岡山真愛ちゃん虐待事件

西田彩の人物像「金髪カラコンにタバコ大好きギャルママ」

nishidaaya-facebook

交際相手の船橋誠二容疑者(38)と共謀して実の娘である真愛(まお)ちゃんを虐待していた母親の西田彩容疑者(34)。

新たに真愛ちゃんの顔写真が報道されたことにより、西田彩容疑者のFacebook(フェイスブック)が特定されました。西田容疑者の人物像に迫ります。

【関連記事】

船橋誠二(岡山)生い立ち「いじめられっ子だった」親から虐待の過去も

西田彩の人物像「金髪カラコンにタバコ大好きギャルママ」

船橋誠二容疑者と西田彩容疑者の逮捕から4日後の13日、新たに真愛ちゃんの顔写真が報道により明らかになりました。映像には「西田容疑者のFacebook」からと記載があることにより西田容疑者はフェイスブックを利用していたことが判明しました。

facebookで「西田彩」を検索します。すると報じられているまおちゃんの写真が投稿された西田彩容疑者のフェイスブックアカウントはすぐに特定できました。

このアカウントに投稿されていた写真がこちらです。

真愛ちゃんの写真が報道と一致するため西田彩容疑者のFacebookで間違いありません。西田彩容疑者は自分の顔写真も多数このアカウントに投稿していました。

 

 

 

髪は金髪で、カラコンにつけまつげ等アイメイクバッチリのギャルママです。

 

すっぴんと思われる写真では眉毛がほどんどありません。お世辞にも美人とは言えない顔立ちです。


さらに調査を進めると、西田彩容疑者は少なくとも5つのフェイスブックアカウントを持っていることが分かりました。

上から4つまでのアカウントはプロフィール画像が西田彩容疑者本人のもので一致しています。

最後のアカウントについてはプロフィール画像が男性と西田容疑者の息子が一緒に写った写真となっていますが、中身を確認すると西田容疑者の顔写真を確認できたため、西田容疑者のアカウントと特定しました。

これら5つのアカウントを更に詳しく調べると、西田彩容疑者の人物像が窺えるこんな投稿がありました。

もう絶飲食じゃからせめてタバコはえかろー思うて点滴のガラガラ押しながらタバコ吸いに行って来た

これは西田彩容疑者が何らかの病気で手術するため入院していた時に投稿されたコメントです。絶飲食で点滴中という体がしんどい中、おそらく医師や看護師には知らせずに自身の判断でタバコを吸いに行ってきたことが書かれています。この状況でどうしても煙草が我慢できなかった西田容疑者はかなりのヘビースモーカーであると推測されます。

またこの投稿があった時には既に西田彩容疑者には3人の子供がおり、まだ子供が幼いながらもタバコを日常的にガンガン吸っていたとなると、かなりのヤンキーであることも分かりました。


西田彩の人物像「岡山県津山市出身」

西田彩容疑者の現在の自宅は岡山県岡山市北区花尻にありますが、出身は「岡山県津山市」であることが分かりました。

nishidaaya-adress

真愛ちゃんへの虐待現場となったこちらの家(岡山県岡山市北区花尻)は一昨年の年末に同じ岡山市内の住居から引っ越してきたことが報道により分かっていますが、さらにフェイスブックの情報によりますと、岡山市に住む前西田彩容疑者は「広島県広島市」や「津山市」「広島県三次市」など住居を転々としてことも明らかになりました。

手に入れたぜ!!
乗車券(笑)明日津山に
旅立ちます ゆーてまだ
荷物まとめてない(笑)
今日まとめなえらい事

シングルマザーの西田彩容疑者は「交際中」という文字と共に男性とのツーショット写真も投稿していました。

 

幼い子供たちを育てながらも男性に飢えていた西田彩容疑者は、男性トラブルから逃れるために各地を転々としていたのかもしれません。


西田彩の人物像「5人兄弟」

彩5人兄弟なんよ

良くお兄ちゃんとおったら
夫婦と間違われる事よー
あるんよな笑
彩4番目

1番上が種違いのお姉ちゃんが
おって次が〇ちゃんが旦那と
間違えたお兄ちゃんがおって
もう1人のお兄ちゃんがおって
彩がおって弟がおる

西田彩容疑者は5人兄弟であることが判明しました。

  • 長女(父親もしくは母親違い)
  • 長男
  • 次男
  • 次女(西田彩容疑者)
  • 三男

4人の子供を産んでいる西田彩容疑者。自分自身が兄弟が多かったので、自分も子供は沢山欲しいと思っていたのでしょうか。

それにしても4人の子供のうち、船橋誠二容疑者と共謀して真愛ちゃんだけに虐待、暴行を繰り返していたところを見ると、西田容疑者自身も幼少期に父親もしくは母親に自分だけが虐待をされていた可能性も大いにあります。

