山梨県笛吹市遺体遺棄事件

山口正司犯行動機は”妻の復讐を果たす為”か[山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件]

yamaguchimasashihankoudouki

山梨県笛吹市の林道で古屋美紀さん(54)が遺体で見つかった事件で、警察は古屋さんの隣の家に住む会社員・山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の疑いで逮捕しました。隣人がなぜ…。気になるのが犯行動機です。山口まさし容疑者の犯行動機は一体何だったのでしょうか。

今回は山口正司容疑者の犯行動機につながる手がかりについて調査し明らかになったことをお伝えします。

山口正司家族「妻子に逃げられ独り暮らしだった」

山口正司犯行動機は”妻の復讐を果たす為”か

10月2日、山梨県笛吹市の林道脇で女性の遺体が発見されました。遺体には打撲など暴行を受けた痕があったため、警察は死体遺棄事件として捜査していましたが、後に遺体は山梨県笛吹市八代町高家の介護福祉士・古屋美紀さん(54)であったことが分かりました。

古屋さんは9月29日の朝に車で仕事に出かけ、一度帰宅した後に行方が分からなくなり、同居する家族が捜索願を出していました。なお遺体が遺棄された現場は河口湖から北西に約5キロの山林で、周囲に民家はないということです。

この事件で警察は、古屋さんを車に乗せて現場付近まで連れて行ったとして、5日に隣人の山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の疑いで逮捕しました。山口容疑者は「自分の車に乗せて連れて行った」と話している一方で、「車から降ろした時点では生きていた」という趣旨の供述もしています。

yamaguchimasashi

名前:山口正司(やまぐちまさし)
年齢:55歳
住所:笛吹市八代町高家
職業:会社員

 

山口まさし容疑者は古屋さんと何らかのトラブルになり暴行したと報道されています。いったい山口容疑者の犯行動機とはなんだったのでしょうか。ネット上で犯行動機につながる手がかりを探していたところ、犯行動機としてとある可能性がみえてきました。

そういえばこの人の奥さんと子ども、最近全然見てないなー

これは爆サイに投稿されていた書き込みです。「最近全然見てない」という言葉からは「かつては家にいたが今はいない」というふうに捉えられます。山口正司容疑者には妻子がいて、おそらく最近になって離婚して家を出ていったのでしょう。引き続き犯行動機につながる手がかりを探します。すると、近所に住んでいるという人から、ある証言を得ることが出来ました。

山口さんの奥さんが隣の奥様が怖いって言ってたのを一度聞いたことがあります。山口さんが何度か夜中にゴミ出しをしたことがあって、それに目を付けた古屋さんの奥様がある日ものすごい形相で説教してきたとか。古屋さんて仕事柄ハキハキトよく喋る方でしょう?それに比べて山口さんはものすごくおとなしくて温厚な方だから、何も言い返せなかったって。そのことをご主人に話したら「次何か言われたら俺が言いに行ってやる」って言ってたみたいですよ。

この証言からは、山口容疑者の奥さんと被害者の古屋美紀さんとの関係は良好ではなかったことが窺えます。表向きでは仲が良いお隣さん同士だったかもしれませんが、山口容疑者は古屋さんに強くものを言われて思い悩んでいた妻の姿を見て、ひそかに恨みを抱いていたのかもしれません。

しかも最近、山口容疑者のもとからは愛する妻と子どもが出て行ってしまっています。離婚の理由がお隣さんとの関係に病んで…ということではないにせよ、山口容疑者は一人ぼっちになってひどく深い悲しみの中にありました。そんなときにふと古屋さんから出て行った妻の事をいろいろ言われ、虚を突かれた山口容疑者は思わず古屋さんを暴行してしまったのではないでしょうか。

犯行動機が見えてきました。山口正司容疑者は、妻の古屋さんへの復讐を果たしたのです。これが考えられる犯行動機の一つ目です。

山口正司犯行動機は”騒音トラブル”か

この犯人の家の近くって、騒音ヤバかったな
そういえば、この家から皿が何枚も割れる音した

爆サイの「会社員山口正司容疑者(55) 逮捕!」のスレッドに書き込まれていたものです。「犯人の家の近くの騒音がヤバかった」というのは、おそらく山口容疑者が日常的に家もしくは家の周りで騒音を発生させていたということになるでしょう。

さらに「この家から皿が何枚も割れる音した」というのは夫婦喧嘩か何かで皿を投げつけることがあったということでしょうか。事実山口まさし容疑者は最近離婚したという噂がありますし、山口容疑者は普段は穏やかにもかかわらず酒を飲むと180度性格が変わって暴行したり騒いだりするという証言もありました。

yamaguchimasashi

山口さんはよく笑うし気さくな人。自分の畑で作った野菜を家まで持ってきてくれて、健康には気を付けなよって、自分の体まで気遣ってくれて本当に優しい人ですよ。普段はね、そうやって穏やかなんだけどねぇ…酒がはいるとさ、コロっと人格変わっちゃうとこがあったね。お酒飲み始めると職場の人間関係の愚痴とか大声ではなしはじめたり、いきなり怒鳴ったりするから厄介でしたよ。それで奥さんも愛想尽かして子供連れてでってっちゃったんじゃないですか?

