大阪府大阪狭山市3人死傷事故

岡田博行さん顔画像「おもちゃ作りを子供に教える優しいおっちゃん」大阪府大阪狭山市3人死傷事故

okadahiroyuki_face

大阪府大阪狭山市のスーパー「コノミヤ狭山店」で横山孝(よこやまたかし)さん(89)が運転するプリウスが暴走し、買い物中だった岡田博行さん(87)がはねられ死亡しました。他にも77歳と90歳の女性2人が重傷を負ったということです。

岡田博行さんは生前どのような人物だったのでしょうか。顔画像をはじめ、おかだひろゆきさんについて調べました。

岡田博行さん顔画像「おもちゃ作りを子供に教える優しいおっちゃん」

11月17日午後0時10分頃、大阪狭山市のスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」で、横山孝容疑者が運転する白のプリウスが急発進とバックを繰り返し歩道を歩いていた男女3人をはねた上スーパーの壁に激突して停車しました。

過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕された横山孝さんは、店の西側車道に車を止めて妻が買い物を終えるのを待っていたとみられ、「買い物中の妻を迎えるためにトランクを開けて待っていたら、車がじわじわと走り出した。慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述し容疑を認めました。

事故に巻き込まれた岡田博行さんと77歳女性、90歳女性は当時、店舗の敷地内を歩いていたとみられ、停車した車の後方付近で倒れていました。亡くなった岡田さんは1人で買い物に来ていたといいます。

  • 名前:岡田博行(おかだひろゆき)
  • 年齢:87歳
  • 住所:大阪狭山市西山台1
  • 車にはねられ全身を強く打って死亡

 

岡田博行さんは生前どのような人物だったのか、顔画像も含めてネット上を調べました。

 ◇「また子供に風車を」死亡の岡田さん

亡くなった岡田博行さんの親族女性は毎日新聞の取材に応じ、「突然命を奪われるなんてつらくて悔しい」と言葉を詰まらせた。

女性によると、岡田さんは定年退職まで会社員として働いた後、地域のボランティア活動に熱心だった。子供会にもよく顔を出し、子供に寄り添って風車作りなどを手助けしていた。

岡田さんはこの日、検査で病院に行った後、スーパーに立ち寄ったとみられる。女性は岡田さんを車で病院に送り、車内で「帰り道は気をつけてね」と言葉を掛けたのが最後のやり取りになってしまったという。

女性は「(岡田さんは)車の中で、『年明けにはまた子供に風車を作ってあげられる』とうれしそうに話していたんです。この現実を信じたくない」と話した。

毎日新聞

最近では地域のボランティア活動に励んでいたという岡田博行さん。その様子が2017年の「大阪狭山市社協だより」にて紹介されていました。

画像右側に写っている方が岡田博行さんです。


  • まずは自己紹介をお願いします

岡田さん:MVS(メンズボランティア狭山)、自助具の工房さやまとプルトップ部会で活動しています。おもちゃ作りを通して、小学校や市子連、狭山池まつりなどに参加し、地域の多くの方々との出会いで元気をもらっています。

  • 活動をはじめられたきっかけは

岡田さん:現役時代は仕事ばかりで、隣近所の様子もよく知らない状態でした。退職してからは、家族に、もっと地域とつながるようにとMVSを紹介してもらい、加入しました。MVSを通じて、多くの人と繋がりができ、プルトップ部会などにも協力するようになりました。

  • 活動について

岡田さん:MVSでは、清掃活動や地区のふれあい事業、一人暮らし高齢者の会食会の送迎のお手伝いをさせていただいています。また、クラフト作りの講座を受講したのをきっかけに始まった、おもちゃ作りを子どもたちに教えるボランティアは、現在の活動の中心となっています。

  • 活動する中でのやりがい、やっていてよかったと思うとき

岡田さん:おもちゃ作りの活動の中で、子どもたちが「おっちゃん、またきたよ!」と小突いてきたり、朝の見守りの際に、「おもちゃ教えてくれるおっちゃんや!」といって話しかけてくれるときに、やっていてよかったな、と感じます。子どもたちがよろこんでくれる姿をみると、元気でいる限り、続けていきたいと思います。

