気になる情報

詩羽(うたは)[水曜日のカンパネラ]歌声!講談社主催「ミスiD」受賞歴も

2021年9月6日、水曜日のカンパネラから、主演・歌唱担当のコムアイさんが脱退することが発表されました。

またそれと同時に、二代目水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当として、詩羽(うたは)さんが加入したことも分かりました。

彗星のごとく現れた新ボーカル。

今回は詩羽さんに注目し、素性を追っていきます。

 

詩羽(うたは)[水曜日のカンパネラ]歌声!

水曜日のカンパネラのコムアイさんが脱退し、代わりに詩羽さんが加入したことを受け、6日21時からは2人のInstagramアカウントからインスタライブが配信されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

視聴者から次々と質問が送られてくる中で特に目立っていたのが、
「詩羽さんは今日は歌わないんですか?」
という質問。

突如現れ大役を任されたうえに、あの天才と言われるボーカリスト・コムアイさんの代わりともなれば、やはり歌声は気になるところですよね。

そこで早速、詩羽さんが歌っている映像がどこかにないか探してみました。

 

すると…

ありました!!

こちらの映像をご覧ください!!

 

インスタライブを見ていて、「すごくかわいい声してるなー」と思っていましたが、歌声は上手いのはもちろんのこと、とても大人っぽくて芯がある、そんな印象を受けました。

コムアイさんの歌声は楽曲に彩りや深み、軽やかさを加える、そんな圧倒的ボーカリストですが、この透き通るような詩羽さんの歌声が今後どのように水曜日のカンパネラの楽曲に乗せてくるのか、とても楽しみですね。

 

講談社主催「ミスiD」受賞歴も

Miss iDとは

新しい時代をサバイブする多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディション

2012年にスタートしたミスiD。「iD」は「アイドル」と「アイデンティティ」。そして「i(私)」と「Diversity(多様性)」。

ルックス重視のミスコンとは異なり、ルックスやジャンルに捉われず、新しい時代をサバイブしていく多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディションであり、生きづらい女の子たちの新しい居場所になることを目標とするプロジェクトです。

第1回「ミスiD2013」では、モデル・女優として活躍中の玉城ティナを発掘、「2014」では原石・蒼波純、 「2015」では現在LADYBABYで活動中の金子理江と天才クリエイター水野しずをWグランプリで輩出。ほかにも、神スイング・稲村亜美、ラップユニットchelmicoのレイチェル、モテクリエイターとして大ブレイク中の“ゆうこす”こと菅本裕子、広瀬すずが「世界一可愛い」と絶賛のモデル・多屋来夢、「けものフレンズ」サーバルちゃんの声優・尾崎由香、少年院出身という異色の経歴からNPOを立ち上げアイドル“zoc”で活躍する戦慄かなの、などなど、個性的なロールモデルを毎年輩出してます。

引用:miss-id.jp

 

もともとモデルや女優のお仕事をされていた詩羽さん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

詩羽 utaha(@utaha.89)がシェアした投稿

今年、「アメイジング ミスiD2021」/「赤澤える章」の2つの栄えある賞を同時受賞しています。

自己紹介PR

はじめまして、詩羽です。口に2つのピアスがチャームポイント。猫が好き。音楽と詩と時間と一緒に生きています🎞私のInstagramを見て欲しい!きっと好きになってくれる人がいるはず。お前なんかミスiDになれねえよ!と誰かに言われても、誰かは応援してくれると思っているし、誰かが私を嫌いでも、誰かは私を大好きだと思います。だから思い立ったら今!!チャンスは自分で掴むものだと思って、私は今、行動してみました。昔の私みたいに、自分が嫌いだったり自信が持てなかったり、毎日が不安だったり、自分を好きになりたい人の味方でありたいです。あなたのための詩羽になります。

特にミスiD審査員の赤澤えるさんは、詩羽さんを大絶賛していました。

赤澤えるさんのコメント

“新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子”に出会うため、私は審査員のオファーを引き受けました。詩羽さんはそんな私にとって正に“新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子”です。初見で直感的に思いました。
寝ても覚めても忘れられなくて、対面審査がとにかく楽しみでした。詩羽さんがいらっしゃる日時に合わせて大きな仕事を調整したほどです。SNSも隈なく拝見して、彼女の人生に自分が少しも登場していないことが悔しくも思えました。とにかく引き込まれてしまったのです。
審査当日、赤いドレスを纏って現れた彼女を目にした瞬間、個人賞を心に決めました。興奮してしまって上手に言語化できないのですが、彼女が会場から出ていった瞬間にその場で周りの審査員に伝えなくては心が落ち着かなかったほど、圧倒的な魅力を感じました。笑顔、発言、話し声、歌声、容姿、すべてがツボ。どうして早く出会えなかったのだろう、とすら思います。
私は、詩羽さんが彩る世界をもっともっと観てみたいです。こんなに熱くなれるほどの人に久しぶりに出会えました。感謝と敬意を込めて、個人賞を捧げます!

 

ミスiDは「逃げちゃいそうな子」を選ぶと思っていたので、ミスiD2021に選ばれた時はビックリしました。
「ぜってー逃げてやんない!」くらいの気持ちで向かい、対面面接では「賞を取れなくてもセンスね〜な〜くらいで終わりです、ここはスタートでもゴールでもなく通り道だと思って来ました。」とよく考えるとめちゃめちゃとがったことを言ったので、絶対取れないな!と思ってました。本当に。
つまり小林さん、審査員の方々、センスあるな〜!嘘です、いや嘘ではないけど、私の魅力に気づいてくれたことが嬉しいです。

詩羽Instagramより

 

詩羽さんのInstagramを見てから、今回のコムアイさんとのインスタライブを見たという人には分かると思いますが、詩羽さんは”写真と実物のギャップ”がすごい!

Instagramでは全然笑っていないのに、映像では終止笑顔なんですよね。

あとはずば抜けた個性。

奇抜な髪型にメイク、服装は見る人を一発で虜にします。

そしてその裏に隠された芯のあるビジョンは、とても20歳の子とは思えないほどしっかりしています。

ミスiDではそれらを総合的に高く評価されたのでしょう。

 

詩羽プロフィール

詩羽(うたは)

生年月日:2001年8月9日(20歳)

出身:東京都

身長:152cm

学歴:大学在学中

趣味・特技:写真、歌(アコースティックギターで弾き語り)、絵、詩

好きな映画:下妻物語、タロウのバカ、地獄でなぜ悪い

好きなアーティスト:クリープハイプ

憧れの女性:二階堂ふみ

コンプレックス:低身長、大きな胸や尻、太い足

RELATED POST