知床観光船

鈴木智也さん(北海道北見市)「珍走団バイクで爆音かますDQN」知床観光船被害者

suzukitomoya

北海道・知床沖、観光船「KAZUⅠ(カズワン)」浸水事故の被害者の一人は、北海道北見市の鈴木智也(すずきともや)さん(22)です。

鈴木智也さんは28日に知床半島の東側の海上で発見されました。

【関連記事】

加藤七菜子ちゃん(東京都葛飾区)「小柄なかわいらしい年少さん」知床観光船被害者

知床観光船の救命胴衣は「チョッキ型の腕を通すだけのもの」

知床遊覧船がブラックな理由「船長は日給8000円のアルバイトで寮費と食事代は自己負担」

小山昇は元”犯罪者”「桂田精一に悪天候出航を指示していた」

河口洋介さん(香川県丸亀市)「坂出市役所の生活環境課」知床観光船被害者

橳島優さん(千葉県松戸市)「筑波大卒JR貨物勤務」知床観光船被害者

小池駿介さん(福島県会津若松市)「会津の経済界を支える人」知床観光船被害者

林善也さん(佐賀県有田町)「不動産会社会長」知床観光船被害者

加藤直幹さん(東京都葛飾区)「IT企業のエンジニア」知床観光船被害者

鈴木智也さん(北海道北見市)「珍走団バイクで爆音かますDQN」

鈴木智也さんの通夜は、1日に実家のある帯広市で営まれました。

会場には、小さい頃の智也さんの写真や、好きだったというバイクや車の写真が飾られていました。

そこで多くの反応があったのが、こちらの「バイク」の写真です。

どうみても珍走団 いっちょあがり

<珍走団>

珍走団とは、騒音を出しながら走る車・バイクの集団のこと。

日本語俗語辞書

一番右のバイク流石にハンドル長すぎwww


確かに…。

珍走仕様のバイクやなー
ロケットカウルに直管マフラー

マフラーのパイプが消音器の前で完全に途切れてるじゃん
排気音はどうなると思う?

写真を一目見て分かるように、鈴木智也さんのこれらの愛用バイクは爆音が出るように改造されたものでした。

あの珍走バイクみたら同情する気失せるわ
散々回りに迷惑かけて生きてきたのだろうな

このバイクを見たら、「散々回りに迷惑かけて生きてきた」のはお見通しです。このコメントにあるように、「がっかりした」といった声は非常に多く見られました。

また、鈴木智也さんの愛車は黒のトヨタ・ハリアーでした。

珍走団バイクで爆音鳴らして、金は無いけどモテたい中古の型落ち激安ハリアーか。地方郊外の典型的DQN若者よな。

珍走くんかあw
この写真は出さんほうが良かったな

確かにこのような普通ではないバイクの写真を出せば、匿名掲示板で言いたい放題言われることは容易に想像ができます。親族はただ、智也さんはバイクが好きな青年だったんだと、こうやって今まで人生楽しんで生きていたんだとみなさんに伝えたかっただけだと思いますが、それを全て世間に知らしめるメディアは間違っているようにも思いました。

「この写真は出さんほうが良かった」管理人も同意見です。


鈴木智也さん(北海道北見市)「文化シヤッター勤務」


https://kachimai.jp/article/index.php?no=202243011028

十勝毎日新聞電子版のおくやみ速報に鈴木智也さんが掲載されていました。

 鈴木智也さん見つかったのは、知床岬灯台から南南東へ約23.9キロです。4月28日午後4時30分ごろ救助され、同日午後6時11分に死亡が確認されました。

北海道ニュースUHB

お悔やみの年齢は数え年で、亡くなられた日付と時間が報道と一致しているので、記事に掲載されているのは観光船で亡くなられた鈴木智也さんで間違いありません。

鈴木智也さんは「文化シャッタ―」に勤務していました。

文化シヤッター、シャッター、アルミニウム建材を取り扱う総合建材メーカー。三和シヤッター工業に次ぐ業界第2位。

ウィキペディア

文化シャッタ―株式会社は売上高1,700億円以上、従業員数約4,800人を誇る大企業です。

近所に元珍走?の奴がいて散々迷惑させられてたけど
3月から実家出て住み込み就職だかなんかしてから静かになったと思いきや
週末ごとに帰ってきて朝チェーンソーみたいな音を庭で出しててほんと糞

鈴木智也さんは帯広市の実家を出て、今年の3月から住み込み就職していたとの情報もありました。彼女との結婚を真剣に考えて、頑張って大企業に就職したのでしょうか…。22歳で結婚は早いという声も多くありましたが、これだけの大企業であれば将来も安泰でしょう。

そんな矢先にこんな有り得ない事故に…。本当にいたたまれない気持ちです。

追記:

親族によりますと、鈴木智也さんは今年1月に北見市に転勤となり、交際相手の女性と同居するために、家具などをそろえ始めていたということです。

北海道放送

鈴木智也さんは今年1月に北見市の営業所に転勤しており、文化シャッターにはそれよりも以前に就職していたことが分かりました。


鈴木智也さん(北海道北見市)「”ナルシスト”手紙の返事は自分の誕生日に…」

鈴木智也さんは大好きな彼女と観光船に乗っていました。事故に遭った4月23日は、彼女の誕生日だったといいます。

誕生日おめでとう
今日でゆっちと出会って308日が経ちました。
最初は本当に顔が小さくて可愛いな~って
いい子だなって、それが今や彼女なんだよ!!!
凄くない?本当に運命感じたし、こんなに気が
合う彼女って他に居ないよ。
喧嘩だって無いし。本当にハタチか?ってくらい
大人だよ。ととをここまで支えてくれて、好きで
居てくれてありがとう。
そして、ずっとずっと大好きです。
周りにどう思われたって2人で乗り越えていくっ
て決めたし、環境が変わっても俺が守るって
ゆっちは俺が大切にするって誓ったから。
これからも一生一緒についてきてください。
産まれてきてありがとう。愛しています。
嫁になってくれますか?7月7日に返事待ってます。
byとと 2022.4.23

智也さんの車に残されてたという彼女への手紙です。

結婚の返事がなんで三ヶ月先なんやろ

これはみんなが疑問に思ったことだと思います。

自分の誕生日やったらしい

どうやら7月7日は智也さんの誕生日ということでした。

7/7は自分の誕生日ってめっちゃナルシストやろ

次に迎える自分の誕生日には、彼女からの”はい”の返事という最高のプレゼントをもらいたい。智也さんにはこのような思いがあったのでしょう。だから敢えて7月7日と指定した…確かに智也さんはナルシストなところがあるのかも知れませんね。

世界で最も普遍的な幸せの象徴である笑顔と、そのジェスチャーがもたらすつながりを表現するという、彼女へのプレゼント「ティファニー T スマイルペンダント」は手紙と共に残されたままでした。

親族はこんなにも愛し合っていた2人の事を思い、2人の婚姻届けを北見市役所に提出したといいますが、受理されることはありませんでした。親族も市の職員さんも、さぞかしお辛い気持ちだったことでしょう…。


鈴木智也さん(北海道北見市)「いとこが激怒『カニの餌になってるべ』」

自分と同じ歳の従兄弟が乗ってて、
彼女の誕生日での出来事で、色々混乱してます。
情報をいち早く欲しいです、
協力よろしくお願いします。

鈴木智也さんの”いとこ”と名乗る方が、事故当初からツイッターで情報提供を呼び掛けていました。

人間て結局自分の事とか自分の周りで起きた事じゃな
いと他人事で物事言えるんだよな、
たまたま元請けの偉い奴が話しててさ、
それを黙って聞いていれば、知床のニュースの人たちは
みんなカニの餌になってるべってよ、こんなに近くに
被害者の遺族がいるってのに、舐めてるよな
殴ってやろうかと思うよ。

これは衝撃的な事実です。”元請けの偉い奴”が、「被害者の方たちはみんなカニの餌になってる」と発言していたというのです。メディアはいらない情報ばかりを報道していないで、こういう隠された公にすべき真実を今すぐ報道すべきではないでしょうか。本当にこれは酷い。人の命を何だと思っているのか。あまりにも酷すぎます。

いとこが無事に上がり、今日通夜になりました。
今まで本当にありがとう
そしてゆっくり上で彼女と幸せに居てくれよ!
俺らもそのうちそっち行った時は迎え頼むからな
これからが戦いだ、桂田許さんからな。

鈴木智也さんのいとこは、知床遊覧船の桂田精一社長に対しても怒りをあらわにしていました。


鈴木智也さん(北海道北見市)「父親や友人のコメント」

記者:「息子さまはどの様な存在でしたか」

鈴木智也さんの父親:「親友であり友達です。」

記者:「ご遺体が見つかってから今日まではというのはどのようにお過ごし…」

鈴木智也さんの父親:「本当につらかったです。一日も早く帰って来てほしいと。ほんと悔しいです。残念です。本当に残念でまだこれからの長い人生を奪われたと思うと言葉になりません…」

「本来なら2人で見つかってほしいんですが、先に見つかってしまったので本当に残念で悔しくて。一緒に連れて帰ってやりたかったという気持ちでいっぱいです。」

「最後(智也さんの)車を回収をするときに本人の(彼女宛ての)手紙が出てきたんです。つらくて読めなかったです…」

 

会場には家族が智也さんのために新しく用意したダウンジャケットも飾られていました。

鈴木智也さんの父親:「冷たい水に浸かっていたので、とにかくあったかい服を着させてあげたいと思って用意しました」

鈴木智也さんの同級生:「自分は仲良かったんですけど…リーダーシップあってすごく面白くて人気者でした。この事件の前に、GW中に一緒に焼肉しようねと連絡取り合った仲でした」

「周りも結婚している人も結構いたので(智也さんも)俺もそろそろかな、と。そんな連絡はしていました。(2人は)お似合いだなってすごい幸せそうだと思っていました。」

鈴木さんから、知床で恋人にプロポーズすると聞いていた親友は…

「事故の前の日に、最後の通話で声を聞くことができました。おつかれさんって…。ありがとうって…」

友人も多く、家族からも愛されていた鈴木智也さん。大好きな彼女と結婚して、これからどんなに明るく楽しい未来が待っていた事だろうと思うと本当に涙が止まりません…。どうかまだ見つかっていない彼女が一日も早く智也さんの元に戻られますように…。智也さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

RELATED POST