安倍元首相銃撃事件

統一教会(現家庭連合)の悪質洗脳法が判明「借金までさせる」山上徹也母親入信

touitsukyoukai

安倍晋三元総理大臣を銃撃した山上徹也(やまがみてつや)容疑者(41)の母親は宗教団体・世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者でした。家庭連合においては献金被害で破産するトラブルが相次いでいるといいます。

昨年9月に安倍元首相は、統一教会創始者・文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の妻、韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁が開いた集会に祝電(ビデオメッセージ)を送っていました。

【関連記事】

【画像】山上徹也の押収銃”ブランダーバス”がやばい「ゲームか映画の画像かと…」

安倍晋三元首相銃撃事件はフェイクテロ「血糊発射ボタンが機能せず」

安倍元首相奈良演説の聴衆は統一教会動員の”サクラ”だった「犯人は複数か」

統一教会二世の告発「ノンフィクションです」Twitter炎上

片田珠美は統一教会関係者!「”歪んだ特権意識”で教団擁護」NHK

統一教会(現家庭連合)の悪質洗脳法が判明「借金までさせる」

山上容疑者は「私がしたことに間違いない」と容疑を認めていて、犯行動機については「特定の団体に恨みがあり、安倍元総理がその団体とつながっていると思い込んで犯行に及んだ」と供述したことが明らかになっています。

テレ朝news

「山上君の母親と父親(後に死亡)の折り合いは、もともと悪かったんです。お母さんは、いつしか統一教会に入信して熱心に信仰するようになった。奈良の統一教会に頻繁に出かけて、とても熱心でした。どうも何日も家を空けるようなこともあり、霊感商法のようなことにもかかわっていたそうです。『いくらお金があっても足りない』『韓国にも行きたい』と言って、家を顧みない感じでした」(山上容疑者母親の知人)

山上徹也容疑者の母親は宗教団体・統一教会の信者で、多額の寄付をしていました。そのせいで山上容疑者の家は破産に追い込まれ、家庭はめちゃくちゃに…。それ以来山上容疑者は統一教会に強烈な恨みを持っていました。

山上容疑者の母親はいったいどうしてそこまでの大金を団体につぎ込んでしまったのでしょうか。調べると統一教会の驚くべき悪質洗脳方法が分かってきました。

「統一協会は宗教の名をかりてさまざまな反社会的な行動をとっている団体でございますけれども、特に青年たちあるいは主婦層をターゲットに、大変システマチックな心の操縦法というものをうまく使いまして、いわゆるマインドコントロールをしていく。」

「最初は正体を隠してさまざまな形で勧誘をやるわけですね。例えば、この前の新潟の花火大会なんかにも出かけてきて、あめを配りながらビラをまいて、遊びに来いというような形でそこから連れ込んで、ビデオを見せたりいろいろなサービスを与えて引き込んでいくわけですが、次第に今までの考え方を否定していく、常識というものを全部壊していく。だんだん自信がなくなって心が真っ白になっていく。その段階で教義のようなものをがんがんと注入していくわけです。そしてある段階まで来ると、これを集団的に隔離して、完全にもう自分の判断で物を考えることができないような、そういう頭の構造につくり変えてしまう。そして外界の情報を完全に遮断して、それから珍味売りだとか、知られている霊感商法だとか、こうしたことに無賃労働者として使っていく、こういうことをやっております。」

平成10年9月22日 第143回国会参議院法務委員会議事録

この統一教会は、高麗人参を健康改善の効能を謳って販売していましたが、薬事法にひっかかり販売に行き詰ります。また、韓国にある統一教会系企業から輸入していた壷も美術品として販売していましたが売り上げが伸びずに困っていました。

そこで、「高麗人参により汚れた血を清めることができる」「壷は霊界を解放するためのもの」とセールストークを変えて販売するようにしたところ、商品が瞬く間に売れるようになり、最も多い年では163億円もの売り上げがありました。

この霊感商法の手口はこうです。勧誘する信者が、手相占いや姓名判断でターゲットに接近し、その後、霊能力者を装った信者のもとにターゲットを連れていきます。勧誘員である信者は、霊能力者役の信者をべた褒めして持ち上げ、ターゲットに優れた霊能者と思い込ませます。そして、霊能者役の信者がターゲットから聞き取った不幸話を先祖の因縁と結びつけ、「先祖が苦しんでいる。このままではあなたも不幸になる」といったおきまりの台詞で不安を煽り、「そうなりたくなければ、壷や多宝塔を買いなさい」と迫るのです。

https://wakailaw.com/sagi/572

「最近の家庭連合は『霊感商法』のトラブルが減り、被害相談のほとんどは「献金」をめぐるものだ」

「『あなたの先祖が苦しんでいる。良い行い、つまり家庭連合への献金をすることで先祖を救うことができる』と説明して献金を求める。『すべての財産は家庭連合のもの。すべて差し出しなさい』と要求し、さらに借金までさせることもある。」

