吉野家刃物男立てこもり

吉野家立てこもり犯の顔画像は「プロレスラー風の長髪大柄男」

yoshinoya_tatekomori

千葉県八千代市の「吉野家八千代台西口店」で刃物を持った男が「警察を呼べ」と要求し一時立てこもりましたが、その後警察の説得に応じ銃刀法違反と建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されました。

立てこもり犯の顔画像について早速調査しました。

吉野家立てこもり犯の顔画像は「プロレスラー風の長髪大柄男」

  • 名前:不明
  • 年齢:50代くらい
  • 住所:不定
  • 職業:不詳
  • 容疑:建造物侵入並びに銃刀法違反

 

吉野家立てこもり犯については今のところ名前はおろかすべての情報が不明と報道されているため、SNSを調査することはできませんでした。そこで、ようやく報道された男の顔画像がこちらです。

立てこもり犯の男は背が高く、ガタイもいいのが見て分かります。長髪をオールバックにして髪をかき上げるような仕草もしており、黒いマスクで顔を覆い眉間にしわを寄せて警察官を睨みつける様子はまるでプロレスラーのようです。

男は店の関係者でもなく、従業員らとも面識はありませんでした。男が店に押し入った際には金の要求をしていたということです。

さらに逮捕後には「吉野家のカスタマーセンターに電話した際の対応が悪かった」などと話しているということで、犯行動機を追及しています。

吉野家立てこもり犯は牛丼の量が少なくクレームか

「吉野家のカスタマーセンターに電話した際の対応が悪かった」という男の供述から、男は吉野家に対して何らかのクレームを持っていたということ言うことが分かります。一体どんな不満があったというのでしょうか。

試しに検索ワードに「吉野家」と入力してみると、「量が少ない」「肉少ない」「超特盛少ない」という文字が羅列されました。

いかにも超特盛を注文しそうな大柄な犯人は、注文をして目の前に置かれた牛丼の量が思っていたよりも少なくケチをつけた可能性が大いにあります。

しかしこういった吉野家のようなチェーン店では、人によってお皿に盛った時の差が出るのを防ぐために、並盛は何グラム、大盛は何グラム、というようにきちんと一回一回グラムを計って客に提供することがマニュアル化、徹底されているものです。

吉野家の牛丼を大盛りで注文すると、異様に肉の量が少なくありませんか? 並盛と同じくらいの分量に感じます。 できればもう少し多めに注いでほしいのですが、「肉少し多め」とか言ったら加減してもらえるでしょうか?それともマナー違反でしょうか?

元吉野家社員です。
牛丼並、大盛、特盛それぞれ規定量が決まっています。
並…肉90グラム、米250グラム(1年前くらいに肉85グラム、米260グラムから変更)
大盛…肉110グラム、米320グラム
特盛…肉170グラム、米320グラム
他の回答者様同様規定量は肉±5グラム、米±10グラムです。
異様に肉が少なく見えるのは丼の形状、肉米のバランス、盛り付け者の技術不足などが考えられます。どう考えても少ない場合なんかはその場で店員に言えば対応してくれますよ。ただ本当に規定量通りの商品ならどうしようもありませんが…。
ちなみに『肉少し多め』と注文しても断られますよ。多めの注文が通るのはタレと玉葱だけです。
~補足について~
肉の規定量には玉葱は含まれていますがタレは含まれていません。
並…肉+玉葱 90グラム 玉葱3~5切れ タレ35グラム
大盛…肉+玉葱 110グラム 玉葱4~6切れ タレ45グラム
特盛…肉+玉葱 170グラム 玉葱6~10切れ タレ45グラム
つゆだくのタレ+10グラム とこんな感じです。

量が少ないという文句に対応してもらえなかった立てこもり犯は、怒り収まらずカスタマーセンターに電話をかけたのでしょう。ところがカスタマーセンターでも当然店舗と同じ答えが返ってくるだけで、とうとう男はブチギレ店の厨房を襲撃した、という可能性があります。

男が店に押し入った際金の要求をしたのも、思っていたより量が少なかった牛丼の返金をしてもらいたかったからなのでしょう。

吉野家立てこもり犯は強面ながら小心者

犯人の男は刃渡りおよそ16センチの文化包丁を持って吉野家を襲撃したにもかかわらず、人質を取る様子はありませんでした。

当時店の中にいた客1人と従業員2人は、男と警察官が話している隙を見て外に逃げ出したということです。俗にいう”立てこもり”というのは、本来人質の存在が必須なはず。しかし男は人質をとることもせず、従業員も簡単に外に逃がしてしまっています。

包丁を持って強気な犯人ですが、実は大それたことは出来ない小心者だったのです。強面な外見とは非常にギャップがあります。

立てこもりの現場は千葉県八千代市の「吉野家八千代台西口店」

犯人の男が立てこもったのは「吉野家八千代台西口店」で、京成電鉄の八千代台駅のすぐ近くにあります。

住所:〒276-0034 千葉県八千代市八千代台西1丁目10

吉野家立てこもり事件 概要

15日午後4時すぎ、千葉・八千代市八千代台西の牛丼チェーン店の吉野家で、「包丁を持った男が厨房(ちゅうぼう)に入ってきた」と110番通報があった。

当時、店内には客1人と従業員2人がいたが、すぐに逃げ、男は刃物を持って厨房に立てこもり、「警察を呼べ」と叫んでいた。

警察は説得を続け、午後5時半ごろに男を確保し、建造物侵入と銃刀法違反の現行犯で逮捕した。

FNNプライムオンライン

<事件概要>

  • 日時は2021年12月15日午後4時10分dごろ
  • 場所は「吉野家八千代台西口店」
  • 「包丁を持った男が厨房に入ってきた」と110番通報があった
  • 店内に入った警察官15人ほどが、厨房内にいる男の説得を続けた
  • 午後5時29分、銃刀法違反と建造物侵入の疑いで男は現行犯逮捕された
  • 男は「吉野家のカスタマーセンターに電話した際の対応が悪かった」と話している