簡単すぎ!レシピ

超簡単!米麹(糀)甘酒をおうちで手作りしよう。毎日続ければ肌トラブルも劇的改善!?

今回は【米麹】にスポットを当ててご紹介します!
私はもう何年も米麹から甘酒を家で作り毎日飲んでいますが、肌の調子や腸の調子がとても良いです。

 

さっそくですが、米麹についての解説と、栄養満点の米麹甘酒の簡単な作り方をご紹介します!

 

 

 

 

米麹とは

まずはじめに、「麹」とは、米や麦、豆などの穀物に麹菌をまぶしたり吹き付けたりして付着させ、繁殖、発酵させたもののことを言います。

この「麹」という漢字は中国から伝わったものです。

 

一方「糀」という漢字もよく目にすることがあるかと思いますが、この「糀」は日本で生まれた和製漢字です。

「糀」は蒸した米に麹菌を付着させて発酵させた米麹のみに使用される言葉です。

米麹=糀(米糀)なので、商品などに表記の違いがあっても中身に違いはありませんので安心してくださいね。

米麹は主に調味料の味噌、醤油、味醂などの原料として使われています。

 

麹菌は日本独自のカビだった

それでは、麹菌とはなんなのでしょうか。

麹菌は「コウジカビ」とも呼ばれる、日本独特のカビです。

麹菌は菌糸の先端からデンプンやたんぱく質を分解する様々な酵素を生じさせることで穀物を発酵させます。

様々な食品を腐敗させるカビでもありますが、一方で発酵を利用した食品の製造にも利用されている優れものの菌なのです。

 

乾燥米麹の方が生米麹よりも長期保存が可能!

米麹には乾燥タイプと生タイプのものがあります。

その違いは何かといいますと、生米麹を乾燥させたものが乾燥米麹となります。

生米麹を使って作られた製品は乾燥米麹を使って作られたものより、味や香りが良くなったり甘味が強くなったりします。

ただ、生米麹は水分が多く含まれているために雑菌が繁殖して傷みやすいという特徴があります。

そこで、米麹を長期間保存するために作り出されたものが乾燥米麹なのです。

 

生米麹の一般的な賞味期限は3週間程度。

乾燥米麹の一般的な賞味期限は4か月程度です。

 

 

米麹甘酒の栄養とその効果がすごかった!

米麹でつくる甘酒は、さまざまな体に良い栄養が豊富に含まれています。

 

では米麹甘酒にはどんな栄養が含まれていてどんな効果があるのかをみていきましょう。

 

酵素が栄養を吸収しやすくし、消化を促進する

麹には豊富な酵素が含まれています。

酵素は栄養素を分解して食べ物の消化や吸収を良くする役割をするので、胃や腸の働きを助ける存在であると考えられます。

簡単に言うと、酵素を体に取り入れると代謝が良くなるということです。

また酵素には抗酸化作用があり、老化や生活習慣病を引き起こす要因となる活性酸素を減らしてくれる働きも担っています。

この相乗効果によって、太りにくい体を維持できたり、肌がきれいになったり、病気になりにくくなったりと、体に様々な良い効果が期待できます。

 

食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整える

麹に含まれる食物繊維やオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やすエサとなります。

腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が改善され、下痢や便秘になりにくくなったり、免疫機能が強化されるのです。

 

ビタミンの力で疲労回復や美肌作りに効果的

麹にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群がたくさん含まれています。

ビタミンB群は、血行や代謝を促進させ、疲労回復に大変役立ちます。

他にも麹に含まれるナイアシン、パントテン酸、ビオチンなどのビタミンは肌荒れやしみの改善に効果的で、最近は麹を使った化粧品も多く見受けられるようになりました。

 

コウジ酸の美白効果に注目

コウジ酸は麹菌が糖を発酵させることによってつくられる成分です。

コウジ酸にはシミの原因となるメラニンの生成を抑制するという力があります。

また抗酸化作用や消炎作用も持ち合わせているので、麹は肌のシミ、くすみに大変効果的なのです。

 

 

超簡単!米麹甘酒の作り方

 

私はマルコメの「甘酒メーカー 糀美人」を使って米麹甘酒を作っています。

 

材料は、

  • みやここうじ  1袋(200g)
  • 水       400cc

以上です!

 

【作り方】

みやここうじを袋に入ったままよくほぐしてパラパラにし、甘酒メーカーの容器に入れて、50℃前後のお湯を400cc加えてよく混ぜます。

設定温度55℃、設定時間8時間にセットしてあとは放置!

待つだけ!

とっても簡単ですね。

 

おかゆを加えるレシピが多くありますが、私は麹と水だけで作っています。

麹もいろいろなメーカーのものを試しましたが、「みやここうじ」の甘さとつぶつぶ感が私は一番お気に入りです。

 

甘酒メーカーがない場合でも大丈夫!

なんと炊飯器で代用できます!

同じように材料を準備して、炊飯器の蓋はせずに濡れ布巾をかけて保温にセットし、8時間待ちます。

 

できあがった甘酒は冷蔵庫で保存してください。

お好みで水やお湯で割っていただきます。
牛乳や豆乳で割ってもおいしいです。

ヨーグルトにいれたり、料理の味付けにも使えますよ。

 

 

まとめ

今回は栄養満点の甘酒についてお伝えしました。

 

大人ニキビに悩まされていた私も米麹甘酒を毎日飲むようになってから劇的に改善し、今では肌のトラブル知らずです。

腸の調子もとてもいいです!

 

是非みなさんも米麹甘酒を毎日の生活に取り入れて、美肌作りや健康な体作りに役立ててくださいね。

 

RELATED POST