまう片田珠美の見解は信用性に欠けます。もはやお決まり文句ですね。


片田珠美とNHKもズブズブだった「筑波大教授をすっぽかし」

NHKから安倍元総理事件の取材申込みがあって待っていたのに時間が来ても連絡がなかった。こちらから連絡したら「複数の専門家に依頼していて同じ意見の方がいたので、そちらに取材に伺うことにしたのですみません」との返事。呆れ果てたが今日のオンエアを見てさらに呆れた

何と解説していたのはよりによって片田珠美医師。犯罪心理の専門家と書いてあったが、いつから専門家になったのか?「自分はひどい目にあったのだから、人生に損害賠償をしてもいいと考えやすい」という歪んだ特権意識で犯行に及んだと解説。そんなバカな。何を根拠に断定的に言っているのか。

私は「情報も断片的で、確定的なことは何も言えない。宗教団体のことも報じられているが、そればかりに焦点を当てて動機を理解したつもりになるのは危険だ」と事前の打合せで話した。意見は全然同じじゃないんだが。わかりやすい物語を語る「専門家」の方がテレビ的にはありがたかったのだろう。

こうツイッターにコメントを投稿したのは、筑波大教授、東京大学客員教授で心理学者の原田隆之さんです。原田さんはNHKから取材申し込みを受けていたにも関わらず、NHKは片田珠美精神科医の出演を勝手に決め連絡すらもらえなかったといいます。

またそんなNHKがひいきしたとみられる片田珠美さんの意見に対し原田さんは「そんなバカな。」と批判的な意見をツイート。これには賛同の声が多く集まっています。

RELATED POST