もし山口容疑者が本当に騒音を立てていたのなら、隣に住む古屋さんは注意することがあったのかもしれませんね。山口容疑者は注意をされるたびに「いちいちうるせーな」と実ははらわた煮えくり返っていた。それが犯行時に限界に達し、暴行に及んだ。これが二つ目に考えられる犯行動機です。山口容疑者の犯行動機の要因は自分自身にあったというわけです。

 

数カ月前には以下のような事件がありました。

大阪府大東市のマンション3階の一室で、住人の大学4年、吉岡桃七さん(21)が殺害された事件で、真下の2階の部屋で暮らし、事件直後に起きた火災で死亡したビルメンテナンス会社の男性社員(48)が、同じ階の住人と生活音を巡ってトラブルになっていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

日本経済新聞

この事件で被害者の女性と男の間には、生活音などにともなう騒音トラブルが発生していたとのことです。男は普段から音にはかなり敏感で、事件の前には、ほかの部屋から聞こえてくる音に悩んでいると、周囲に漏らしていました。生活と音の関係は非常に繊細なもので、他人が故意に発生する音は体調不良の原因となり、やがて仕事や学校にに行けなくなったりと生活自体にまで侵食してきます。

被害者の大学生は体を殴られメッタ刺しにされ、血まみれの状態で死亡していました。それほどに会社員の男は心を病み、相手を憎んでいたのでしょう。騒音問題については自分では周囲にどのような影響を及ぼしているのか気付きにくいところがあるので、今一度自分は大丈夫かなと、誰もが考えてみる必要があるのではと改めて感じさせられます。

山口正司犯行動機は”一方的な片想い”か

被害者の古屋美紀さん(54)と山口正司容疑者(55)は年齢も近く同級生だった可能性もあります。家が隣同士なこともあって、話も合うし、また田舎ということもあって、ただのお隣さんという関係ではなかったのでしょう。

おとなしく穏やかな性格という山口容疑者は、ハキハキとものを言い積極的に行動を起こす、自分にないものをたくさん持っている古屋さんに惹かれ密かに恋心を抱いていたのかもしれません。山口容疑者の友人と語る人物は、山口容疑者が古屋さんについて話すのを聞いたことがあるようで…

隣の奥さんのことが好きなんだって言っていました。特に自分の奥さんが出てってしまってから気持ちが爆発しちゃったみたいですね。相手には旦那と子どももいるし、気持ちを素直に打ち明けようか迷っていると言っていましたよ。

山口容疑者は事件のあった日、古屋さんが仕事から帰宅したところに「大事な話がある」と言って自分の車に呼び寄せました。二人きりになったところで山口容疑者は気持ちを全て古屋さんに打ち明けます。古屋さんは他人想いの優しい人なので、山口容疑者は自分にも好意を持ってくれていると確信していたためいい返事を期待していたのでしょう。

しかし古屋さんの口から出た言葉は予想もつかないものでした。「気持ち悪い」「無理!」そう言い放った古屋さんは車を降りて逃げ出します。予想外の行動に山口容疑者は古屋さんの手を掴み殴って暴行を始めました。その時点でもう取り返しのつかない状態になっていたのでしょう…

この場合の山口容疑者の犯行動機も非常に自分よがりの身勝手なものだったのです。

 

爆サイの情報や関係者の証言から推測される山口容疑者の犯行動機をまとめると、

  1. かつて被害者の古屋美紀さんに酷いことを言われふさぎ込んでしまった妻の復讐のため?
  2. 騒音トラブルがあった?
  3. 両想いだと思い込んでいたのは自分の勘違いだったと気づき、ショックを受けたため?

以上の3つが考えられます。

いずれにしても、山口正司容疑者は古屋美紀さんの命を奪うという取り返しのつかないことをしてしまいました。古屋さんがどれだけ苦しかったか、怖かったか、家族の名前を叫んでいたか…そう思うと心が痛みます。山口容疑者は早急に犯行動機を自分の口からしっかりと明らかにするべきです。そして同時に、今後与えられる刑罰ときちんと向き合い、一生反省し苦しみ続けながら生きていってほしいと思います。

山口正司家族「妻子に逃げられ独り暮らしだった」

事件現場は

亡くなった古屋美紀さんの家と山口容疑者の家は隣同士で、住所は「山梨県笛吹市八代町高家」です。

 古屋さんの家↓

山口容疑者の家↓

古屋さんはこの場所で山口容疑者から暴行を受けた後車に乗せられたとみられています。

 

