話題のグルメ

森永乳業の新作【もっちりプリン】今までにない新しい食感の秘密はこれだった!




子供から大人までみんな大好きなおやつの定番「プリン」。

次々と各メーカーから新商品が出続け、その度に話題になります。

最近のコンビニではイタリアンプリンが流行っているようですね。

【レシピあり】流行りのイタリアンプリンを電子レンジで簡単に作る方法最近流行りのイタリアンプリンをなんとか自宅で簡単に作れる方法はないかなと考え、今回電子レンジを使って本格的なイタリアンプリンを作ることに成功しました。そのイタリアンプリンの超簡単レシピをご紹介します!...

 

少し前から「バスクチーズケーキ」がものすごく話題になっており、その人気は衰えることがないどころか、次々と各社こぞって売り出したり関連商品も多数発売され続けています。

このバスクチーズケーキの特徴はなんといってもみっちりねっとり濃厚な食感ですよね。

この濃厚濃密食感がプリン界でも今トレンドになっているようなんです。

イタリアンプリンもそのトレンドの一つ。

そして、森永乳業より発売された【もっちりプリン】もこのトレンドに加わることになるでしょう。

 

それでは本題に入ります。

早速もっちりプリンをスーパーで発見し手に入れることができたので、実際に食べてみた感想と「もっちり」の秘密をお伝えしたいと思います!

今までにありそうでなかった「もっちり」食感

プリンの食感といえば、「昔ながらの固め食感」か「とろーり滑らか食感」のどちらかになるかと思います。

しかし今回森永乳業より発売されたのはそのどちらでもない「もっちり」食感のプリン!

斬新ですね。

もっちり食感のプリン、今までなんでなかったんだろう?と思います。

 

もっちり食感といえば「お餅」「団子」「大福」のように和菓子を連想させますよね。

このもっちりプリンのねらいとは、今年は日本のあらゆる文化に注目が集まり和に対する関心も高まっていくだろうということにあるようです。

 

もっちりプリンを食べてみた!

それではいざ【もっちりプリン】を実食!

蓋を開けた瞬間プリンの濃い黄色が目に飛び込んできます。

お皿に出してみるとゼリー状になっているカラメルソースが下の方に敷かれていることが分かります。

液状のカラメルソースが入っているプリンもありますが、こちらはゼラチン質。

これは好みが分かれますね。

ちなみに私は、、、液状派かな。

 

スプーンですくってみると確かにプリンに弾力がありもっちりしてる!

味は卵の味をガツンと感じられて濃厚でした。

甘さは少し甘めに感じたので、もう少し控えめが好みかな。

 

パッケージには「ほろにがカラメルソース」と書かれていますが、私はそれほど「ほろにが」には感じませんでした。

「ほろにが」をうたうならカラメルはもう少し苦みが効いていてもいいかなぁと思いました!

そうはいっても全体的にはなんとも「もっちり」食感が斬新で、とっても濃厚でハマるおいしさでしたよ。

もっちり抹茶プリンを食べてみた!

いざ【もっちり抹茶プリン】も実食!

こちらも蓋を開けた瞬間抹茶の濃い鮮やかな緑色がまず目に飛び込んできます!

そして抹茶のいい香り~。

 

お皿に出してみると、抹茶プリンもゼリー状になった、カラメルソースではなく黒蜜ソースが底に敷かれていました。

抹茶に黒蜜は最高の組み合わせですね。

こちらの食感も「もっちり」。

どちらかというと抹茶は和菓子感が強いので、「もっちり」食感がこちらの方がしっくりくるかもしれません。

味は「まろやかで優しい味わい」が特徴でもある宇治抹茶の旨味が存分に引き出されていて、抹茶スイーツ好きにはたまらないおいしさでした!

黒蜜ソースも抹茶の味を引き立てていてとてもおいしかったです。

私はこちらの抹茶プリンの方が好きかな~。

 


まとめ

今回は森永乳業の新作【もっちりプリン】をご紹介しました。

 

原材料名を見てみると、どちらも「もち米でん粉」というものが使われていました。

これこそが「もっちり」の秘密なんですね!

「もち米」という言葉から連想すると洋菓子というよりもはや和菓子です。

 

気になるお値段は税抜き125円

内容量は75gと少なめですが、もっちり濃厚なので充分満足感があります。

カロリーは100kcal前後と罪悪感ゼロ!

 

みなさんも【もっちりプリン】を見かけたら是非食後やおやつに召し上がってみてくださいね。

RELATED POST