ニュース・事件

村田兆治逮捕目撃者がTwitterで話題「手錠かけられてた」

muratachouji_taiho

「マサカリ投法」で知られるロッテの元投手・村田兆治(むらたちょうじ)さん(72)が、羽田空港の保安検査場の30代女性検査員に暴行を加えたとして現行犯逮捕されました。

Twitter(ツイッター)では村田兆治さんの逮捕現場を目撃したという方のツイートが話題になっています。

田辺公己逮捕容疑が話題「カッパの地下強制労働の件?」

佐々木未悠顔画像を調査「小柄で美人」岩手乳児遺体遺棄事件

梶田冬磨追悼メッセージまとめ「愛されていた理由」

南朝芽ちゃん小倉美咲ちゃんが似ていると話題「同一犯の可能性」

村田兆治逮捕目撃者がTwitterで話題「手錠かけられてた」

目の前でおじさんが暴行の現行犯で逮捕されて連れてかれた。羽田空港怖いですね。

偶然、村田兆治さんの逮捕現場に遭遇したという方のツイートがこちらです。

村田兆治ですか!?

マジカ!でも言われたら村田兆治に似てた!

まさかのマサカリ投法が目の前で逮捕されるとは!

よっばらいのおじさんが何かしでかしたのかなくらいに思ってたらプロ野球界のレジェンドでびっくりです!

目撃者の方ははじめ元プロ野球選手の村田兆治さんだったとは気づいていなかったようですね。当時の村田兆治さんの様子については以下のように証言しています。

私が通りかかったタイミングでは既に警察官に取り囲まれてて特に暴れたり大声出したりはしてなかったですね。

スマホで撮影してた方もいましたが警察官にプライバシーどうのこうの言われて止められてました。

私が見たときは別に暴れてる感じもなく警察官がたくさん取り囲んでて「はい!暴行!」という警察官の声とともに手錠かけられてたな。

女性に対して暴行したという報道の先入観から「大声を出して暴れた」などの悪い憶測が広がっていた村田兆治さんですが、目撃者の証言によると「暴れたりも大声も出していなかった」ということで村田さんが冷静な対応をしていたことが分かります。

実際に村田兆治さんは「左肩を押してない」と容疑を否認し、「前に立ちはだかられたので、どかしただけ」「殴ったり蹴ったりはしていない」と話しています。

また「警察官が沢山取り囲んでいた」「スマホ撮影を警察官に止められていた」という証言からは、相手が村田兆治さんだったという警察官の配慮や権威さえ感じさせられます。

「『はい!暴行!』という警察官の声とともに手錠かけられてた」という生々しい逮捕劇には、やはりプロ野球界のレジェンド逮捕という衝撃を改めて実感させられました。


村田兆治妻は「淑子」さん

ロッテのエース村田兆治が肘の故障から復活するまでの日々を綴った淑子夫人の手記を読んでいるんだが、とにかく奥様が嫌味なしの完璧超人で、だからこそ「昭和生まれの明治男」にフィットしたんだろうと思った。
逆に言えば、並の人には村田夫人はとてもじゃないが務まらない。俺なら三日で逃げる。

村田兆治さんの妻は「淑子」さんといい、航空会社の元グランドスタッフ(地上勤務職員)でした。短大の英文科を卒業していて、語学学校にも通い英語が堪能だったといいます。

村田兆治さんが1982年に肘を故障し、治療のためアメリカに渡る時には付き添って通訳を務めました。村田さんの右肘痛の原因を突き止めるために、夫婦で共に名医を探し続け、奥様の淑子さんは村田さんを励まし続けたといいます。


村田兆治子供は「息子と娘」

村田兆治さんの息子も電通にいた。娘さんは、テレビブロス編集にいる。

村田兆治さんは子供の存在を公に発表していませんが、ツイッター上には村田さんの息子さんは電通に勤務していて娘さんはテレビブロスで編集の仕事をしているとの情報がありました。

なおこの情報が真実なのかどうかについては分かっていません。


村田兆治プロフィール

村田兆治(むらたちょうじ)

生年月日:1949年11月27日
年齢:72歳
出身地:広島県豊田郡本郷町(現:三原市)
出身校:福山電波工業高校(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)
身長/体重:181cm/78kg

プロ入り:1967年
初出場:1968年10月8日
最終出場:1990年10月13日

村田兆治さんは引退後、スポーツ評論家として活躍しています。また2005年には長崎県対馬市に「対馬まさかりドリームス」を設立し、投手兼監督を務めました。

引退後も「マサカリ投法」は衰えることなく、2013年(当時63歳)には球速は135km/hをマークしています。

2020年8月22日にはロッテ対ソフトバンク戦で始球式にも登板しました。




村田兆治暴行容疑で逮捕 事件概要

羽田空港の保安検査場で女性検査員に肩を手で押すなどの暴行を加えたとして、警視庁東京空港署は23日、暴行の疑いで元プロ野球ロッテなどで通算215勝をマークした村田兆治容疑者(72)を現行犯逮捕した。同署によると、検査員にけがはなかった。村田容疑者は現役時代、左足を高く上げるダイナミックな投球フォーム「マサカリ投法」で知られた名投手。

サンスポ

<事件概要>

  • 日時は2022年9月23日午後1時50分ごろ
  • 場所は東京・大田区の羽田空港第1ターミナル北ウイングの保安検査場
  • 村田兆治さん(72)は、女性検査員(30代)の左肩を右手で押すなどの暴行を加えたとして現行犯逮捕された。
  • 女性検査員にケガはなかった。
  • 村田さんは25日に開催予定だった北海道芦別市のイベントに参加するため飛行機に搭乗するところだった。
  • 村田さんは当時携帯電話を手にしていたため金属探知機に何度も引っ掛かり、検査場を通過できなかったことに腹を立てたとみられている。
  • 別の女性検査員が「男性が暴れている」などと警察官に助けを求めたため確保された。
  • 村田さんは「左肩を押してない」「前に立ちはだかられたので、どかしただけ」「殴ったり蹴ったりはしていない」と容疑を否認している。



村田兆治さんが釈放

 羽田空港で女性検査員の肩を押したとする暴行容疑で現行犯逮捕、送検された元プロ野球・ロッテ投手の村田兆治氏(72)が25日、釈放された。警視庁東京空港署は任意で捜査を続ける。

スポニチ Sponichi Annex

村田兆治さんは「紙袋に携帯を入れていて音が鳴った。前に来たから“どいて”という感じ」「子供たちに夢と希望を伝授しながら、行動は責任を持ってやっているつもりだった。(女性が)前にきたから“どいて”と。まさか、それが暴力になるとは。触れたのは事実は事実だから…」と話しました。

また、検査時にはスーツケースに新聞を切り抜くためのはさみが入っており、それも事を大きくした要因の一つだったといいます。

今後について村田さんは、「もうすぐ73歳。75、76で(離島甲子園の活動を)やめようと思っていたけど、人生に引退はない。子供たちのために80まで頑張る。そこでもらったお金を(これまで通り)寄付していきたい。老体にムチを打って骨が折れるかも分からない」。と話しました。


RELATED POST