「この結果、借金を返せずに自己破産するケースが相次いでいる。去年の相談は47件、3億3200万円にのぼるが、ほどんどは献金をめぐるトラブルだ」

情報番組「ゴゴスマ」より

統一教会はこのように非常に悪質な手口で信者をマインドコントロールし、財産をむさぼり取るといいます。しかも借金までさせて信者の家庭を崩壊させることも分かりました。

私の旦那の親は20年以上前に統一協会にハマり献金たくさんして借金までして退職金をあてたらしい。義父は大手のサラリーマンだったが実家はボロアパート、洗濯機も壊れても買えない状況。

私の叔母もやられた。じいさんの葬式の後、僅かな遺産を余分に取ろうとする。何に使うのかと聞くと統一協会に寄付をするのだという。呆れ返る親族に縁を切ってもいいから頂戴と迫る…私は絶対に忘れない。

借金地獄で死のうとしていたんですが、橋下さんがTVで借金はなんとかなります、と言っていたので、思いとどまり弁護士さんの所にいって解決しました。一度お礼が言いたかったんです。ありがとうございます。ちなみに統一協会に借金させられたんです。

ツイッターを見ると、統一教会による生々しい被害が多数報告されています。

霊感商法などで1987年から2019年までに1224億円余りもの被害を生んだとされる統一教会。その悪名をごまかすためか、2015年に世界平和統一家庭連合(家庭連合)に改名し、2019年も被害額は11億円にのぼっています。
https://www.mag2.com/p/news/538254/amp

2019年には被害額11億…。統一教会にお金をむさぼり取られ、借金までさせられて家庭崩壊したというのは山上徹也容疑者だけではありません。


統一教会(現家庭連合)を日本に持ち込んだのは「安倍の祖父」


※統一教会の創始者・文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁と握手を交わす岸信介氏(安倍晋三元総理の祖父)

「日本の安倍晋三総理の祖父であり、自民党内の極右派だった岸信介前首相は1970年4月に統一教会を訪問した。以降、岸信介は自民党内で統一教を政治勢力化し、勝共連合を自民党の政治的目的に利用することとなった」

「勝共連合」とは統一教会(つまり文氏)が1968年に設立した社会団体。国内外で共産主義に勝つための研究・研修・運動を繰り広げた。つまりは反共主義の最前線に立つ韓国にある本部の教えを基に、他国でも「動ける集団」を作ったということ。韓国国内では時の朴正煕政権の支援も受けていた。教団側は教義と反共を結びつけるという動きも見せた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20220711-00304878

 

安倍首相と統一教会は切ってもきれない親密な関係だ。安倍首相の祖父・岸信介が国際勝共連合設立に関与していたことは有名な話だし、安倍首相自身も官房長官時代の2006年、統一教会系の「天宙平和連合」の合同結婚を兼ねた集会に祝電を送るなど、統一教会への関与がしばしば取りざたされてきた。

エキサイトニュース

統一教会は文鮮明によって、1954年に韓国で創設されました。その統一教会を日本に持ち込んだのは安倍元総理の祖父である岸信介氏だといわれています。その関係から安倍元総理自身の統一教会への関与がこれまで何度も明らかにされてきました。

旧統一教会系月刊誌「世界思想」では、安倍元首相が何度も表紙を飾っています。

統一教会主催の「合同結婚式」に祝電を送っていたことも過去に報道されていました。

 旧統一協会(家庭連合に改称)による違法な伝道や霊感商法被害の救済に取り組んでいる全国霊感商法対策弁護士連絡会(事務局長・山口広弁護士)は27日、記者会見を開き、全国会議員に対して旧統一協会と関係をもたないことを求める要望書を送付することを明らかにしました。

山口弁護士は「私たちは旧統一協会と政治家の関係を警戒しています。安倍晋三首相が旧統一協会と親和的なことから、集会に参加する議員が増えている」としたうえ、「旧統一協会は反社会的行為を組織的に行ってきた団体であり、今もそれを続けています。政治家が関係を持つことは違法活動にお墨付きを与え、反社会的活動の是正が困難になります」と強調しました。

しんぶん赤旗

安倍晋三元総理と統一教会のこのような関係性から、統一教会に人生を奪われたといっても過言ではない山上徹也容疑者は、一方的に安倍祖元総理への恨み憎しみを募らせたのでしょう。


世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に安倍元総理「敬意を表します」

統一教会教祖・文鮮明は日本に入国出来ない犯罪者だった。自民党が特別許可を出して入国。
文鮮明と安倍元首相の祖父は国際勝共連合を作り今でも自民党支持団体。
霊感商法の被害者が増えてもカルト認定せずに被害者救済から目を背け、2022年に統一教会の開合に出演する安倍氏

安倍晋三元総理は、天宙平和連合(UPF)が2021年9月12日に韓国の会場とオンラインで開いた集会「シンクタンク2022 希望前進大会」で演説をしていました。UPFとは、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)創設者の韓鶴子総裁が2005年にニューヨークで創設したNGOです。

