猪苗代湖ボート事故

佐藤剛と手越祐也の”2ショットピース写真”流出!「実はゴルフ仲間で親友です」[猪苗代湖ボート事故]

2020年9月6日、福島県猪苗代湖で水上バイクに乗って遊ぶ順番待ちをしていた4人が大型ボートに巻き込まれ、1人が死亡、3人が重軽傷を負った事故。

警察は2021年9月14日に、当時大型ボートを操縦していた東京都中央区の会社役員・佐藤剛(さとうつよし)容疑者(44)を業務上過失致死の疑いで逮捕しました。

 

今回は、最近になってネットで流出し物議を醸している「佐藤剛容疑者と元NEWSメンバー・手越祐也との”2ショットピース写真”」について調査し、真相に迫ります。

 

佐藤剛と手越祐也の”2ショットピース写真”流出!

悲惨な事故を起こした後も自分は何もしていないかのように平然とし、豪遊を続けていた様子が自身のインスタで明らかになり批判殺到の佐藤剛容疑者。

高級外車に高級ブランドに高級料理…そのすべての写真が人々の反感を買い非難する声が相次いでいますが、今回また新たに流出した写真が物議を醸しています。

その写真がこちら。

元ジャニーズでNEWSのメンバー、現在はYouTuberとして大活躍中の手越祐也さんと、佐藤剛容疑者が一緒に写っている写真2枚です。

服装こそそれぞれ異なりますが、恐らくどちらも一緒にゴルフ場で会ったときに撮った写真でしょう。

サービス精神旺盛で有名な手越さんのことなので、たまたまその場に居合わせた佐藤容疑者に「一緒に写真を撮って欲しい」と言われそれに応じた。と考えるのが筋なのかなとは思いますが、また別の日にも写真を撮っていることが少し不思議ですね。

また別の日にもたまたま鉢合わせた?というよりは、初めて会ったときに佐藤容疑者から「また今度ご一緒しませんか?」と誘われそれに応じたという感じがします。

佐藤剛の会社特定「ミャンマー逃亡計画に協力者は数百名か」[猪苗代湖ボート事故]昨年9月に発生した猪苗代湖ボートひき逃げ死亡事件の犯人として警察は9月14日、東京都中央区の会社役員・佐藤剛(さとうつよし)容疑者(44)を業務上過失致死容疑で逮捕しました。 逮捕翌日の15日には佐藤容疑者の顔画像が報道され、会社を特定する動きも多数見られました。...

 

「実はゴルフ仲間で親友です」

なにせ金を使いたい放題使って人に自慢をするのが生きがいの佐藤容疑者です。

これらの写真を証拠にして、「あの手越祐也くんとは一緒に何度もゴルフに行く仲で、最高の親友なんだぜ」とでも言って周りに自慢していたのでしょう。

容易に想像が出来ます。

そんな佐藤容疑者の哀れな茶番に使われた手越さんはとても可愛そうですね…

 

手越さんと言えば、以前にも同じように犯罪者との写真に応じたことであらぬ噂を立てられ炎上したことがありました。

金塊強盗事件の小松崎太郎容疑者と一緒に写っている写真です。

この写真が出回ってしまったことによって手越さんは、共犯者だ同罪だと散々世間から叩かれました。

これに対し手越さんは自身のYouTubeチャンネルにて以下のように言及しています。

「今までで一番辛かったことはなんですか?どうやって乗り越えましたか?」という質問に対し、

「金塊強盗犯と一緒に写真を撮ったって言われたことがあって、ちゃんと皆さんにお伝えしたいんだけど、金塊強盗犯と仮に写真を撮ったとして、その人が5~6年後に金盗みましたと…」

「…写真撮った俺、何も悪くないぜ」(笑)

「イエーイって写真写ったからって、それと同罪扱いされるのは訳分からないなっていうのでもう、もういいや芸能界って思ったことはあったかな」

いや、まったく手越さんの言う通りですよね。

この金塊強盗犯にしても、今回の佐藤容疑者にしても、だったら初めから紛らわしいことするなよとも非難されそうですが、そんな人物だと写真を撮るときに分かっていれば手越さんだって写真なんか撮りませんよ。

芸能人ぶらず誰とでもフレンドリーに接するところが手越さんのいいところ。

これではあまりにも手越さんが可哀想。とばっちりもいいところです。

こんなしょうもないことでも一たび炎上すれば一気に地に落とされる、芸能界ってほんと怖いですね…

 

