仲本工事交通事故

三代純歌(仲本工事嫁)の食生活がやばい!?「好物は昆虫に孵化直前の卵」

nakamotokouji_wife

18日に横浜市内で交通事故に遭ったザ・ドリフターズの仲本工事さん。妻で演歌歌手の三代純歌(みだいじゅんか)さんは、「本人は頑張っているので応援してください」と呼びかけています。

純歌さんについて調べると、経営する店の常連もドン引きのゲテモノ食生活が判明しました。事故現場近くにあるカレー店や2人の子供についても詳しく調査しました。

【関連記事】

仲本工事事故は妻と別れた直後に起きた「毎日片道1時間かけ通う」

三代純歌(仲本工事嫁)の食生活がやばい!?「好物は昆虫に孵化直前の卵」

仲本工事さんと三代純歌さんは2012年7月に結婚しました。7月14日には新高輪プリンスホテル「飛天」で盛大な披露宴を行っています。当時仲本さんは71歳、純歌さんは44歳で、”27歳差婚”が話題となりました。

2人が知り合ったきっかけは、仲本さんが純歌さんの楽曲をプロデュースしたことでした。2006年ごろから交際を開始したという事です。

その後2人はメディアに登場するたび微笑ましく寄り添って仲睦まじい姿を見せていましたが…

つい先日、純歌さんが家を出ていき置き去りにされた仲本工事さんが犬猫のペットと共に一人で暮らしているという事実が週刊誌に取り上げられたのです。

仲本さんは、現在夫婦で営む飲食店「仲本家~純歌の台所~」の隣にあるカラオケスナック「ピンクローズ」の1階2階部分で今は一人暮らしをしているといいます。「ピンクローズ」もかつては夫婦2人で経営していたようですが、今は閉店しています。

こんんばんは。本日のメニューはこちらです。今夜も元気に営業しています、よろしくお願いします。

かつては常連客などで繁盛していた「仲本家~純歌の台所~」も現在は殆ど営業していません。公式Twitterの投稿も2020年9月を最後に更新されていませんでした。

「純歌さんが得意の料理を振る舞い、仲本さん本人も仕事がないときは毎日顔を出して、協力して店を切り盛りしていました。時折、加藤茶さん(79)と妻の綾菜さん(34)も店を訪れていました。しばらくは繁盛していたんですが、だんだんと純歌さんの“暴走”が目立つようになって……。店にカブトムシなどの昆虫食を置いたりして、徐々に客足は遠のき、常連も去っていってしまいました」(仲本工事さんの知人)

女性自身

お店が閉店に追い込まれるようになってしまった理由について仲本さんの知人は、「純歌さんが店にカブトムシなどの昆虫食を置くようになって”暴走”しはじめたからだ」と証言しました。

こちら↑は三代純歌さんのTikTokアカウントです。

ここに、昆虫食の自販機で商品を何個も嬉しそうに買う純歌さんの姿がありました。

ちなみにこちらの自販機にはコオロギ、タガメ、タランチュラ、イモムシ、サソリ、カブトムシなど姿そのままで素揚げした様々な食用昆虫などが並んでいます…。


昆虫食って…食べやすいような形になってパッケージされているのかと思いきや、まさにそのまんまの形でした。しかも”でかい”です…。虫嫌いな管理人は直視できませんでした…。

昆虫食
カブトムシ

香ばしい

オケラより殿様バッタより
美味しいかも

虫食べる!?

純歌さんは昆虫食が大好物なんだそうです。

また純歌さんが手で持っているこちら↑も(あまりにもグロテスクなためモザイクを入れさせていただきますが)「バロット」といって孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵なんだそうです。割った卵の中からは羽やくちばしなどが形成された雛の姿が…。フィリピンやベトナムなどでは当たり前のように食べられているもので、とても美味しいとのこと。

これもまた三代純歌さんの大好物だといいます。やはりこの嗜好はちょっとやばい、変わっていると思わざるを得ません…


三代純歌(仲本工事妻)カレー店は「ウィローズハウス」

仲本工事さんの奥さん・三代純歌さんが経営するカレー屋さんは、「WELLOWS HOUSE(ウィローズハウス)」といいます。

TikTokのプロフィール欄にも記載されています。

2021年12月3日にオープンしました。オープン時の情報では営業時間は12時から17時で、2時30分からは店内でカラオケも出来るという珍しいカレー専門店です。

値段はオリジナルカレーが700円~となっていて、一般的な価格設定です。

ウィローズハウスの住所は「神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-11-1」。上記地図上の黄色の丸で囲った場所です。三代純歌さんはお店を切り盛りするために現在仲本さんと別居してこの場所に住んでいるとされています。

そして、赤丸が今回仲本工事さんが事故に遭い車にはねられた場所です。事故当時仲本さんは西から東方面にある西横浜駅に向かって歩いていたという情報から、何か用事があってウィローズハウスに行って奥さんに会い、また目黒にある自宅まで帰る途中だったのではないかと推測できます。

一部週刊誌の報道では、実は純歌さんが不倫をしていて、ウィローズハウスの共同経営者の男性と一緒に住んでいるという情報がありました。しかし、そのことについて聞かれた仲本工事さんは「そんなことないよ!だって俺、毎日そっちに行ってるんだから。」と真向否定していました。

追記:

仲本工事さんは当時友人に会う約束をしていました。車を停めていた駐車場に行くため横断歩道のない道路を渡ってしまったということです。


三代純歌(仲本工事奥さん)の子供について

この歳でまた子供ができました。

仲本工事さんは2020年11月に「子供ができた」とTwitterで報告していました。このとき仲本工事さんは79歳、妻の三代純歌さんは52歳です。

年齢的に厳しいような気がしますが、この時のファンからのリプには「おめでとうございます!」「奥様体お大事になさってください。」と祝福のコメントが殺到しました。

しかし…

お騒がせしてすみません。
家族になったのは2ヶ月の猫のまる君です。男の子です。

ツイートの翌日に仲本工事さんは”子ども”は”猫”だったことを明らかにし「お騒がせしてすみません」と謝罪しました。仲本工事さんらしいジョークですね。ということで、仲本工事さんと三代純歌さんとの間にはお子さんはいないということが分かりました。

仲本さんと純歌さんの間にはお子さんはいないようですが、仲本さんには1991年から2004年まで婚姻関係にあった前妻「美恵さん」の連れ子と、美恵さんとの間に生まれた息子と娘の3人のお子さんがいらっしゃいます。

仲本さんの娘さんは、「頻繁には行けませんが、私たちきょうだいで掃除や犬猫のお世話を手伝いに行ったりしています。」と父親が自分の母親と離婚しまた別の女性と再婚したにもかかわらず、現在もなお良好な関係を気付いている様子を話していました。

一方44歳で仲本工事さんと結婚した三代純歌さんですが、純歌さんの方は初婚だったのでしょうか。

純歌さんのTikTokには若い男性とのツーショットで「親子の絆」と文字の入った動画が公開されています。この男性は純歌さんのTikTokに度々登場していますが、もしかしたら純歌さんの息子さんなのかもしれません。

追記:

10月19日22時22分、急性硬膜下血腫のため仲本工事さんがお亡くなりになりました。奥様の三代純歌さんは今年8月にも母親を亡くされたことを報告しています。まだ悲しみも癒えていない頃に今度は突然の旦那さんの訃報…。純歌さんは今他人には考えられないほどの深い悲しみの中にいらっしゃると思います。

仲本工事さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。