1歳児に対して身体的虐待、心理的虐待、ネグレクト、性的虐待を行った母親と、普通に子供を育てている母親を比較した調査もあります。その結果によると、虐待を行った母親では、自らが子供のころに母親から不適切な養育を受けていた経験が有意に多いことがわかりました。そして、当時の母親に対して、拒否された、放置された、脅威を感じたというイメージを持っていたそうです。残念ながら、虐待の連鎖は「ある」というのが現状です
自らが子供の頃に愛着を受けていないことが、心理発達に影響を及ぼし、自身の子供に対する敵意や暴力につながっているのです。したがって、子供が恐怖や危機を感じて母親に接触や助けを求めてきても、それを受け入れることができず、拒否するか無関心になってしまいます。
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=12199



西田彩の人物像「”3人”の子供は溺愛していた」

西田彩容疑者のフェイスブックはいずれも子供の写真が中心でした。

 

 

長男、次男、長女とそれぞれ仲良くツーショットで写真に写る西田彩容疑者。

 

”真愛ちゃん以外”の3人の子供たちは溺愛していた様子でした。

funahashiseiji-oitachi

(子供たち3人の名前)おはよ
きょうはまちにまったれいぞうこがくる日です
(子供たち3人の名前)がほいくえんからかえるころにはおうちにれいぞうこがあるよ
これからもおかあさんがんばっておいしいごはんつくるな
きょうもほいくえんいってらっしゃい
10がつ7にち おかあさんより

一方で、まおちゃんと西田彩容疑者とのツーショット写真は不思議と1枚も投稿されていません。


西田彩の人物像「真愛ちゃんは船橋誠二の隠し子か」

3週間ぶりに会いに行って来たー
心臓もちゃんと動きょーて
すくすく成長中
次は2週間後
股関節わや痛い。笑

友人:「えッッ!四人目!?」
西田容疑者:「四人目なんよ」
友人:「頑張るねーwww 結婚は?」
西田容疑者:「まだしてないんよ」
友人:「する予定なん?」
西田容疑者:「そのうち出来たらええかな」

2015年6月12日、西田彩容疑者はお腹の子供のエコー写真と共に真愛ちゃんを妊娠している様子を投稿していました。この時点では3人の子供を育てるシングルマザーだった西田容疑者。「結婚はまだしてない」というコメントから推測しても真愛ちゃんはおそらく当時付き合っていた彼氏の子どもで、3人の兄弟とは父親が異なることは明らかでしょう。

しかし真愛ちゃんの妊娠を明らかにしたこの投稿の前後には、彼氏とラブラブだったり西田彩容疑者が彼氏と一緒に写ったり、真愛ちゃんの父親を匂わすような写真は一切ありません。ですが唯一、この投稿の3か月ほど前にある男性と3人の子供たちと一緒に手作りのお弁当を持参して動物園に遊びに行っていた様子が投稿されていました。

写真の掲載は控えますが、こちらの男性が真愛ちゃんの父親である可能性は充分にあります。そしてこの男性をよく見ると、どこか船橋誠二容疑者に似ているような気もしました。


funahashiseiji-oitachi

西田彩容疑者と船橋誠二容疑者は真愛ちゃんが生まれる前からの知り合いだった…そして真愛ちゃんの父親が船橋誠二容疑者だったとしたら…

真愛ちゃんは船橋誠二の隠し子?

