神田沙也加さん急逝

小島みゆ今更謝罪の理由は「出演映画公開前のため」

kojimsmiyu-imasara

神田沙也加さんとの「将来を見据えたお付き合い」を公表していた前山剛久さんの元カノと特定されていた小島みゆさんが26日、所属事務所より声明文を発表しました。さらに翌日27日には自身の公式ツイッターに「ご報告」と題した謝罪文を投稿。

今更謝罪した理由は一体何だったのでしょうか。

【関連記事】

神田沙也加さん追悼メッセージコメントまとめ

前山剛久の本性は?大親友・加藤将がツイッターで発狂

神田沙也加愛犬は3匹「バニラ、杏仁、ブルーザー」村田充が引き取り決意

小島みゆの生配信にリーク者コメント「神田沙也加さんに似てるね」

前山剛久声優担当”千銃士:Rhodoknight”「前作には鈴木達央も貢献していた」

小島みゆ事務所公表声明文「一部週刊誌の報道について」


マグニファイエンタテイメント

一部週刊誌の報道について

弊社所属タレント
小島みゆ 週刊誌等の報道について

平素より大変御世話になっております。この度は、関係各所の皆様、並びにいつも応援して下さる皆様に大変大きなご迷惑とご心配をお掛けしている事を深くお詫び申し上げます。

今回の報道に関しまして、小島みゆ本人に事実確認を行ったところ、前山剛久氏とは実際にお付き合いをしておりましたが、2021年9月に前山氏からの申し出により解消しております。
現在SNSで拡散されているLINEのスクリーンショットにつきましては、小島本人と前山氏のものではございますが、誤解を招く表現のところのみが抜粋されており、2人の関係は完全に解消されておりました。
小島自身と致しましては、関係を解消した後、前山氏から連絡がきた際は、関係解消しているので当たり障りのないやり取りを意識していたとのことです。

弊社と致しましては、所属タレントのプライベートに関しましては、本人に任せておりますが、今回事実と異なる憶測も拡がっている為、このような形でご報告させて頂いた次第です。

小島みゆ本人も今回の報道及びネットでの誹謗中傷などにより精神的に大変疲弊しております。
関係各所及び弊社所属タレントを対象とした誹謗中傷については、ご配慮頂けますようお願い申し上げます。

2021年1月26日
マグニファイエンタテインメント株式会社



小島みゆツイッター投稿謝罪文「ご報告」

https://twitter.com/pina_8_/status/1486580122794684421

ご報告

この度は、皆様にお騒がせとご心配をおかけして誠に申し訳ございません。
皆様からのコメントに目を通しながら、どのように対応するべきか日々悩んでおりました。

事務所からの発表のとおり、SNSで拡散されているLINEのスクリーンショットは、私のものです。
会話の一部が切り取られているとはいえ、様々な憶測が飛び交う事態を招いてしまったことに対して、大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

当時の私は、相手側の状況について詳しく把握しておらず、相手からの連絡に対して当たり障りのない返信をしてしまいましたが、関係を戻したいという気持ちは一切ございませんでした。
連絡をとってしまったことについては、自分に落ち度があり、連絡を返すべきではなかったと反省しております。

既に相手とは関係を解消しており、連絡もとっておりません。

また、一部の方には不謹慎と捉えられるようなSNSの投稿に対しても深く反省しております。

現在、SNSのコメント欄を制限させていただいておりますが、私以外の方への誹謗中傷はどうかご配慮いただけますと幸いです。

小島みゆ



小島みゆ今更謝罪の理由「出演映画公開前のため」

神田沙也加さんの交際相手・前山剛久さんの元カノが小島みゆさんだったと特定されるきっかけとなったのがこちらのLINE画像でした。突如twitterに投稿され、初めて世に出回ったのが1月2日のことです。

それ以来小島みゆさんのSNSには批判するコメントが殺到し、フォロワーが急増。世間が小島みゆさんのアクションを待つものの、更新は完全に途絶えたままの状態が続いていました。

