ニュース・事件

高橋沙耶香フェイスブック顔画像「かわいい顔の早稲田新聞部」読売新聞記者が窃盗

takahashisayaka_facebook

読売新聞北海道支社記者の高橋沙耶香(たかはしさやか)容疑者(24)は、札幌市内の書店で漫画「明日、私は誰かのカノジョ」1冊を盗んだとして逮捕されました。

高橋さやか容疑者の顔画像を特定するため早速facebook(フェイスブック)を調べました。

高橋沙耶香フェイスブック顔画像「かわいい顔の早稲田新聞部」

名前:高橋沙耶香(たかはしさやか)
年齢:24歳
住所:札幌市中央区大通西23
職業:読売新聞北海道支社記者
容疑:窃盗

facebookで「高橋沙耶香」を検索します。

すると全部で38のフェイスブックアカウントがヒットしました。早速高橋沙耶香容疑者の年齢や住所、職業などの情報から特定を試みましたが、高橋沙耶香容疑者のものと断定できるアカウントは見つかりませんでした。

中には「高橋沙耶香」と名前のみを登録しているアカウントも多く、高橋沙耶香容疑者もそういったアカウントの可能性もあります。

また北海道在住アカウントは3つ見つかりましたが、いずれも高橋沙耶香容疑者の住む”札幌市”ではありませんでした。高橋沙耶香容疑者が北海道の出身で、以前に住んでいた土地の名前で登録していたとしたらこの3つの中の1つが高橋沙耶香容疑者のアカウントである可能性もありますが、それ以上の確証は得られない為掲載は控えさせていただきます。

絶対可愛いよこの子
プロの俺が保証する
絶対に可愛い

某匿名掲示板にこのような書き込みを発見しました。この書き込みの主がいったい何のプロで何の根拠があって言っているのかは不明ですが、高橋沙耶香容疑者は”絶対に可愛い”そうです。

和世陀の新聞部OBは糞だな

また他にも高橋沙耶香容疑者の知り合いと思われる人物の書き込みもありました。信憑性については分かりませんが、高橋容疑者はどうやら早稲田大学の新聞部に所属していたようです。

早稲田大学出身の女優やアナウンサーといえば、広末涼子さんや市川紗椰さん、皆藤愛子アナや岡副麻希アナ、宮澤智アナ、滝菜月アナなど多くの美人がいます。高橋沙耶香容疑者も美人、可愛い、というのは一理あるのかもしれません。

高橋沙耶香容疑者の顔画像については引き続き調査を進めます。


高橋沙耶香インスタ

次にインスタグラムで「高橋沙耶香」を検索します。するとローマ字表記等を含め多くのアカウントがヒットしました。ここから1件1件を調査しましたが、高橋沙耶香容疑者のInstagramアカウント特定には至りませんでした。

高橋沙耶香容疑者は新聞記者という立場の為、自分の写真を掲載するなど容易に個人情報を特定できるようなことはそもそもやっていない可能性も高いです。


高橋沙耶香ツイッター

さらにツイッターでも「高橋沙耶香」を調査します。すると全部で17件のtwitterアカウントがヒットしましたが、こちらもフェイスブックやインスタ同様、高橋沙耶香容疑者のアカウント特定には至りませんでした。

新聞記者の立場上、高橋沙耶香容疑者は情報収集の為ツイッターを利用していることは確かでしょう。上記アカウントのように名前のみを登録して、もしくはニックネームで登録して閲覧用として利用しているのかもしれません。


高橋沙耶香窃盗マンガは「明日、私は誰かのカノジョ」

 事件のあった書店では以前も盗難があり、店員が防犯カメラを見ていたところ、女が漫画「明日、私は誰かのカノジョ」1冊を手にし、会計をせずに店を出たため、店員が取り押さえ警察に通報したということです。

HTB北海道ニュース

高橋沙耶香容疑者が盗んだマンガは「明日、私は誰かのカノジョ」1冊(販売価格880円)です。

明日、私は誰かのカノジョ(あしたわたしはだれかのカノジョ)は、をのひなおによる日本の漫画作品。『サイコミ』(Cygames)にて、2019年5月3日から毎週金曜日更新で連載されている。略称は「明日カノ」。

