気になる情報

花森弘卓が被害者と在籍していたサークル名は手品サークルか(琉球大学理学部出身)

8月24日に東京メトロ白金高輪駅で男性が男に硫酸のようなものをかけられ怪我を負った事件。

捜査1課などによると、防犯カメラのリレー捜査で、全国指名手配中だった静岡県葵区の職業不詳、花森容疑者(25)が宜野湾市内に潜伏していることが判明。

警視庁は花森容疑者の身柄を8月28日の朝に確保し、同容疑で逮捕しました。

なお、両腕や胸、まぶたにはやけどの痕があり、現在、那覇市内の病院で治療やPCR検査を受けているとのこと。陰性が確認され次第、身柄を警視庁に移送するようです。

捜査関係者によると、花森容疑者は事件の取り調べに対して「今は話したくない」と認否を留保しているそうですが、容疑者と被害者の接点が徐々に明らかになってきています。

今回は、花森容疑者が被害者と共に所属していたと思われる「手品サークル」の真偽や学歴について調べてみました。

 

白金高輪駅で起きた硫酸事件の概要

 24日午後9時10分頃、東京都港区の地下鉄白金高輪駅から「人が液体をかけられて負傷した」と119番があった。警視庁高輪署や東京消防庁によると、20歳代男性と30歳代女性が男に硫酸とみられる薬品をかけられるなどし、顔や体にやけどを負った。男は現場から逃走しており、警視庁が傷害容疑で行方を追っている。

讀賣新聞オンライン

 

 東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で24日夜、男性会社員(22)が硫酸とみられる液体をかけられて大やけどを負った事件で、警視庁は27日、静岡市葵区の職業不詳花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)を傷害容疑で公開指名手配し、発表した。また、事件の背景や潜伏先を調べるため、26、27の両日に自宅を捜索した。広く情報提供を呼びかけている。

朝日新聞デジタル

 

 東京メトロの駅で男性が硫酸を掛けられた事件で、指名手配された容疑者とみられる男が沖縄県内で身柄を確保されたことが分かりました。  花森弘卓容疑者(25)は24日、会社員の男性(22)に硫酸を掛け、顔などに全治6カ月のやけどを負わせた疑いが持たれています。  花森容疑者は事件後、その日のうちに新幹線で自宅に戻ると、翌日、バッグを持ち静岡駅から逃走していました。

テレ朝news

 

事件後の犯人の足取り↓

  • 事件前、静岡県静岡市葵区にある自宅から東京へ向かう。
  • 被害者男性の勤務先の最寄り駅である東京メトロ赤坂見附駅から被害者男性の後をつけ、地下鉄銀座線に乗る。
  • 隣の溜池山王駅で南北線に乗り換え、白金高輪駅まで移動した。
  • 犯行後は電車を使って品川駅に移動。そこから新幹線で静岡市の自宅に戻る。
  • 翌日の午後になって静岡駅から逃走し、沖縄県宜野湾市内内の友人宅に潜伏しているところを発見され逮捕。

 

花森弘卓が被害者と在籍していたサークル名は手品サークルか

「花森容疑者は被害者と同じ沖縄の琉球大学理学部出身で同じサークルに所属していたようだ。24日に静岡からまず向かった先は男性の職場がある赤坂見附駅周辺だった。待ち伏せてそのまま尾行し犯行に及んだ可能性が高い」(捜査関係者)

AERA dot.

 

花森容疑者と被害者男性は共に琉球大学に在籍していました。

「農学部」という報道と「理学部」という報道がありどちらが正しいのかは不明ですが、花森容疑者は琉球大学を中退しており現在は別の大学に在籍しているようです。

琉球大学時代、花森容疑者(25)は被害者(22)と同じサークルに所属していて、先輩後輩の関係にありました。

そのサークル名は『手品サークル』ではないかとSNS上で情報がありましたが、琉球大学に「手品サークル」は存在しないためデマだと考えられます。

 

琉球大学のサークル一覧はこちら↓

<全学体育系(48団体)>

  • 琉球大学合氣道部
  • アメリカンフットボール部
  • 空手道部
  • 琉球大学剣道部
  • スポーツ同好会
  • 琉球大学男子バレーボール部
  • 琉球大学男子ハンドボール部
  • 琉球大学プロレス同好会

など

<全学文化系(44団体)>

  • 琉大韓流クラブ
  • 琉球大学囲碁部
  • 琉球大学映画研究会
  • 琉球大学吹奏楽部
  • ミステリーサークル
  • 琉大ポケモンだいすきクラブ
  • 琉球大学恋愛研究会
  • 将棋部
  • 琉球大学漫画研究会

など

公開されている花森容疑者の画像を見ると、だいぶ大柄でガッチリとした筋肉体質、という印象のため、体育系のサークルに所属していた可能性が高そうです。

ですがただ太っているだけ、だとしたら文科系の説も十分にあり得ます。

また詳細が分かり次第、追記します。

 

※追記

花森容疑者が被害者男性と共に在籍していた琉球大学のサークルは「映画研究サークル」と判明しました。

 捜査関係者によりますと、硫酸を掛けられ重傷を負った被害者の男性は花森容疑者が以前在籍していた沖縄県内の大学で同じ映画研究のサークルに所属していたということです。

テレ朝news

 

花森弘卓の学歴

SNS上では花森容疑者の高校時代の卒アル画像が流出しています。

その特徴的なネクタイから、出身高校は「常葉大学付属橘高校」と特定。

常葉大学付属橘高校は偏差値57と高めで、花森容疑者は知人や近所に住む人からの「真面目な子」だったという証言や、既に亡くなっている両親が「医療関係の仕事をしていた」という報道から、優秀であったのではと推測されます。

事実、今回の白金高輪硫酸事件に関して

  • 犯行に硫酸を使う
  • 計画的犯行

という観点からも知識の高さが窺えます。

高校卒業後は地元静岡県から遠く離れた沖縄県の琉球大学に進学した容疑者ですが、「理学部」だったという報道もありそこで”硫酸”に触れる機会があったのでしょうか…。

また琉球大学を中退した花森容疑者は現在別の大学に在籍しているとの情報もあり、「職業不詳」「無職」との報道からは現在も大学生であるということも視野に入ります。

また新情報があれば追記します。

 

※追記

花森容疑者は琉球大学を中退後、静岡県内の大学に編入しており、今も大学生であることが分かりました。

RELATED POST