知床観光船

小池駿介さん(福島県会津若松市)「会津の経済界を支える人」知床観光船被害者

koikeshunsuke

北海道・知床沖、観光船「KAZUⅠ(カズワン)」浸水事故の被害者の一人は、福島県会津若松市の小池駿介(こいけしゅんすけ)さん(28)です。

小池駿介さんは24日午前8時すぎ、知床岬の西、約1.1キロの海上で発見されました。

【関連記事】

知床観光船の救命胴衣は「チョッキ型の腕を通すだけのもの」

知床遊覧船がブラックな理由「船長は日給8000円のアルバイトで寮費と食事代は自己負担」

小山昇は元”犯罪者”「桂田精一に悪天候出航を指示していた」

河口洋介さん(香川県丸亀市)「坂出市役所の生活環境課」知床観光船被害者

橳島優さん(千葉県松戸市)「筑波大卒JR貨物勤務」知床観光船被害者

加藤七菜子ちゃん(東京都葛飾区)「小柄なかわいらしい年少さん」知床観光船被害者

林善也さん(佐賀県有田町)「不動産会社会長」知床観光船被害者

加藤直幹さん(東京都葛飾区)「IT企業のエンジニア」知床観光船被害者

鈴木智也さん(北海道帯広市)「珍走団バイクで爆音かますDQN」知床観光船被害者

小池駿介さん(福島県会津若松市)「会津の経済界を支える人」

 リオン・ドールコーポレーション(会津若松市)は28日、北海道・知床沖の観光船遭難事故で死亡が確認された会津若松市の小池駿介さん(28)が同社取締役であることを公表した。同社によると、小池さんは北海道に出張中で、週末に時間ができたため知床まで出かけていたという。

福島民友


※リオン・ドールは今年で創業130周年


※駿介さんの父親・小池信介氏

https://liondor.jp/company/

小池駿介さんは福島県会津若松市に本社を置く、食料品を主体としたスーパーマーケットチェーンの運営会社、株式会社リオン・ドールコーポレーションの代表取締役・小池信介氏の息子さんで、3年前から取締役を務めていました。

<小池駿介さんの経歴>

2009年:会津高校入学(偏差値66/福島県内213校中5位)

彼はとにかく良い奴だった。いつもニコニコして優しく彼の悪口を聞いたことがない。サッカー部の練習ではチームの中心で声を出して引っ張っていた。勉強熱心で学年でも上位。こういう人柄でも決して目立とうとしない。でもいつも彼の周りには仲間がいた(高校の同級生)

2012年慶応義塾大学商学部入学

  • 在学中にロンドン大学ロイヤルホロウェイ校に留学

2019年リオン・ドールコーポレーション入社

  • 大学卒業後は人材紹介サービスを手がける東京の会社に勤めていた

2021年榮川酒造(株)取締役に就任

本人はウイスキーが大好きだった(仕事の関係者)

榮川の蒸留機械でウイスキーを造るのが夢で海外で販売したいと話していた(仕事の関係者)

イギリス留学で本場のウイスキーのおいしさを知ったことがウイスキー事業を目指したきっかけ(仕事の関係者)


http://www.eisen.jp/website/brewery/outline.html

昨年リオンドールが榮川(えいせん)酒造と資本業務提携契約を結び、株式を取得して榮川の親会社になってから、小池駿介さんは榮川酒造の取締役も兼任していました。「榮川酒造の設備を使ってウイスキーを造り、海外で販売するのが夢」と語っていた小池さん。リオンドールではウイスキーや日本酒を仕入れるバイヤーとして懸命に働き、取引先と良好な関係を築き上げていったといいます。

慶応義塾大学在学中にイギリスに留学経験のある小池駿介さんは英語が堪能で、ウイスキーを学ぶために欧州に視察に行くなど精力的に行動していました。

「会津の経済界を支える人になっていくと思っていたのに、残念だ」(知人男性)

小池駿介さんは、会社を大きくした父親の信介さんを尊敬していることを周囲の人間に常々話していたといいます。信介さんは東日本大震災の発生時、「被災者のために会社としてできることは全てやる」と決意しました。その父親の偉大な姿勢には駿介さんも共感し、父親の存在を誇りに思っていました。

「頭が切れ、裏表がない真っすぐな性格。同期の成功を自分のことのように喜び、同僚がつらい時は悩みを聞いていた」

「前途洋々の彼がなぜ事故に巻き込まれなければいけなかったのか」(上司の女性)



小池駿介さん(福島県会津若松市)「浮気相手と乗船」

女連れかな
リア充がこんなとこ一人で行かないだろ

その場合婚約者以外の女とって事だな

元同期らによると、小池さんは結婚を間近に控えていた。

朝日新聞

小池駿介さんには現在大好きな彼女がいて、結婚を間近に控えていたということが報道されています。しかし、「小池さんは婚約者と乗船していた」とは報道されていません。

そのため、匿名掲示板では小池駿介さんは婚約者の彼女とではなく、浮気相手と乗船していたのではというコメントの投稿がありました。

お忍び不倫カップル
御曹司くんと一緒に乗った婚約者じゃない女性
ゴールデンカムイ腐女子

こんなかんじの被害者はいたとしても遺族の意向で身元も年齢も発表されないんだろうな

小池駿介さんの浮気相手の女性被害者がいたとしても、報道されない…そんなことがあるでしょうか…。

結局同行の美人秘書はいたのか?

小池駿介さんはそもそも北海道へ出張中の身でした。たまたま週末に時間が出来たため、知床に観光に訪れていたといいます。そのため浮気相手がいるとするなら社内の人間であり、相手は美人秘書なのではという声もありました。

報道されている小池駿介さんの人物像からは到底想像できないことですが、真相については分かっていませんし、そのことが今後公になることもないでしょう。


小池駿介さん(福島県会津若松市)「先月祖父を亡くしていた」


※小池駿介さんの祖父・小池嘉吉氏

小池駿介さんの祖父でリオン・ドールコーポレーション会長の小池嘉吉氏は3月2日に97歳で亡くなりました。

  • 小池嘉吉氏は小池漆器店に生まれ、9歳の時に3代目小池嘉吉を襲名。
  • 1948(昭和23)年に50年以上続く漆器業から手を引いて、洋品店「ライオン堂」を開店しました。
  • 1961年には食料品の取り扱いを始め、現在のスーパーのような業態を築きました。スーパーは当時、関西では登場し始めたばかりで、先見の明とチャレンジ精神の光る決断だったといいます。

「市の商業界をリードしてきた大先輩。寂しさを感じる」会津若松商工会議所の渋川恵男(ともお)会頭(75)

「失敗から学ぶことの大切さを教わった」「会社全体が会長の大きな愛情に包まれ、ここまでくることができた」(小池嘉吉氏の長男で小池駿介さんの父・小池信介氏)

「どうして小池君なんだ…」(大学の同級生(29))

「これからの地域経済を担う方と思っておりましたので、会津若松市にとって大きな損失」(会津若松商工会議所の渋川会頭)

誰からも愛される人柄で、情が厚く仕事熱心で将来も有望視されていたという小池駿介さんがなぜこのような形で命を落とさなければならなかったのか…。本当に悔しく悲しい思いです。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

RELATED POST