また、古屋さんの遺体が遺棄されていた現場は山梨県笛吹市芦川町上芦川の山林です。

殺害された女性の身元は

名前:古屋美紀(ふるやみき)さん
年齢:54歳
住所:山梨県笛吹市八代町高家
職業:地域相談員、介護福祉士
勤務先:甲州市社会福祉協議会

 

古屋さんが勤めていた甲州市社会福祉協議会の上司の男性は、「性格は温厚で、周囲を明るくするような人だった。古屋さん側からもめごとを起こすとは考えられないし、もめごとを起こされても、うまくそれを落ち着かせることができる職員だった。なぜこのようなことに至ったのか知りたく、残念でしかない。行方不明になった当日は変わった様子などは全くなく、通常の業務をして、翌日の仕事の用意もしていた。あまりに突然のことで、職場全体が動揺している」と話していました。

NHK

「性格は温厚で、周囲を明るくするような人だった。古屋さん側からもめごとを起こすとは考えられないし、もめごとを起こされても、うまくそれを落ち着かせることができる職員だった。なぜこのようなことに至ったのか知りたく、残念でしかない。行方不明になった当日は変わった様子などは全くなく、通常の業務をして、翌日の仕事の用意もしていた。あまりに突然のことで、職場全体が動揺している」

古屋さんの死因は特定されていませんが、左半身を中心に、全身に擦り傷や打撲のような皮膚の変色が見られるほか、頭など数か所に深い傷もありそれらの損傷から凶器が使われた可能性もあるということです。

山梨県笛吹市女性遺体遺棄事件の概要

山梨県笛吹市の林道脇で、女性の遺体が見つかった事件で、警察は10月5日、被害者の自宅の隣に住む55歳の男を逮捕しました。

遺体には深い傷があり、捜査関係者によりますと、男は「女性に暴行した」という趣旨の供述をしているということです。

逮捕監禁の疑いで逮捕・送検されたのは、笛吹市八代町の会社員・山口正司容疑者(55)です。

山口容疑者は9月29日の夜頃、隣の家に住む地域相談員・古屋美紀さん(54)を自宅から直線距離で約8キロ離れた芦川町の林道まで車に乗せるなど、逃げられないように監禁した疑いがもたれています。

山口容疑者は調べに対し、容疑を認めているということです。

UTYテレビ山梨

 

<事件の概要>

  • 日時は10月2日夜
  • 場所は山梨県笛吹市芦川町
  • 市内に住む50代の女性の遺体が林道脇で発見された
  • 遺体の身元は同市八代町高家の介護福祉士・古屋美紀さん(54)と判明
  • 5日夜、古屋さんの隣の家に住む会社員・山口正司容疑者(55)を逮捕監禁の容疑で逮捕
  • 山口容疑者は「古屋さんを暴行した」という趣旨の供述をしている一方で、遺棄現場までは生きていたとも話している

 

山口容疑者の犯行動機については真実が分かり次第、追記していきます。

追記:死体遺棄容疑で再逮捕へ

山梨県笛吹市の林道脇で、女性が遺体で見つかった事件で、警察は女性を監禁した疑いで逮捕した隣人の男について、週明けにも死体遺棄の疑いで再逮捕する方針を固めたことがわかりました。

UTYテレビ山梨

古屋美紀さんの遺体には数か所に激しい損傷があったほか、引きずられたような傷も確認されていることなどから、警察は山口容疑者が古屋さんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして、週明けにも死体遺棄の疑いで再逮捕する方針を固めたことが、10月22日に新たにわかりました。

林道脇に運ぶまでは生きていたと嘘の証言をして、自分の罪を軽くしようとでも思ったのでしょうか…。散々暴行したあげく、古屋さんの身体を粗末に扱って傷だらけにしておいて、ご家族の気持ちを思うと憤りの感情が収まりません。

追記:10月25日死体遺棄の疑いで再逮捕

山梨県笛吹市の山林で女性が遺体で見つかった事件で、警察は女性を監禁した疑いで逮捕した隣人の男を10月25日死体遺棄の疑いで再逮捕しました。
この事件は10月2日笛吹市芦川町の山林で、市内に住む古屋美紀さん(54)の遺体が見つかり、古屋さんを車に乗せるなど監禁した疑いで隣の家に住む会社員の山口正司容疑者(55)が逮捕されたものです。
その後の捜査で警察は、山口容疑者が古屋さんを自宅から連れ去ったあと、遺体を山林に遺棄した疑いが強まったとして25日、死体遺棄の疑いで再逮捕しました。

UTYテレビ山梨

10月25日、山口正司容疑者が死体遺棄の疑いで再逮捕されました。容疑についてはおおむね認めているということですが、詳しい経緯や動機に関しては曖昧な供述を繰り返しています。一方で、甲府地方検察庁は山口容疑者の逮捕監禁容疑について25日付けで処分保留としました。