鹿児島県薩摩川内市川内川クレーンつり上げ暴行

山下昌司会社は○○工業か「前科アリの噂も浮上」鹿児島県薩摩川内市川内川クレーンつり上げ暴行

yamashitashouji_kaisha

鹿児島県薩摩川内市の工事現場で共に作業をしていた小森一郎さんをトラックのクレーンでつり上げ、暴行を加えた疑いで逮捕された山下昌司容疑者ら4人。

ネットでは山下昌司容疑者ら4人の会社名を公開すべきだという声が多数上がっています。今回は事件の主犯格見られる山下昌司容疑者の会社名を特定しました。

【関連記事】

山下昌司、黒木寿、黒木成、深江一人のfacebook顔画像「山本由伸投手と同級生も」

小森一郎さん家族「妻子と離れ毎月生活費を送っていた」

山下昌司会社は○○工業か

逮捕された山下昌司容疑者(43)、黒木寿容疑者(25)、黒木成容疑者(23)、深江一人容疑者(50)の4人と被害者の小森一郎さん(当時50)は、薩摩川内市の川内川に架かる天大橋の補修工事に関わり現場で作業をしていました。

天大橋の補修工事は、国交省鹿児島国道事務所がおよそ3億8300万円で、東京に本社がある建設会社に依頼したもので、山下昌司容疑者はその建設会社の下請け会社に務める現場責任者でした。小森さんが川で溺れ死亡した先月6日以降は、橋の補修工事は中断しています。事件を受けて、現在代わりの下請け会社を探している段階で、工事再開のめどはたっていないということです。

以上のように、今回のいじめ事件での主犯格とみられる山下昌司容疑者は会社にとってもはたまた国にとっても重大な損失をもたらしたわけです。小森一郎さんに日頃から白昼堂々と暴行を加えた上に殺害に追いやっておいて、後にどうなるかぐらいのことも分からなかったのでしょうか。

  • 名前:山下昌司(やましたしょうじ)
  • 年齢:43歳
  • 住所:鹿児島鹿屋市上野町
  • 職業:会社員
  • 容疑:暴行

 

山下昌司容疑者の会社を特定すべくネットで情報収集をしていたところ、「R3建設マスター・建設ジュニアマスター被顕彰者名簿」に山下容疑者の名前を見つけました。

年齢、住所が一致するので山下昌司容疑者本人の情報で間違いないと思われますが、断定できる証拠はないため会社名は伏せさせていただきます。「建設マスター・建設ジュニアマスター」の概要は国土交通省のホームページに記載されていました。

建設マスター・建設ジュニアマスターを顕彰!
~優秀な技能・技術を持つ建設技能の承継に向け~

優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をした建設技能者483名を建設マスターとして国土交通大臣が顕彰するとともに、今後さらなる活躍が期待される青年技能者116名を建設ジュニアマスターとして顕彰します。

国土交通省では、建設産業の第一線で「ものづくり」に携わる方々に誇りと意欲を持っていただくとともに、その社会的評価の向上を図ることを目的として、特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をされている建設技能者の方々を対象として、平成4年度より毎年「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を実施しています。
また、平成27年度より、建設マスターに達するまでの技能の向上のインセンティブを与えることを目的として、優秀な技能・技術を持ち、今後更なる活躍が期待される青年技能者の方々を対象として「青年優秀施工者不動産・建設経済局長顕彰」(建設ジュニアマスター)を実施しています。
今般、下記のとおり、今年度の被顕彰者を決定いたしましたのでお知らせします。

被顕彰者の決定(10月1日付顕彰)
建設マスター(483名):別紙名簿1
建設ジュニアマスター(116名):別紙名簿2

山下昌司容疑者は国土交通大臣により、「特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をされている建設技能者」として顕彰されていたのです。 そのような権威ある人物がこのような悪質極まりない行動をしていたというのは信じがたい出来事です。

山下昌司容疑者が勤める株式会社○○工業の情報はこちらです。

当社はプレストレストコンクリートの構造物の施工を主に行っており、特殊な作業、技術を要し日々施工しております。社員は若手中心で組織されており、また熟練者の指導のもと活気ある職場です。資格取得に置いても、国家資格を初め各技能資格取得に力をいれております。

賃金条件や残業ありの終業時間、週の休日は日曜のみというところをみると、待遇は決して良いとは言えないようです。また、○○工業の従業員数は15名と記載がありました。山下昌司容疑者は○○工業で橋梁特殊工として働き、天大橋補修工事の現場では足場組み立て作業の責任者を務めていました。

