わいせつ事件

[西武鉄道社員逮捕]中野聡は「アニオタでドール愛好家」小児性愛者の闇

2021年9月9日、警視庁大井署は東京都大田区の西武鉄道社員・中野聡容疑者(27)を強制わいせつ容疑で逮捕しました。

中野容疑者は6月27日午後6時15分頃、品川区内のマンションの敷地内で小学校高学年の女児の上半身を無理やり触った疑いで、容疑を認めています。

今回は中野容疑者のプロフィールに迫ります。

 

[西武鉄道社員逮捕]中野聡は「アニオタでドール愛好家」

小学校高学年の女の子の上半身を触った疑いで逮捕された西武鉄道社員の中野聡容疑者。

夕方に駅から帰宅途中だった女の子のあとをつけ犯行に及んだといいうことです。

女の子が「変態!変態!」と叫んで防犯ブザーを鳴らしたため、その場から逃走していました。

防犯カメラの捜査などから関与が浮上し逮捕。

警察の調べに対して中野容疑者は、

「女の子の体つきを見て興奮した」

「成人女性では抵抗されるなどリスクがあるので小中学生を狙った」

と供述しています。

 

自分自身の欲求不満解消のためだけに、幼い女の子を狙ったという非常に身勝手な犯行。

女の子の心に一生の傷を負わせたことは決して許されることではありません。

いったい中野聡容疑者とはどのような人物だったのでしょう。

 

名前:中野聡
年齢:27歳
住所:東京都大田区大森東1丁目
職業:会社員
勤務先:西武鉄道

 

三浦一成市川市議(自由民主党)が女子中学生にわいせつを行なったと児童買春容疑で逮捕

6月26日、千葉県市川市議会議員、三浦一成容疑者(28)が、中学1年の女子生徒(13)に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課が児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春など)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、1年前の2016年9月8日、市川市堀之内3丁目にある三浦容疑者の自宅で、18歳未満と知りながら、当時中学1年生だった女子生徒に現金3万円を渡してわいせつな行為をしたなどの疑いだ。

YAHOO!ニュース

こちらは2017年に起きた市議会議員の不祥事です。

千葉県市川市議会議員・三浦一成容疑者(28)が、当時中学1年生だった女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をした、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されたものです。

三浦容疑者宅の捜索で自宅パソコンからは18歳未満の少女のわいせつ画像が数点見つかった他、アニメのDVDも複数見つかったということです。

アニメオタクの三浦容疑者は現実世界で恋愛をすることができず、自身の欲求不満を満たしてくれるのはいつも推しのアニメのキャラクターだった…

しかし、いつしか我慢が出来なくなりその対象は未成年者へと向けられます。

三浦容疑者は「カカオトーク」を使って女子生徒とメッセージのやりとりをし、JR常磐線綾瀬駅(東京都足立区)で待ち合わせて、自分の車で自宅に向かいました。

女子生徒の母親が同日中に警視庁に相談し、事件が発覚したものです。

 

一方で、西武鉄道社員・中野聡容疑者の外見は黒縁メガネに黒髪短髪のいわゆるオタク顔

中野容疑者もアニメオタクだった…という説は十分考えられます。

彼女は大好きな女の子のキャラクターのフィギュア。

アニオタに加えてドール愛好家のパターンです。

性欲解消の対象はフィギュアだけにとどめておけば良かったものの、外ではいつしか少女の体つきを目で追うようになり、ついには犯行に…。

まだまだ人生はこれから、という未来ある少女の心に一生消えない傷をつけた中野容疑者の犯行は決して許せません。

できるだけ重い刑罰を望みます。

なお、中野容疑者にはさらに余罪があるとみて捜査が続けられています。

「子供なら抵抗しない」という信じがたい理由で被害に巻き込まれた少女はいったい他に何人いるというのでしょう。

無理やり体を触られたうえ、「黙っておけ」とでも脅されたとしたら、少女はそれを親なり他の大人に声を出して伝えることはとても難しいことだと思います。

中野容疑者にとっては一時の出来事が、少女にとっては一生の出来事です。

ふざけるな。非常に腹立たしい思いです。

 

小児性愛者の闇

「小児性愛とは、『13歳未満の幼児や小児に対して、5歳以上年長の者が性嗜好を継続的に抱くこと』で、国際的な精神疾患の診断基準にも記載のある『性嗜好障害(パラフィリア)』のひとつです。

日刊SPA!