悩みやコンプレックスを抱えたいろいろな女性に焦点を当て、章ごとに異なるヒロインが描かれるオムニバス形式で展開されるストーリー。2022年3月時点で単行本の累計発行部数は300万部を突破している。

ウィキペディア

作者「をのひなお」さんのツイッターフォロワーは10.5万人にのぼります。人気さが窺えます。

無料マンガ配信サービス「サイコミ」では現在、「明日、私は誰かのカノジョ」は全話無料で読むことが出来ます。


また「明日、私は誰かのカノジョ」の実写版ドラマが現在毎週火曜日放送中で、女優の吉川愛さんや宇垣美里さんらが主演を務めています。

ドラマについてもTverにて無料配信中です。

高橋沙耶香容疑者はいったいなぜこの漫画1冊を盗んでしまったのでしょうか。マンガもドラマも無料で視聴できるのに…。


高橋沙耶香窃盗した書店住所は「札幌市中央区北1西24」

高橋沙耶香容疑者がマンガ「明日、私は誰かのカノジョ」を盗んだ書店の住所は「札幌市中央区北1西24」で、”商業施設”と報道されています。

地図の情報からすると、”商業施設”は「東光ストア円山店」で間違いないでしょう。ちなみに「東光ストア円山店」には「大垣書店」がテナントとして入っています。

大垣書店 東光ストア円山店
住所:〒064-0821 北海道札幌市中央区北1条西24丁目4-1 東光ストア円山店2F

午後9時頃に漫画”明日カノ”を盗んだとされる高橋沙耶香容疑者。「大垣書店 東光ストア円山店」のまさに閉店時刻でした。

犯行日の18日は土曜日で、仕事が休みだった高橋容疑者は家で”明日カノ”のドラマをお酒でも飲みながら観ていたのでしょうか。そして急に原作が読みたくなり、書店に足を運んだ。漫画を1冊手に取ったところで思わず閉店の音楽が鳴り、酒に酔っていた高橋容疑者はそのまま会計するのを忘れて店を出てしまった…。

そんなことも考えられますが、高橋沙耶香容疑者は警察に対ししっかり容疑を認めているというので、故意に盗んだことは間違いありません。


高橋沙耶香は「クレプトマニア」

はずかしいなら通販でいくらでも買えるわけだし高額商品でもないし単に万引き癖だったんだろ

クレプトマニア(くれぷとまにあ)とは、窃盗を行う緊張感と、窃盗後の解放感からくる精神的な起伏を好み、窃盗を繰り返してしまう精神障害の1種です。利益目的の窃盗(万引き)とはことなり、窃盗癖ともよばれています。
https://keiji-pro.com/columns/41/

お金がない訳でもないのに万引きを繰り返してしまう事を「クレプトマニア」といいます。読売新聞という大手で正社員として働いていた高橋沙耶香容疑者はもちろんそれなりの給料をもらっている訳で、代金の支払いが出来ないから漫画を盗んだとは非常に考えにくいです。

そのためネット上では高橋沙耶香容疑者は「クレプトマニア」なのではという声が多く上がっていました。クレプトマニアは常習性があります。警察も余罪があるとみて調べているということで、また続報があれば追記していきます。


高橋沙耶香は「転売ヤー」

500円ぐらいじゃないの?
こんなので人生棒に振るとか意味わからん

けどメルカリ見てたら明らかにこれ盗品じゃねみたいなのもいるから相当やばいことやってんのかもな

高橋沙耶香容疑者は新品のマンガを盗んでフリマアプリで売っていたのではないか、という意見もありました。

フリマプリ”メルカリ”で新品未使用にチェックを入れて「明日、私は誰かのカノジョ」を検索すると、確かに多くの商品が出品されていました。

商品の説明欄には「既に持っていたのですが間違えて再購入してしまったので出品します。」というようなことを書いている出品者もいます。「え?そんなことある?」と思ってしまいますが…。

