エンタメ

いしだ壱成娘役は白木姫菜「大人びたJS4」映画100日後に退職する47歳

ishidaissei_shirakihina

俳優のいしだ壱成さん(47)が、俳優復帰作となる主演映画「100日後に退職する47歳」の撮影終了を自身のインスタグラムで報告しました。

今回は、いしだ壱成さんの娘役を務める話題の女子小学生を調査。その他奥さん役の市議会議員や作者、監督、作品の内容についても紹介していきます。

いしだ壱成娘役は白木姫菜「大人びたJS4」

映画「100日後に退職する47歳」

ハシテツヤさん監督
いしだ壱成さん主演

いしだ壱成さんの娘役として
出演させていただきました

ぜーーったいにみんなみてね

本当にありがとうございました


いしだ壱成さん演じる主役「富澤」の娘「明日香」役を務めるは、現在小学校4年生の白木姫菜(しらきひな)さん(9)です。


白木姫菜Twitter


白木姫菜Instagram


spiralmusic.jp

白木姫菜(しらきひな)

愛称:ひななん
生年月日:2012年9月15日
年齢:9歳
身長:140cm
出身:神奈川県
血液型:B型
趣味:ダンスをつくること
特技:HIPHOPダンス
チャームポイント:大きい耳
所属事務所:スパイラルミュージック

2019年12月、姫菜ちゃんが小学校1年生のときに初めて雑誌・ニコプチのネット版、ニコプチネットに掲載されました。

こちらは初めて雑誌ニコプチにに登場したときの姫菜ちゃん。大人びた印象で、とても小学校1年生には見えませんよね。

そして現在に至るまでニコプチのモデルさんとして活躍しています。



インスタの写真がとにかく全部かわいい…

ひなちゃんソロ活動本格スタート
オリジナル楽曲2曲披露

絶対絶対きてねー
よろしくお願いします

今月には本格的にソロとして活動をスタートさせたことを報告していました。

歌とダンスが大好きで、夢のために日々練習を頑張っている白木姫菜ちゃん。今回映画でいしだ壱成さんの娘役という大役を果たし女優デビューするということで、一気に知名度が上がること間違いありません。

いしだ壱成さんとの掛け合いや演技力など、映画の公開がとても楽しみです。


いしだ壱成妻役は孝岡知子「芦屋市議会議員」

映画の撮影に参加させていただきました

アプリ開発の仕事関係でつながりのあった「100日後に退職する47歳」の原作者さんの実写化映画です

映画の上映は配信となっていてもう間もなくの公開

続いて、いしだ壱成さん演じる主役「富澤」の妻「今日子」役を務めたのは、兵庫県芦屋市議会議員のたかおか知子さんです。

孝岡知子(たかおかともこ)

出身:大阪府
学歴:国際外語専門学校卒業
Mokosoft株式会社 代表取締役

2019年、45歳のときに芦屋市議会選挙に無所属で出⾺し当選。
芦屋市議会議員の1期⽬。

たかおか知子 Official Website


たかおかともこInstagram

私生活では2人の女の子のママでもある孝岡知子さん。

  1. 親子が喜ぶ「子育て支援」
  2. 人々を守る「防災と防犯」
  3. 市民の声で「行財政改革」
  4. まちが輝く「地域づくり」
  5. 感性が鋭い「女性の政治」

という5つのマニフェストを掲げて政治活動を行っています。

母として、会社の社長として、政治家として、そして女優として…様々な面で活躍する孝岡知子さんはとてもパワフルな女性に違いありません。

孝岡さんも白木姫菜ちゃんと同じく今作が女優デビューとなります。演技力に期待したいと思います。


いしだ壱成俳優復帰作の原作者は「”元アプリ開発者47歳”ことTOME」



元アプリ開発者47歳@100日後に退職する47歳Twitter

いしだ壱成さんの俳優復帰作となる映画「100日後に退職する47歳」は、休日もトラブル対応、技術力に不安のある部下、残業代もボーナスもなし、というベテランのITエンジニアが疲弊して退職するまでを描いた、Twitterでの連載投稿漫画です。2021年10月に完結しました。

漫画「100日後に退職する47歳」の作者、TOMEさんはツイッターで作品を発表するまでほとんど漫画を描いたことがありませんでした。それでも、実体験をアレンジして「100日後に死ぬワニ」(きくちゆうきさん)のようなスタイルで連載しようと決意し、「100日後に退職する47歳の第1回をTwitterに投稿すると、瞬く間に拡散されてフォロワー数が増えていきました。

狙い通りだったとはいえその反響は予想以上でした。現在TOMEさんのツイッターフォロワー数は6万1000人以上います。

仕事の現場を舞台にした漫画の定番に反して状況が淡々と悪化していくリアルさに、多くの読者は引き付けられたといいます。

Twitterで連載を始めたとき、TOMEさんは転職を繰り返し4社目の会社に勤めていました。しかしその会社で「ボーナスなし」と言われたことから再び退職を考えるようになりました。