こちらのツイッターの投稿にもあるように、船橋誠二容疑者に当時既に妻子があったとしたら、真愛ちゃんは船橋容疑者の隠し子ということになります。

捜査関係者への取材で真愛ちゃんの家には監視目的とみられるカメラが複数台、設置されていたことが新たに分かりました。

船橋容疑者がこの家にいないときは岡山市内の別の家で妻と子供らと暮らしていて、真愛ちゃんの様子を遠隔で監視していた疑いがあるということです。

岡山放送

  • 船橋誠二容疑者は西田彩容疑者の家にいないときは岡山市内の別の家で妻子と暮らしていた
  • 西田彩容疑者の自宅にはカメラが複数台設置されていて、常に船橋誠二容疑者の監視下にあった
  • 暴行、虐待を受けたのは西田彩容疑者の4人の子供のうち真愛ちゃんだけだった

このような事実からしてみても、もし本当に真愛ちゃんが船橋誠二容疑者の子供だったとしたら、妻子ある家庭が本命である船橋容疑者は真愛ちゃんが邪魔な存在であったことは否めません。さらには西田容疑者から養育費を請求されていた可能性もあります。

最新の報道では、西田彩容疑者が船橋誠二容疑者にラインで「そろそろ食事をさせないと血色がやばい」と連絡していたことが明らかになりました。家の中をカメラで監視されていたという西田容疑者は、「真愛にご飯を与えるな」という船橋容疑者の圧倒的支配により、真愛ちゃんにご飯を食べさせたくても食べさせられなかったことが窺えます。

そのように考えると船橋誠二容疑者はまさに鬼、いや鬼以上の鬼畜、人間ではない化け物のようにしか思えません。


5歳女児虐待事件 概要

 捜査関係者によりますと、西田容疑者には真愛ちゃんの他に3人の子どもがいて「食事を与えられていなかった」と話しています。

また、西田容疑者は船橋容疑者に「そろそろ食事をさせないと血色がやばい」などとLINEで送っていたということです。

警察は真愛ちゃんに十分な食事が与えられていなかったとみて捜査しています。

テレ朝news

  • 日時は2021年9月10日から23日の間
  • 場所は西田彩容疑者の自宅(岡山県岡山市北区花尻91)
  • 船橋誠二容疑者は5回にわたって西田彩容疑者の娘の真愛ちゃんを椅子の上に置いた鍋の中にそれぞれ2時間~6時間近く立たせ続けて、暴行した
  • 9月25日に西田彩容疑者が119番通報し真愛ちゃんが病院に搬送される
  • 2022年1月12日に脳死状態だった真愛ちゃんが死亡した。死亡時は6歳だった
  • 2月9日に西田彩容疑者と船橋誠二容疑者が強要容疑で逮捕された
  • 船橋容疑者は「暴力を振るい、長時間いすの上に立たせたことは間違いない」と容疑を認め、西田容疑者は「私がしたことではないので、共犯というのはおかしい」と供述している
  • 真愛ちゃんが搬送される直前、母親の西田彩容疑者が真愛ちゃんが布団にぐるぐるに巻かれて意識を失っているのに気づき、119番したということが分かった
  • 船橋誠二容疑者は、西田彩容疑者が家にいない時にはカメラを使い、真愛ちゃんの様子を監視していた疑いがあるとみて調べている
  • 2人は無料通信アプリのLINEで、虐待をにおわせる内容のやり取りをしていた
  • 西田彩容疑者は船橋誠二容疑者に対し、「そろそろ食事をさせないと(娘の)血色がやばい」と携帯電話でメッセージを送っていた
  • 西田容疑者の真愛ちゃん以外の3人の子どもたちが、「(真愛ちゃんが)食事を与えられていなかった」と話していることも新たに分かった

追記:西田彩性格は「気さくで明るいお母さん」

「SNSの写真は派手な顔してるけど、実際はいつもスッピン、髪はベリーショートでいつもキャップかニット帽を被っていた。服装もTシャツにジーンズといった地味な感じでしたよ。でも、気さくで性格は明るいお母さんやった。ただ、仕事をしよる感じには見えなかった。どうやって食べていたのかが不思議」(近所の住民)

週刊女性PRIME

西田彩容疑者は普段からフェイスブック写真のような派手なメイクにギャルファッションをしている訳ではなく、実際はいつもすっぴんで帽子を被り、地味な服装でいることが分かりました。

近所の住民は西田彩容疑者の性格について、「気さくで明るいお母さん」と答えています。無職でいつも家にいたと思われる西田容疑者。船橋誠二容疑者が家にいない時は、監視カメラがないところで子どもたちと笑顔で明るく戯れていたのでしょうか。真愛ちゃんも含めて…。

なぜ船橋誠二容疑者から子供たちを全員連れて逃げ出せなかったのか。いくらでも誰かに相談できたはずです。それでもそれをしなかった西田彩容疑者は、やはり共に虐待を楽しんでたということなのでしょう…。