高橋沙耶香容疑者は新聞記者としての給料に満足できず、もしくは何か買いたいものがあって、このようにお小遣い稼ぎをしていたのでしょうか。


高橋沙耶香会社は「読売新聞北海道支社」

高橋沙耶香容疑者が務める会社は、「読売新聞北海道支社」です。高橋容疑者は2021年に入社し、警察取材を担当しています。読売新聞オンラインで「高橋沙耶香」と検索すると、高橋容疑者が書いた記事が見つかりました。

知床遊覧船のKAZU1についての記事です。まだ入社して間もない高橋容疑者ですが、こうして大きなニュースの記事を書き公開されているという事は非常に優秀な人物で会社からも期待されていたのではないかと想像できます。

まだまだこれからというところで、たった1冊の漫画を盗んだだけで逮捕され、名前や住所、会社名などを世間に晒されてしまって本当にもったいないです。

しかし一方で、高橋沙耶香容疑者は会社が嫌で嫌で辞めたいけどどうしても辞めさせてくれなくて、いっそ万引きでもして捕まってクビにしてくれとやけくそだった、なんてことも考えられますね。今頃清々しているのかもしれません。

高橋沙耶香容疑者の動機が非常に気になるところです。


高橋沙耶香住所は「札幌市中央区大通西23」

高橋沙耶香容疑者の自宅住所は「北海道札幌市中央区大通西23」です。

ご覧の通り高橋沙耶香容疑者が漫画を盗んだであろう書店の入る「東光ストア円山店」は目と鼻の先です。高橋容疑者は普段からこの店をよく利用していて、「大垣書店」にも何度も行ったことがあったのでしょう。

閉店間際には店員さんも少なく閉店作業で忙しかったりすることを事前に知っていて、その目を盗んで漫画を外に持ち出すことも前から計画済みだったのかもしれません。また同じ手口で他に何冊も盗んでいて、今までバレていなかったという可能性もあります。

読売新聞グループ本社は「社員が逮捕されたことを重く受け止めます。事実を確認して適切に対応します」とコメントしています。


読売新聞北海道支社の記者が窃盗で逮捕 事件概要

 札幌市の書店でマンガ本1冊を盗んだとして、読売新聞北海道支社の24歳の記者が6月18日、現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは、読売新聞北海道支社の記者、高橋沙耶香容疑者(24)です。

北海道ニュース

<事件概要>

  • 日時は2022年6月18日
  • 場所は札幌市中央区の商業施設に入る書店
  • 高橋沙耶香容疑者(24)は、漫画本(「明日、私は誰かのカノジョ」)1冊を盗んだとして、窃盗の疑いで現行犯逮捕された。
  • 高橋容疑者は書棚からマンガ本1冊を手に取ってカバンに入れ、会計をせずに店を出たため店員が取り押さえようとしたところ、抵抗して逃げようとしたという
  • 書店では以前にも万引き被害があり、警戒していた
  • 高橋容疑者は読売新聞北海道支社に2021年に入社し警察取材を担当している
  • 高橋容疑者は容疑を認めているという
  • 読売新聞グループ本社広報部は「社員が逮捕されたことを重く受け止めます。事実を確認して適切に対応します」とコメントした



高橋沙耶香のfacebookや顔画像

書店の店員が取り押さえようとしたところ抵抗し、逃げようとしたという高橋沙耶香容疑者。この瞬間に新聞記者という自分の立場が頭を過り、逮捕されれば自分の名前が大きく報じられるということを恐れたのでしょうか。

今後高橋沙耶香容疑者の顔写真が報じられるようなことがあり、フェイスブックが特定できた際にはまた追記します。


追記:知床コンビニでも食料品窃盗

 札幌の書店で漫画を盗んだ疑いで逮捕された読売新聞の記者が、4月、取材のため滞在していた知床半島の斜里町のコンビニエンスストアでも、食料品を盗んだ疑いで再逮捕されました。

HBC北海道放送

4月28日午後9時頃、高橋沙耶香容疑者は取材の為滞在していた知床半島斜里町のコンビニ(セイコーマート・ウトロ店)で弁当や菓子など食料品9店(2657円相当)を万引きしていたとして再逮捕されました。持参した袋にいれて盗んだという事です。

取り調べに対し高橋容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。高橋沙耶香容疑者は18日に漫画1冊を盗んで逮捕されていましたが、22日に処分保留で釈放されていました。

RELATED POST