 

「女の子の体つきを見て興奮した」と答える中野容疑者は「小児性愛者」いわゆる”ロリコン”で間違いありません。

ロリコンは、「まじめ」「礼儀正しい青年」という周囲の印象が特徴でもあります。

また「中学生時代の遊び相手はいつも小さな子供だった」という意見も。

中野容疑者の見た目からは、これらの特徴も当てはまります。

 

 性嗜好障害の中には、のぞきや盗撮に繋がりやすい「窃視障害」や、痴漢・強制わいせつに繋がりやすい「窃触障害」などもある。

「小児性愛」と診断名がつくのは、その性的衝動が繰り返し起こって苦痛だったり、実行に移したことがある、というのも基準の一つだ。  そして、小児性愛には「子どもにしか興味がない『純粋型』と、大人に興味はあるがなにかしらの理由で性的欲求が子どもに向かう『非純粋型』の2種類がある」と言う。

日刊SPA!

 

中野容疑者は性嗜好障害の中でも「窃触障害」、また「非純粋型」の小児性愛と思われます。

 

非純粋型については、ストレスがたまってとか、成人女性に相手にされないとか環境的要因が大きいとされます。

日刊SPA!

 

西武鉄道社員というプライドの高い仕事に中野容疑者は日々相当なストレスが溜まっていたのでしょう。

また女性にモテるような性格・見た目でもないことから彼女もできず、成人女性には相手にされることもなかったはずです。

 

小児に対して性的衝動が繰り返し起こって苦痛だったり、実行に移したことがある、という人は「病気」である。

日刊SPA!

 

逮捕された中野容疑者もいずれ釈放されまた元の生活に戻ることになるでしょう。

そのときにこのままの状態ではまた罪を犯しかねません。今度はもっと重い犯罪を犯してしまう可能性すらあります。

そうならないためにもしっかりとした病気の治療が必要だと思います。

 

中野聡容疑者のFacebook、インスタ、ツイッター

中野聡容疑者のSNSについて調べてみました。

まずはFacebookですが、「中野聡」という名前はありきたりなこともあり非常に多くの人物がヒットします。

住所や勤務先からも調査しましたが、特定には至りませんでした。

インスタやツイッターもFacebook同様同姓同名が多数おり、特定には至りませんでした。

 

西武鉄道社員が小学生にわいせつ容疑で逮捕 事件の概要

小学生の女児の体を触ったとして、警視庁大井署は10日、東京都大田区の西武鉄道社員の男(27)を強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。逮捕は9日。

発表によると、男は6月27日午後6時15分頃、品川区内のマンション敷地で、小学校高学年の女児の上半身を触った疑い。容疑を認め、「抵抗できない子どもを狙った」と供述している。

女児が防犯ブザーを鳴らして助けを求め、目撃者とともに交番に被害を届け出た。近くの駅から帰宅する女児の後ろを歩く男の姿が防犯カメラに映っていた。

讀賣新聞

 

<事件の概要>

  • 9月9日、警視庁大井署はは東京都大田区の西武鉄道社員・中野聡容疑者(27)を強制わいせつ容疑で逮捕した。
  • 中野容疑者は6月27日午後6時15分ごろ、品川区内のマンションの敷地で小学校高学年の女の子の上半身を無理やり触った疑い。
  • 女の子が「変態!変態!」と叫んで防犯ブザーを鳴らしたため、その場から逃走していた。
  • その後の防犯カメラの捜査などから関与が浮上。
  • 「女の子の体つきを見て興奮した」「成人女性では抵抗されるなどリスクがあるので小中学生を狙った」と容疑を認めている。
RELATED POST