ちなみに佐藤容疑者と言えば、大谷翔平選手との2ショット写真もインスタに投稿していました。

大谷選手に写真をお願いしたのももちろん周りに自慢したかったからでしょう。

自分の欲望を満たす為だけに他人までも巻き込む姿…。

まさにボート事故で一緒に乗っていた10人に口止めした件もそうですよ。

あまりにも自分勝手。ふざけるな!と言いたいです。

 

猪苗代湖ボート事故の概要

去年9月に福島県会津若松市の猪苗代湖で、遊びに来ていた親子ら3人が死傷した事故で、大型ボートを操縦していた東京都に住む44歳の男が逮捕された。
業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたのは、東京都中央区の会社役員佐藤剛容疑者44歳。
佐藤容疑者は、去年9月に大型のプレジャーボートを操縦し、猪苗代湖を航行していた際に、遊泳していた親子ら3人をはねて死傷させた疑いが持たれている。
この事故で亡くなった千葉県野田市の豊田瑛大くん(当時8)は母親らと水上バイクに乗るために湖面で順番待ちをしていた。
逮捕された佐藤容疑者は警察に対し「身に覚えがない」と容疑を否認している。 警察は身柄を福島県内に移し本格的な捜査に入る。

福島中央テレビ

 

<事故の概要>

  • 発生日時は2020年9月6日の午前中。
  • 場所は福島県猪苗代湖の中田浜オートキャンプ場
  • 湾部であれば波がなく比較的に遊べることを知っていたため、豊田さんらはそちらに移動した。
  • 湾の中ではすでに数組が海のレジャーを楽しんでおり、スペースが空いていた湾の左側で遊ぶことにした。
  • ライフジャケットを着用した状態で湖面に浮かび、水上バイクに乗って遊ぶ順番待ちをしていた豊田瑛大君(当時8歳)と母親の舞子さん(35)、瑛大くん兄と友達のNくんの4人。そこに突然猛スピードで走ってきた大型ボート。4人は一瞬で巻き込まれ、事故は起こった。
  • 瑛大君は死亡、母舞子さんは両足切断の重症を負い、Nくんも足首を切り裂かれ大けがをした。
  • 当時は複数のボートが現場を往来していたとみられ、福島県警は業務上過失致死容疑で捜査を続けていたが、事故から1年以上経っても事故を起こしたボートの特定には至っていなかった。
  • 2021年9月14日、事故を起こしたボートを操縦していた東京都中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)が逮捕された。
  • 当時佐藤容疑者は知人など10人を乗せて約12メートルの大型ボートを運転していて4人を巻き込んだあと、そのまま走り去ったとみられている
  • 調べに対して佐藤容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 

同乗していた10人に口止めか

関係者によると、佐藤容疑者は事故の後、同乗していた10人などに対して口止めをしていたことが分かった。

FTV

佐藤容疑者は自分が事故を起こしたことを認識しており、同じく同乗者も認識していました。

そこで佐藤容疑者は、同乗者10人に対し「黙っていろ」と口止めをしていたことが明らかになりました。

それにしても誰一人ともこの1年間告発しようとしなかったのは、佐藤容疑者からよほど大金をもらっていたのか、圧力がすごかったのでしょうね…

これには「10人全員逮捕しろ」「全員顔と名前を晒せ」などと批判が殺到しています。

 

加速用にエンジンを付け替えていた

関係者などによると、佐藤容疑者が操縦していたボートはエンジンを付け替え加速や最高速度が上がるようにしていたという。

FTV

佐藤容疑者が操縦していたボートは、エンジンをわざわざ付け替えて加速や最高速度が上がるようにしていたと、関係者が告白しました。

一体佐藤容疑者は何がしたかったのか…

実際、最高速度300km以上のスピードが出るランボルギーニを普段から乗り回しているような人物ですので、スピード狂であることは確かです。

ボートでもすごいスピードを出せることを仲間に自慢し、普段から航行していました。

ただ仲間が驚いたり、「すごい!」と言ってもらえることの優越感を味わいたいがために…

特に映像からも分かるように同乗者には女性が多数いました。

きゃーきゃー言われたかったのでしょう。

本当にこんな人間がいるのか…と思うくらいに怒りがこみ上げます。

佐藤剛のインスタ顔画像を特定か「色黒金髪ピアスに高級腕時計」[猪苗代湖ボート事故]2020年9月6日、福島県猪苗代湖で水上バイクに乗って遊ぶ順番待ちをしていた4人が大型ボートに巻き込まれ、1人が死亡、3人が重軽傷を負った事故。警察は2021年9月14日に、当時大型ボートを操縦していた東京都中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)を業務上過失致死の疑いで逮捕しました。今回は、佐藤容疑者のインスタ等SNSと、顔画像を調査します。...