そこでやっと動きのあった今回の所属事務所からの声明文公表と、小島みゆさん自身の謝罪文twitter投稿。「今更なんのため?」「今更、遅すぎる」という声が殺到しました。

前山剛久さんは依然として雲隠れを続け逃げ続けている中、こうして今更、このタイミングで小島みゆさんが前山剛久さんの元カレだったことを認めた理由はいったいなんだったのでしょうか…

小島みゆが神田沙也加を馬鹿にして傷つけ飛び降り自殺し血まみれになったのに真・事故物件の血まみれ画像酷い
亡くなった方を怖がって恐れて悪いモノとして扱うホラー映画に準主演で出るとか不謹慎
映画公開前だから謝罪して映画公開させてくれって事でしょこれ
だから今謝罪した

こちらのツイッター投稿内容によると、小島みゆさんが今謝罪した理由は映画公開のためだと語られています。

小島みゆ初となる
映画出演が決定いたしました!!

2022年2月18日全国ロードショー『真・事故物件』公開決定!
しかも、準主役

これは拡散して皆に観て欲しい♪♪


https://shin-jiko.com/

小島みゆさんが”準主役”という大役で出演する映画、「真・事故物件 本当に怖い住民たち」は2月18日公開予定です。

さらに、当然小島みゆさんは参加なしですが、先行試写会&スペシャルトークショーは2月8日に迫っています。

こうして映画公開に向けて着々と準備が進められる中、小島みゆさん個人の一連の騒動で映画に影響が出るようなことは絶対にあってはならないことです。映画公開中止ともなれば、共演者や制作側にどれだけの迷惑がかかり、どれ程の損害が出ることか…。

小島みゆさんは、もし映画公開中止ともなり損害賠償の請求が来たら…と考えた時震え上がったのではないでしょうか。

そのため、映画公開前のこのタイミングで謝罪し、「芸能界は引退しません」「映画を公開させてください」と世間に訴えたものだと思われます。

 

「超問題作!バイオレンス<鬼畜>ホラー、誕生!

それにしてもこれは…
あなたたちのことではないですか?と言いたくなってしまうような肩書ですね…。


小島みゆ謝罪のもう一つの理由「前山剛久への宣戦布告」

これは前山への宣戦布告だな
いつまでも隠れてないであんたも早くコメント出せよっていう


https://www.watanabepro.co.jp/information/pressrelease_211222.html

この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。
私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました。
「王家の紋章」「マイ・フェア・レディ」にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。
ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします。
前山剛久

前山剛久さんは昨年12月22日にこちらのコメントを発表してから、まさに雲隠れ状態となっています。小島みゆさんに対しても様々な意見が聞かれますが、そもそもやはり悪いのは前山剛久さんだということは誰もが思っている事だと思います。

今回小島みゆさんが流出した前山剛久さんとのLINE内容のスクリーンショットを自分のものだと認めたことにより、文春が報道したことはへの信憑性がより高まり、すべての内容が事実であるとほぼ証明されたとも捉えられます。信じがたいあの音声も…。

前山剛久さんがあんなこと言わなければ…もう二度と連絡などしてこなければ…
小島みゆさんの立場に立てば、少なからずそういった思いがあったと思わざるを得ません。

小島みゆさんの謝罪文には前山剛久さんへのどうしようもない怒りが込められているようにも感じました。「なぜ私が先にコメント出しているんだ」と、「いつまでも逃げてないであんたも早くコメント出せよ」と…。

どんな事情があるのか、誰に何を言われて行動を制御されているのかは全く知りませんが、いつまでも逃げて隠れて黙っていることに対して一番怒りを感じているのは元カノだった小島みゆさんなのかもしれません。

果たして小島みゆさんの渾身の宣戦布告は前山剛久さんに届くのでしょうか…

RELATED POST