「前科アリの噂も浮上」

さらに山下昌司容疑者について調べを進めていると、気になるツイートを発見しました。

山下昌司は過去に強盗傷害事件、強姦、大麻や覚醒剤の密売もしてたそうですよ。地元で噂が流れているみたいです。

このツイート内容に関しては出来る限りの調査をしましたが、それらの事実は確認できませんでした。仮にこのツイート内容が事実であるとしたら、本当に人間以下の鬼畜です。

山下容疑者上野町に家を建ててるみたい。

山下昌司容疑者は現在新築の戸建て住宅を建設中という情報もあり、家族がいる可能性も高いですが、ここまでにも最低な父親はそういないことでしょう。

鹿児島県薩摩川内市クレーンつり上げ暴行 事件概要

2021年8月、鹿児島県薩摩川内市の工事現場で一緒に作業していた男性をトラックのクレーンでつり上げ、川内川に投げ入れるなどの暴行を加えた疑いで男4人が逮捕されました。被害者の男性は10月、現場近くで溺死していて警察は関連を調べています。

暴行の疑いで逮捕されたのは鹿屋市上野町の会社員、山下昌司容疑者(43)と、宮崎県都城市の会社員、黒木寿容疑者(25)、黒木成容疑者(23)、深江一人容疑者(50)の4人です。 警察によりますと4人は2021年8月26日、薩摩川内市平佐町の河川敷で曽於市の会社員、小森一郎さん(当時50)をトラックのクレーンでつり上げて川内川に投げ入れた疑いがもたれています。 4人は調べに対し容疑を認めているということです。

鹿児島ニュース

<事件概要>

  • 事件が発生したのは2021年8月26日
  • 場所は薩摩川内市平佐町の河川敷
  • 曽於市末吉町二之方の会社員小森一郎さん(当時50)をトラックのクレーンで吊り上げて振り回したり、川に投げ入れたりする暴行を加えた疑い
  • 逮捕されたのは鹿屋市上野町の会社員・山下昌司容疑者(43)と、宮崎県都城市の会社員・黒木寿容疑者(25)、黒木成容疑者(23)、深江一人容疑者(50)の4人
  • 容疑者4人と小森さんは鹿児島県薩摩川内市川内川に架かる天大橋の補修工事を行う作業員で、山下容疑者は補修工事を請け負った一次下請けの建設会社、黒木容疑者ら3人は小森さんと同じ二次下請けの建設会社の同僚だった
  • 事件当時は全員、会社が手配する薩摩川内市内の宿舎で寝泊まりしていた
  • 4人はいずれも容疑を認めている
  • 小森一郎さんは10月6日、同じ現場付近で補修工事の休憩中に川で溺れ死亡した
  • 目立った外傷はないものの、作業着を着たまま溺れていたことなどから、事件と事故の両面で捜査している
  • 容疑者4人はこのとき現場に居合わせていて、小森さんが死亡した経緯についても知っている可能性があるとみて、詳しく事情を聴くことにしている

山下昌司容疑者の会社については特定出来次第、改めて公開させていただきます。

【関連記事】

山下昌司、黒木寿、黒木成、深江一人のfacebook顔画像「山本由伸投手と同級生も」

小森一郎さん家族「妻子と離れ毎月生活費を送っていた」

追記:山下昌司を再逮捕

 今年10月、工事現場で働く同僚の男性をクレーンでつるし、川に入るよう促して死亡させたとして、鹿児島県警は1日、同県鹿屋市、建設作業員山下昌司被告(43)を傷害致死と暴行の容疑で再逮捕した。

読売新聞

12月1日、新たな動きがありました。10月6日午前、小森一郎さんをトラックのクレーンでつるして振り回すなどの暴行を加えた上、同日午後には川内川河川敷で小森さんに川に入るよう指示し、溺死させたとして山下昌司被告が再逮捕されました。容疑は傷害致死と暴行です。

当時は自殺と処理されていた小森一郎さんの死。これで少しは小森さんも浮かばれるでしょうか。それにしても大の大人がやるべきことではありません。本当にむごい。酷すぎる。

小森さんはどれほど苦しかったか。どんな思いで毎日を生きていたのか。なぜ逃げ出せなかったのか。周りの人間は何をしていたのか…。小森さんの事を思うと涙が止まりません。

山下被告のような人間は恐らくなんの反省もしていないことでしょう。今後出来るだけ重い刑罰が科せられることを切に願います。