  • 活動の中での、課題、今後の展望

岡田さん:年齢を重ねるにつれ、新しいクラフトを作ったり、下準備をすることが大変になってきました。狭山池まつりで大阪芸術大学の学生さんと一緒に活動するようになり、クラフトに興味を持ってくれたこともあり、今後は学生ボランティアさんとの出会いも大事にし、共に活動していきたいと思います。

  • 趣味や健康法、好きなこと

岡田さん:趣味は作陶や、畑で野菜を育てることです。また、トマトやゴーヤ等の種子から苗を作ることです。健康法は、毎食野菜中心に1日1,500カロリーを目標にしています。

岡田博行さんは定年退職後、ボランティア活動を生きがいとして子供たちや地域の人たちと楽しく過ごしていました。とくにおもちゃ作りが得意だった岡田さんは子どもたちに「おもちゃ教えてくれるおっちゃん」と呼ばれることがとても嬉しかったようです。写真には岡田さん手作りと思われるおもちゃがたくさん写っていました。

とても丁寧に作られた赤色ベースの風車…。 事故当日病院まで岡田博行さんを車で送って行ったという女性は、岡田さんは車の中で「年明けにはまた子供に風車を作ってあげられる」と嬉しそうに語っていたと話しました。病院で検査を終えた岡田さんは帰り道にスーパーに立ち寄り、事故に遭ってしまったものとみられています。

また岡田博行さんは、80歳で免許を返納し、バスや介護タクシーで病院に通うなどしていたことも新たに分かりました。

健康にも人一倍気を使っていて、自分で育てた野菜を中心に毎日カロリー計算までしっかりとして食事をとっていたといいます。地域や社会のために自分が役に立てるよう長生きしようと、積極的に行動していた岡田博行さん。このような不慮の事故で突然無くなってしまったことは深い悲しみでしかありません。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


事故現場は「コノミヤ狭山店」

事故が起きたのはスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」です。南海電鉄の金剛駅から南西に1.7kmほど離れた住宅街です。

住所:〒589-0023 大阪府大阪狭山市大野台2丁目1-17

大阪狭山市西山台1の住所に住む岡田博行さんは、病院の帰りにスーパー・コノミヤに立ち寄り、歩いて帰宅するところだったのでしょうか…




大阪府大阪狭山市3人死傷事故 概要

 17日午後0時10分ごろ、大阪狭山市大野台2のスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」で、乗用車が急発進とバックを繰り返し、通行人ら男女3人が相次いではねられた。このうち、買い物中だった無職の岡田博行さん(87)=大阪狭山市西山台1=が搬送先の病院で死亡。他の高齢女性2人は重傷を負った。大阪府警黒山署は車を運転していた近くの職業不詳、横山孝容疑者(89)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

毎日新聞

<事故の概要>

  • 日時は2021年11月17日午後0時10分ごろ
  • 場所は大阪府大阪狭山市大野台2丁目1-17、スーパーマーケット「コノミヤ狭山店」
  • 「店の壁に車が衝突し、通行人に接触した」と119番があった
  • 白いプリウスが自動販売機などをなぎ倒し、そのまま奥に進み一度は止まるが…今度は自転車やバイクを巻き込みながら猛スピードでバックした

  • この事故で高齢の男女3人が病院に運ばれ、無職の岡田博行さん(87)が全身を強く打つなどして死亡した
  • 77歳の女性と90歳の女性2人は重傷である
  • 警察は、車を運転していた横山孝さん89)を過失運転致傷の現行犯で逮捕した
  • 横山孝さんは「買い物をしていた妻を車で迎えにきた。トランクを開けたときに、車がじわじわ進んだため、慌ててブレーキを踏もうとしたら間違えてアクセルを踏んでしまった」などと話し容疑を認めている
  • 横山さんは現場から徒歩圏内の住宅で妻と2人で暮らす。近所の住民によると、横山さんは妻と仲が良く、近隣住民には得意の煮物料理をふるまうなど社交的な性格で知られていた
  • 横山さんの近所に住む人は、運転は慎重で、万が一のため、いつも妻を後部座席に乗せていたと話す
  • 近くに住む女性(85)は「あんな気さくな人が事故を起こすとはショックでならない。私も車に乗せてもらったことがあるが、安全運転をいつも心がけている人だったのに」と語った
  • 横山さんに持病はなく、認知症の症状もないということ
  • 府警は容疑を過失運転致死傷に切り替えて調べる