山梨県笛吹市遺体遺棄事件

山口正司家族「妻子に逃げられ独り暮らしだった」[山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件]

yamaguchimasashi

山梨県笛吹市の林道で古屋美紀さん(54)が遺体で見つかった事件で、警察は古屋さんの家の隣に住む会社員・山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の疑いで逮捕しました。田舎で隣同士ということから家族ぐるみの付き合いも多かったであろう2人がなぜ…

古屋さんが仕事を終え一度帰宅した直後に連れ去ったとみられる山口まさし容疑者ですが、そのとき山口正司容疑者の家族は家にいたのでしょうか。家族が山口正司容疑者犯行を目撃していた可能性はあるのか、調査した内容をお伝えします。

山口正司犯行動機は”妻の復讐を果たす為”か

山口正司家族「妻子に逃げられ独り暮らしだった」

10月2日、山梨県笛吹市の林道脇で女性の遺体が発見されました。遺体には打撲など暴行を受けた痕があったため、警察は死体遺棄事件として捜査していましたが、後に遺体は山梨県笛吹市八代町高家の介護福祉士・古屋美紀さん(54)であったことが分かりました。

古屋さんは9月29日の朝に車で仕事に出かけ、一度帰宅した後に行方が分からなくなり、同居する家族が捜索願を出していました。なお遺体が遺棄された現場は河口湖から北西に約5キロの山林で、周囲に民家はないということです。

この事件で警察は、古屋さんを車に乗せて現場付近まで連れて行ったとして、5日に隣人の山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の疑いで逮捕しました。山口容疑者は「自分の車に乗せて連れて行った」と話している一方で、「車から降ろした時点では生きていた」という趣旨の供述もしています。

名前:山口正司(やまぐちまさし)
年齢:55歳
住所:笛吹市八代町高家
職業:会社員

 

古屋さんが帰宅した直後に何らかのトラブルになり暴行、その後自分の車に乗せたとみられる山口容疑者ですが、その様子を山口容疑者の家族は目撃していたのでしょうか。それとも犯行時刻に山口容疑者の家族は家にいなかったのでしょうか。山口容疑者の家族について調べていたところ、匿名投稿掲示板に気になる書き込みを見つけました。

そういえばこの人の奥さんと子ども、最近全然見てないなー

こちらの書き込みによると、どうやら山口容疑者には奥さんと子供がいるようですが、「最近見てない」ということは離婚したのでしょうか。とにかく山口容疑者は犯行時独り暮らしだった、もしくは高齢の母親や父親と住んでいた、と言う可能性が高まりました。

山口容疑者の友人と語る人物は、山口容疑者の性格についてこう語ります。

山口さんはよく笑うし気さくな人。自分の畑で作った野菜を家まで持ってきてくれて、健康には気をつけなよって、自分の体まで気遣ってくれて本当に優しい人ですよ。普段はね、そうやって穏やかなんだけどねぇ…酒が入るとさ、コロっと人格変わっちゃうとこがあったね。お酒飲み始めると職場の人間関係の愚痴とか大声で話しはじめたり、いきなり怒鳴ったりするから厄介でしたよ。それで奥さんも愛想尽かして子供連れて出てっちゃったんじゃないですか?

この証言を見ると山口容疑者の家族が愛想を尽かして出て行った理由が明らかですね。普段は穏やかで他人の事さえ心配できるような優しい人物が、非常にもったいない話です。奥様もご主人の酒癖に相当悩まされどうにか止めさせようともしたんだと思います。でもやはりお酒の力は強い。どうにもならず出ていくしかなったのでしょう。

逮捕された山口容疑者の画像を見ると、「近所のとても優しそうなおじさん」という印象です。その一方で愛すべき家族に出ていかれた寂しさのようなものも感じますね。ともかく隣に住む同年代の女性を暴行し、乱暴に遺棄するような人物には見えません。

山口正司犯行動機は”妻の復讐を果たす為”か

事件現場は

亡くなった古屋美紀さんの家と山口容疑者の家は隣同士で、住所は「山梨県笛吹市八代町高家」です。

 古屋さんの家↓

山口容疑者の家↓

古屋さんはこの場所で山口容疑者から暴行を受けた後車に乗せられたとみられています。

 

また、古屋さんの遺体が遺棄されていた現場は山梨県笛吹市芦川町上芦川の山林です。

殺害された女性の身元は

名前:古屋美紀(ふるやみき)さん
年齢:54歳
住所:山梨県笛吹市八代町高家
職業:地域相談員、介護福祉士
勤務先:甲州市社会福祉協議会

 

