気になる情報

白金高輪”硫酸男”は『花森弘卓(25)』と特定!被害者は超イケメンで動機は怨恨確定?

8月24日に東京メトロ白金高輪駅で男性が男に硫酸のようなものをかけられ怪我を負った事件。
今だ犯人は捕まっておらず、不安や心配の声が多数上がっています。

今回は、この”硫酸事件”の経緯についてお伝えします。

 

白金高輪・硫酸事件の概要

事件直後には産経新聞など大手マスコミが一斉に報じ、今もなお大きな話題となっています。

24日午後9時10分ごろ、東京都港区高輪の東京メトロ白金高輪駅で、「薬品のようなものをかけられて負傷した」などと119番通報があった。警視庁高輪署や東京消防庁によると、薬品は液体で硫酸とみられ、30代の男性が顔にやけどを負い病院に運ばれた。後ろにいた20代の女性客も床に落ちた液体に足を取られて転倒し、負傷。いずれも命に別条はないとみられる。液体をかけた男は現場から逃走。警視庁が行方を追うとともに詳しい状況を調べている。 高輪署によると、現場は駅の出入口のエスカレーター。男性客はすれ違いざまに液体を顔にかけられたという。男は40~50代くらいとみられ、身長約175センチで小太り、黒いポロシャツ、黒いズボン姿で、黒い野球帽をかぶっていたという。

出典:産経新聞

 

  • 事件発生日時:8月24日(火)午後9時すぎ
  • 場所:東京メトロ白金高輪駅構内のエスカレーターを上りきったところ

  •  上下黒い服に身を包んだ男が、帰宅途中だった男性会社員(22)の顔にいきなり硫酸とみられる液体をかけて逃走。

  • 液体をかけられた男性は「目が見えない」等の症状を訴えており、失明の危機にあるという。その他顔以外にも肩にもやけどを負い全治約6か月の重傷である。
  • また、事件当時被害男性の後ろにいた女性会社員(34)も床に広がった液体で転倒し、そのときひざに液体が付着しやけどを負った。
  • 警察は事件の翌日25日になって逃走した男の画像を公開するも、今だ逮捕に至っていない。

 

犯人”硫酸男”の顔画像や名前を特定か?

<犯人の特徴>

  • 30代~50代
  • 身長175cmくらい
  • 黒い半袖シャツに黒いズボン
  • 黒い野球帽
  • 白いマスク
  • 右手に白い手袋
  • 肩から黒いショルダーバッグを提げている

 

駅構内や駅周辺には多くの監視カメラがあり犯人の足取りは明らかですね。

名前等の特定も時間の問題といえます。

 

※8月27日追記

警視庁は、静岡市葵区の職業不詳、花森弘卓(はなもりひろたか)容疑者(25)を全国に指名手配しました。

 

※8月28日追記

8月28日午前、花森容疑者が沖縄県内にて逮捕されました。

東京・港区の白金高輪駅で起きた“硫酸”事件で、指名手配されていた花森弘卓容疑者(25)が、逃亡先の沖縄県内で身柄を確保され、傷害の疑いで逮捕された。花森容疑者は、沖縄県内の大学に通っていたとの情報もあり、土地勘があるとみられる

FNNプライムオンライン

 

花森弘卓は両親を亡くし、一軒家で一人暮らし「いつも1人でいた」花森容疑者は両親をすでに亡くしており、一軒家で一人暮らしをしていたことが分かりました。...
花森弘卓が被害者と在籍していたサークル名は手品サークルか(琉球大学理学部出身)今回は、花森容疑者が所属していたと思われる「手品サークル」の真偽や学歴について調べてみました。...
花森弘卓は真犯人の指示で犯行に及んだか「犯行動機の謎」白金高輪駅で起きた硫酸事件。容疑者は「今は話したくない」と犯行動機を明らかにしていません。今回は被害者との関係性について調べてみました。...

 

白金高輪・硫酸事件の現場はここだ!

8月26日、捜査関係者への取材で、犯人の男は少なくとも現場の3駅手前の溜池山王駅ホームから被害男性をつけていたとみられることが分かりました。

当時犯人の男は男性の横に立って電車が来るのを待ち、男性が乗車したドアの隣のドアから同じ電車に乗り込んだそう。

その後白金高輪駅で降りた男性の後を追い、ホームからエスカレーターを上りきったところでいきなり犯行に及び、そのまま逃走しました。

午後9時という時間帯は帰宅途中の人も多く、目撃者も多かったことと思います。

 

被害者男性は超イケメンで動機は怨恨確定?

白金高輪駅での硫酸被害者、見た感じ育ちが良さそう。 すごくイケメンだし、他人に恨まれそうにないけどな。

[白金高輪駅で硫酸]被害者イケメンで妬まれてた!?

白金高輪駅”硫酸事件”被害者がイケメン「家族はお偉いさん」犯行現場は顔を狙いやすいか
【特定】白金高輪硫酸の被害者の名前は?イケメンで恨みを持たれた?

白金高輪駅での事件がニュースで流れて 来ましたが、ナイフの次は硫酸  被害者の方20代男性イケメンか?

SNSでは被害者の男性は”イケメン”であるという情報が飛び交っています。

犯人が被害者の顔を確実に狙っていったのも、相手の容姿に何か恨みがあったからなのでしょうか。

 

※追記

被害男性によると、花森容疑者は1年前に「家に泊まらせてくれないか?」とLINEでメッセージを送っていたことが分かりました。

男性はその要求を断り、ラインをブロックしたといいます。

すると後日、男性の自宅に「一生後悔しますよ。」と書かれた差出人不明の手紙が届きました。

その約1年後の今年7月、花森容疑者は都内の路上で男性の花森容疑者に対する行動を注意。被害男性は花森容疑者に謝罪したそうです。

また大学生時代に同じサークルに所属していた被害男性と花森容疑者ですが、その時にも被害男性は年下にもかかわらず花森容疑者にタメ口を使って注意されていました。

花森容疑者はそうした一連の行動の逆恨みから、犯行に及んだとされています。

RELATED POST