「ご出席のみなさま、日本国前内閣総理大臣の安倍晋三です。UPFの主催のもと、より良い世界実現のための対話と諸問題の平和的解決のために、およそ150か国の国家首脳、国会議員、宗教指導者が集う希望前進大会で世界平和を共にけん引してきた盟友のトランプ大統領とともに、演説機会をいただいたことを光栄に思います。」

「特に、この度出帆したThinktank2022の果たす役割は大きなものであると期待しております。今日に至るまで、UPFとともに世界各地の紛争の解決、とりわけ朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁をはじめ、皆様に敬意を表します。」

「UPFの平和ビジョンにおいて家庭の価値を強調する点を高く評価いたします。世界人権宣言にあるように、家庭は社会の自然かつ基礎的集団単位としての普遍的価値を持っております。偏った価値観を社会革命運動として展開する動きに警戒しましょう。」

「いつの時代も理想に向かう情熱が歴史を動かしてきました。理想の前には常に壁があります。よって、戦いがあるのです。情熱を持って戦う人が歴史を動かしてきました。自由と民主主義を共有する国々の団結、台湾海峡の平和と安定の維持、そして朝鮮半島の平和的統一の実現を成し遂げるためには、とてつもない情熱を持った人々によるリーダーシップが必要です。この希望前進大会が大きな力を与えてくれると確信いたします。」

全国霊感商法対策弁護士連絡会は、旧統一教会による正体を隠して行う違法伝道や霊感商法被害、高額な献金の被害の救済に取り組んでおり、すべての国会議員に対して旧統一教会関連のイベント等に参加や賛同をしないことを求めています。

よって、統一教会創設者の文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の妻、韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁が開いたこの集会に安倍元首相がビデオメッセージで祝電を送ったことは不適切だと問題視されていました。


安倍元総理の元首席秘書官・井上義行氏が統一協会のイベントに参加していた

安倍晋三の元主席秘書官を務めた井上義行参院議員が今月24日、オンライン開催された統一教会の「世界平和連合青年フォーラム」で学生信者に向けたトークセッションをしていたことが判明

井上義行氏は2000年7月に、安倍晋三内閣官房副長官の秘書官となり、2005年10月に、安倍晋三内閣官房長官の秘書官となりました。2006年9月に、安倍氏が内閣総理大臣に就任すると、内閣総理大臣秘書官となります。2007年9月に、内閣総辞職に伴い総理大臣秘書官を退任しました。

2013年の参院選で「みんなの党」(当時)から比例区で出馬し初当選。同党の解党後、参院会派「自由民主党」に所属し、前回(19年)の参院選では比例区で出馬し、落選していました。

そしてこの度、参議院議員選挙の比例代表に自由民主党から立候補していた井上義行氏が、当選したことが明らかになっています。

井上よしゆき氏と安倍元総理、統一教会との関係性については今後も波紋が広がりそうです。


世界平和統一家庭連合の田中富広会長が会見

田中富広(たなかとみひろ)会長

生年月日:1956年3月4日
年齢:66歳
出身:北海道北広島市
学歴:北海道学園大学工学部建築学科卒業

1976年 2月12日 統一教会に入教
1978年 4月~1982年9月   全国大学原理研究会(CARP)支部長
1982年10月~1989年9月  国際基督教学生協会(ICSA)幹事
1989年10月~1997年9月  調布教会教会長
1997年10月~2001年3月  統一教会 青学部長
2001年 4月~2013年8月  世界平和青年連合(YFWP)事務総長
2013年8月30日      統一教会 青年学生局長
2015年1月 5日         統一教会 副会長
2020年10月13日     世界平和統一家庭連合 第14代会長に就任

世界平和統一家庭連合の田中富広会長が11日に会見を行いました。

「山上徹也容疑者の母親は当法人の教会員であり、これまでも1カ月に1回程度の頻度で、教会の行事に参加してまいりました。このご家庭が破綻された諸事情は、私どもも把握しておりません。ただ、破綻されていたことは知っております。その後、このご家庭に高額献金を要求したかどうかの事実は、記録上一切残っておりません」

「(Q.安倍元総理とはどのような関係か?)私たちの“友好団体”が主催する行事に、安倍元総理がメッセージ等を送られたことはございます。ただ『家庭連合』の会員として登録されたこともありませんし、顧問にもなったことはございません。なぜ安倍元総理と当法人がつながっているとみたかですが、臆測ですが、当法人と友好団体の区別がついていなかったのではないか。どちらも創設者が一緒なので、すべてが同じに見えていたのかなと」

会見の内容を要約すると、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は安倍元総理とは関係ない。献金に関してもやましいことは何もない。ということでした。

真実を知りたい日本国民が納得できるような内容では到底ありませんでしたが、いずれにしても家庭連合側は山上徹也容疑者の蛮行についてあってはならないことだとし、警察の捜査には全面協力するとしています。

RELATED POST