古屋さんが勤めていた甲州市社会福祉協議会の上司の男性は、「性格は温厚で、周囲を明るくするような人だった。古屋さん側からもめごとを起こすとは考えられないし、もめごとを起こされても、うまくそれを落ち着かせることができる職員だった。なぜこのようなことに至ったのか知りたく、残念でしかない。行方不明になった当日は変わった様子などは全くなく、通常の業務をして、翌日の仕事の用意もしていた。あまりに突然のことで、職場全体が動揺している」と話していました。

NHK

「性格は温厚で、周囲を明るくするような人だった。古屋さん側からもめごとを起こすとは考えられないし、もめごとを起こされても、うまくそれを落ち着かせることができる職員だった。なぜこのようなことに至ったのか知りたく、残念でしかない。行方不明になった当日は変わった様子などは全くなく、通常の業務をして、翌日の仕事の用意もしていた。あまりに突然のことで、職場全体が動揺している」

古屋さんの死因は特定されていませんが、左半身を中心に、全身に擦り傷や打撲のような皮膚の変色が見られるほか、頭など数か所に深い傷もありそれらの損傷から凶器が使われた可能性もあるということです。

山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件の概要

山梨県笛吹市の林道脇で、女性の遺体が見つかった事件で、警察は10月5日、被害者の自宅の隣に住む55歳の男を逮捕しました。

遺体には深い傷があり、捜査関係者によりますと、男は「女性に暴行した」という趣旨の供述をしているということです。

逮捕監禁の疑いで逮捕・送検されたのは、笛吹市八代町の会社員・山口正司容疑者(55)です。

山口容疑者は9月29日の夜頃、隣の家に住む地域相談員・古屋美紀さん(54)を自宅から直線距離で約8キロ離れた芦川町の林道まで車に乗せるなど、逃げられないように監禁した疑いがもたれています。

山口容疑者は調べに対し、容疑を認めているということです。

UTYテレビ山梨

 

<事件の概要>

  • 日時は10月2日夜
  • 場所は山梨県笛吹市芦川町
  • 市内に住む50代の女性の遺体が林道脇で発見された
  • 遺体の身元は同市八代町高家の介護福祉士・古屋美紀さん(54)と判明
  • 5日夜、古屋さんの隣の家に住む会社員・山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の容疑で逮捕
  • 山口容疑者は「古屋さんを暴行した」という趣旨の供述をしている一方で、遺棄現場までは生きていたとも話している

 

山口容疑者の家族についてはまた新情報が入り次第、追記していきます。

追記:死体遺棄容疑で再逮捕へ

山梨県笛吹市の林道脇で、女性が遺体で見つかった事件で、警察は女性を監禁した疑いで逮捕した隣人の男について、週明けにも死体遺棄の疑いで再逮捕する方針を固めたことがわかりました。

UTYテレビ山梨

古屋美紀さんの遺体には数か所に激しい損傷があったほか、引きずられたような傷も確認されていることなどから、警察は山口容疑者が古屋さんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして、週明けにも死体遺棄の疑いで再逮捕する方針を固めたことが、10月22日に新たにわかりました。

林道脇に運ぶまでは生きていたと嘘の証言をして、自分の罪を軽くしようとでも思ったのでしょうか…。散々暴行したあげく、古屋さんの身体を粗末に扱って傷だらけにしておいて、ご家族の気持ちを思うと憤りの感情が収まりません。

追記:10月25日死体遺棄の疑いで再逮捕

山梨県笛吹市の山林で女性が遺体で見つかった事件で、警察は女性を監禁した疑いで逮捕した隣人の男を10月25日死体遺棄の疑いで再逮捕しました。
この事件は10月2日笛吹市芦川町の山林で、市内に住む古屋美紀さん(54)の遺体が見つかり、古屋さんを車に乗せるなど監禁した疑いで隣の家に住む会社員の山口正司容疑者(55)が逮捕されたものです。
その後の捜査で警察は、山口容疑者が古屋さんを自宅から連れ去ったあと、遺体を山林に遺棄した疑いが強まったとして25日、死体遺棄の疑いで再逮捕しました。

UTYテレビ山梨

10月25日、山口正司容疑者が死体遺棄の疑いで再逮捕されました。容疑についてはおおむね認めているということですが、詳しい経緯や動機に関しては曖昧な供述を繰り返しています。一方で、甲府地方検察庁は山口容疑者の逮捕監禁容疑について25日付けで処分保留としました。