そんなとき、ツイッターで漫画を知って読んでくれた前の職場での知り合いが、「転職したいなら話をしよう」と突然DMしてきたといいます。その誘いは、医療データを人工知能(AI)で解析する事業へのヘッドハンティングでした。TOMEさんは悩んだ末、ボーナスなしの会社を辞めて、話をもらった会社で新たに働くことを決めました。

このドラマチックな話は漫画にも採用され、物語は退職した主人公が知人の紹介で就職先を求めるところで幕を閉じました。

映画ではこのTOMEさんの物語がどのように描かれているのか、多くのファンが楽しみにしていることでしょう。

オンライン上映は、8月13日(土)16時~予定されています。


「100日後に退職する47歳」監督はハシテツヤ


ハシテツヤTwitter

ハシテツヤ

生年月日:1973年5月11日
年齢:49歳
出身:石川県金沢市
映画監督、アプリ開発者、作曲家

経歴

  • 石川県星稜高校卒業後、東京都立大学 経済学部に入学するも中退。
  • 1998年 PlayStationのゲーム音楽で作曲家デビュー。
  • 2001年 音楽ユニット「TETUJAPAN」に加入。
  • 2011年 Android、iPhoneなどのスマートフォンアプリを開発。
  • 2013年 東京ゲームショウにゲームを出展。
  • 2015年 アイドルグループ「GracoRex」のプロデューサーに就任。
  • 2018年 フィリピンのAKB48姉妹グループであるMNL48のミュージックビデオで監督デビュー。
  • 2019年 初の長編作品『多動力 THE MOVIE』(堀江貴文 原作)の監督を務める。
  • 2022年 『TURNING POINT』がユナイテッド・シネマお台場で公開。
  • 2022年 いしだ壱成が主演を務める『100日後に退職する47歳』の監督を務める事が発表された。

ハシテツヤ – Wikipedia

映像制作会社エンタメイティブのハシテツヤ監督は、自身のTwitterのタイムラインに流れてきたTOMEさんの漫画をたまたま目にし、あまりの面白さに一気に100日分を読み切ってしまったといいます。

その後ハシ監督が「100日後に退職する47歳」を映画化したいとツイートすると、なんとそのインプレッション数118万超え。驚きの反響がありました。

その後監督が実際にTOMEさんに会って映画化をオファーしたところ、当初映画化は考えていなかったTOMEさんですが監督の熱意に圧倒され、結果快く承諾いただいたそうです。

なおいしだ壱成さんは、ハシテツヤ監督の別映画「TURNING POINT2」でも準主役として出演しています。


「100日後に退職する47歳」資金はクラウドファンディングで回収

「Twitterで反響を呼んだ漫画『100日後に退職する47歳』の映画化を目指すプロジェクト」としてクラウドファンディングで資金を募ったところ、なんとたったの1日半で目標額の100万円を上回る約158万円を達成しました。

昨年はツイッター等で漫画を拡散して頂きありがとうございました。

ボーナスはもらえませんでしたが、漫画のネタにできて、予想以上の反響を皆様からいただく事ができたのでむしろよかったと思うようになりました。

ツイッターでハシ監督より映画化のお話を頂き、当初は半信半疑でしたが、直接お会いし話を伺って「この方ならできちゃうのかも知れない」と思い始めました。

そうは言っても実現にはたくさんのハードルが残っていると思いますので、まずはクラウドファンディングで皆様のご支援をいただければ非常にありがたいです。

よろしくお願いいたします。

TOME(元アプリ開発者47歳)

映画製作費として必要な予算は「100万円」。その内訳は以下のように書かれていました。

  • 撮影スタッフ人件費 約70万円
  • キャスティング費  約15万円
  • 現場費用(ロケ地費用、小道具、弁当など) 約15万円


このように、セリフなしの映画出演権(3万円)には13人が支援しており、セリフありの映画出演権(5万円)には10人が支援をしています。

つまりこの映画の出演者のほとんどは、自分を売りたいと思って自らお金を払って出演している俳優未経験の方たちであることが分かります。そうなると出演をお願いした俳優さんはいしだ壱成さんを含め何人いて、キャスティング費15万円の振り分けはどうなるのかという感じですが、いずれにしてもいしだ壱成さんの映画一本の出演料は数万円ということになるのでしょうか…。

1990年代には「ひとつ屋根の下」「未成年」「聖者の行進」など数々の人気ドラマに出演していたいしだ壱成さんですが、そのころのギャラがもらえるようになるまでにはまだもう少し時間がかかりそうです。

RELATED POST